TRIGLAV TROPHY 2010

4/1-4までスロベニアで開催されたトリグラフ杯の結果です。

シニア女子シングルは、村元小月選手が優勝!
2位は、スウェーデンのヘルゲソン妹
3位は、オーストリアのミリアム・ツィーグラー

シニア男子シングル優勝は、無良崇人選手!またまた男女アベック優勝☆
4T認定されたようですが、怪我から復活したのかな?
2位は、スウェーデンのアレクサンデル・マヨロフ
3位は、フランスのChafik BESSEGHIER


ノービス女子シングル優勝は、韓国のキム・ヘジン(キム・ヨナ2世?)来季はジュニア?
2位は、宮原知子選手 SPで出遅れてしまいました。
3位は、加藤利緒菜選手。全日本ノービス3位だった選手。

ノービス男子シングルは、中村優選手が優勝。全日本ノービス2位だった選手。
2位は、イギリスのPeter James HALLAM
3位は、スペインのVictor BUSTAMANTE

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Amsterdam Tulip Trophy

4/2-4までオランダで開催されたチューリップ杯の結果です。

ノービス女子優勝は、庄司理紗選手全日本ノービス2位だった選手。2A+3Tを成功。
2位は、新田谷凛選手。全日本ノービス5位だった選手。
3位は、スイスのAlisson PERTICHETOでした。

ノービス男子優勝は渡邊純也選手、2位は宮田大地選手で
全日本ノービス4位&3位だった選手。
2選手だけの出場でした。


デブス女子優勝は、松野真矢子選手!
2位は、スイスのDiana ZANTA
3位は、スイスのYasmine YAMADAでした。

デブス男子優勝は、唐川常人選手。
2位は、オランダのKevin ANDRIOLI
3位は、オランダのMichel TSIBA

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Skate Copenhagen 2010

3/25-28にデンマークで開催されたスケートコペンハーゲンの結果です。

ノービス女子優勝は、佐藤未生選手全日本ノービス6位だった選手。
2位は、安原綾菜選手。全日本ノービス優勝した選手。
3位は、デンマークのPernille SORENSEN

ノービス男子優勝は、宇野昌磨選手!山田満知子コーチの秘蔵っ子。
全日本ノービス優勝・全日本ジュニア3位だった選手。リトル高橋選手?ステップがすごい。
2位は、ノルウェーのSondre Oddvol Boe
2位は、スウェーデンのMandus Thorman

スプリングスは、FPのみ。
女子優勝は、大矢里佳選手!
2位は、デンマークのMalene Andersen
3位は、デンマークのCecilie Congsbak Dreier

男子優勝は、本田太一選手!
2位は、デンマークのDaniel Tsion
3位は、イギリスのAliaksei Pilko

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

World Figure Skating Championships

3/22-28にイタリアで開催された世界選手権の結果です。

ペア優勝は、パン・トン組!4年振りにワールドチャンピオンに返り咲きました☆
もう少し評価されてもいいのでは?と思っていたので良かった。
2位は、昨年優勝したサブチェンコ・ゾルコビー組
川口・スミルノフ組は、0.95点差で昨年と同じく3位。
五輪では挑戦できなかったスロー4Sに挑むも転倒。スロー3Loのミスが響いたかな。
結局、表彰台は五輪と同じ順番に。

男子シングル優勝は、高橋大輔選手!日本人男子の世界選手権優勝は史上初☆
2007年世界選手権銀メダル・バンクーバー五輪銅メダルに続いて
また新たに日本男子フィギュアの歴史を作りました。
SPは、五輪の方が良かったかな?
FPでフィギュア史上初の4F挑戦は、両足着氷で回転も足りませんでしたが降りました。
しかし、あの状況(前に滑った二人がミス)で最終滑走、無難に4回転ナシでいかずに
挑戦したことがすごい。彼の強みは、3A2回がミスせず決められること(しかも加点付き)
ステップ両方&全てのスピンがレベル4、開催地トリノにピッタリなイタリアンなプログラム
世界王者にふさわしい演技で観客を魅了。
演技終了後はジュベールとガッチリ握手&振付師カメレンゴさんとハグしてました。

2位は、昨年と同じくPチャン。SPは素晴らしかったんだけど
FPでイーグルからの3Loで転倒、3Aや3Sの着氷も危うかったので減点されてしまいました。
あいかわらずステップはすごかった。
3位も昨年と同じくジュベール。
プルシェンコ引退後、男子フィギュア界を引っ張ってきたのに五輪でまさかの16位。
世界選手権もテストスケート(プレ男との一騎打ち)で、何とか出場が決まったそうですが
SPの演技途中でガッツポーズも出て、復活をアピール。笑顔が見られてよかった。
FPは4T2回を成功。が、3Lzで転倒や3Loがオーバーターン。でも5年連続表彰台です。

やっぱ男子シングルでは大技が見たいので、KVDPの4T+3T+3T(基礎点17.8!)には痺れた。
面白プロのしゅる太も綺麗な4Tを決めてたし、ヴォロノフ、レイノルズも4回転を跳んでました。

小塚崇彦選手は10位。SPが素晴らしかっただけに、FPで4T転倒と3A2回共ミスしたのが残念~
織田選手は、SP28位でFPに進めず。。。いったい何が起こったんでしょう?


アイスダンスは、ヴァーチュー・モイアー組が優勝。
2位は、デイヴィス・ホワイト組
3位は、フェイエラ・スカリ組
リード姉弟組は、過去最高の15位と健闘。
ホフノビは怪我で棄権。


女子シングル優勝は、浅田真央選手!2回優勝した日本人女子選手は初めて。
SPでは3A認定されず。
FPで、2つ目の3AがDGだった以外はパーフェクト。
シーズン最初は、曲が暗いとか重いとかプロを変えた方がいいとか言われてましたが
最初に見た時からステップに惚れたので、完成形が見られて嬉しい。
君が代を歌っている姿が凛々しかったです。

2位は、キム・ヨナ選手。SPでミスがあり、FPは最終グループに入れず。
五輪後で、お疲れだったんでしょうか?3Sで転倒、2Aでパンク。
3位は、レピストが初メダル。3T+3TがSPFP共に成功。
3Lzが成功したのに、得意な3Loが2つ共2Loに。
SPの貯金で逃げ切り。背中のラインが美しい~

安藤美姫選手は、僅差で4位。SPで出遅れたけど、FPは五輪よりも良くて
ステップ中&演技終了後の表情が物語っていました。
鈴木明子選手は11位。まさかのSP20位から巻き返しました。

SP終了後は、どうなることかと思いましたが
男女シングル共に、日本は来季も3枠確保できました♪

☆来年の世界選手権は、3/21-27@東京です。
GPシリーズは、NHK杯からスタートして
スケカナ、中国杯、スケアメ、ロステレコム、エリック杯(GPFは中国)の順。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

World Junior Figure Skating Championships 2010

3/8-14にオランダで開催された2010年世界ジュニア選手権の結果です。

男子シングル優勝は、羽生結弦選手!昨年12位から大躍進で、来季日本に3枠をもたらしました。
今季はGPシリーズ2大会、JGPF全日本ジュニアとすべて優勝。全日本は6位。
まだ15歳とは思えない表現力と落ち着きぶり。でも得点が出た時の笑顔がかわいい。
世界ジュニア男子シングルで優勝した日本人選手は
高橋大輔選手、織田信成選手、小塚崇彦選手に続いて4人目。
2位は、昨年7位だった中国のナン・ソウ
3位は、ロシアのガチンスキーでした。

女子シングル優勝は、村上佳菜子選手
今季はGPシリーズ2大会、JGPF、全日本ジュニアとすべて優勝。全日本は5位。
世界ジュニア女子シングルで優勝した日本人選手は、佐藤有香選手、小岩井久美子選手
太田由希奈選手、安藤美姫選手、浅田真央選手に続いて6人目。
これで日本は男女共、来季3枠になってJGPの枠も増えました。
2位は、アメリカのアグネス・ザワツキー。SP8位からの逆転。
今年全米ジュニアで優勝した選手。
3位は、ロシアのポリーナ・アガフォノワ。シェレペンでない方のポリーナでした。
ソチに向けて、ロシアは続々と若手選手が育っているよう。

ペア優勝は、中国のWenjing Sui & Cong Han
2位は、高橋・トラン組!3度目の出場で初メダル☆
3位は、ロシアのKsenia STOLBOVAFedor KLIMOV

アイスダンス優勝は、ロシアのElena ILINYKH & Nikita KATSALAPOV
2位は、カナダのAlexandra PAUL & Mitchell ISLAM
3位は、ロシアのKsenia MONKO & Kirill KHALIAVIN

☆来年の世界ジュニアは、2/28-3/6@韓国です。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

五輪女子シングル

女子シングルの結果です。

優勝は、キム・ヨナ。SP&FP共ノーミスで神演技!
五輪初出場とは思えない落ち着きぶり。
韓国の期待を背負う中、初メダルをもたらしました。
ヨナもワールド・GPF・五輪の3冠ですね。

2位は、五輪初出場の浅田真央選手。SPで3A成功は女子フィギュア史上初。
FPで3A+2T成功も史上初。SP&FPで合計3回の3A成功も史上初。
シーズン初めからずっと跳び続けて、目標が達成できて良かった。
2つ目の3Fが回転不足と3Tのミスが残念。

3位は、トリノ5位だったロシェット。SPでは悲しみを乗り越えた演技が素晴らしかった。
FPも3Fのステップアウトと2Aがシークエンスにならなかった以外は、良い演技。

4位は、五輪初出場のナガス。SP6位から順位を上げました。
これまでFPは後半バテるSP番長でしたが、FPもノーミスで最終滑走にふさわしい演技。
2A+3Tを成功。

5位は、トリノ15位だった安藤美姫選手。
SPで3Lz+3Loと勝負に出ましたがセカンドジャンプが回転不足。
FPは3Fを入れない構成。ノーミスでしたが、思ったほどGOEがつかず僅差で5位。
トリノからの成長が見えました。

6位は、五輪初出場のレピスト。SP10位から順位を上げました。
FPで音出しの人がミスして、やり直しましたが集中力を切らすことなく
3T+3Tを成功。3Lzも踏ん張って、今季一番の出来。

7位は、五輪初出場のフラット。SPから3F+3Tを入れてきました。
FPでは残念ながら、3F2つとも回転不足の判定。
最終グループ、最初の滑走で緊張したのかな。

8位は、五輪初出場の鈴木明子選手。SPは3Fでミスしたので3Loをコンボジャンプにしました。
FPは、3Fが2Fになったのと3Sが回転不足。
でも120点超えて、SP11位から順位を上げました。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

五輪男子シングル

男子シングルの結果です。

優勝は、ライサ。キャロルコーチも大喜び。
SPはノーミスで僅差の2位につけて、演技終了後は感極まっていましたが
トリノではジャンプを転倒してSP10位と出遅れたことがあったので
嬉しかったのでしょう。
FPでは不利な第一滑走でしたが、ここ一番の集中力はさすが。
パーフェクトな演技で、ブライアン・ボイタノ以来22年振りのアメリカ金メダル。
これでライサは、ワールド・GPF・五輪の3冠ですね。

2位は、帝王プル。SPとFPで4T+3T決めたのに、1.31点差で金メダルを逃しました。
できれば、4回転ジャンプを成功した人が王者になってほしかったけど
ジャンプの調子がよくなかったのか、3Aや3Lzの軸が傾いていて着氷が危うかった。
あれで着氷できるところが、すごいけど。
意外なことにPCSはライサと同点で、技術点GOEでわずかな差がつきました。
でも3年ブランクあったのに、銀メダルはさすが。

3位は、高橋選手!日本人初の銅メダルおめでとう!
SPは名プロですね。ミヤケンさん、いい仕事してくれました。
3F+3Tは詰まったけど、ステップもスピンも丁寧で良かった。
FPは、4T回転不足になり転倒するも想定内だったのかサバサバした表情で
次の3A+2Tを落ち着いて決め、苦手な3Loも成功させていいムードに。
気持ちのこもったサーキュラーステップでは、観客を魅了。
本人も楽しんで演技してるように見えた。
珍しく得意の3F+3Tで回転不足があったり、3Lzからの3連続が2連続になったけど
音楽表現は世界一。PCSは1位でした。
スタミナが心配でしたが、最後まで滑り切り演技終了後はガッツポーズ☆
4回転にチャレンジしたからこそ、笑顔が見られたんだと思う。

4位は、トリノ銀メダルだったランビ。
4回転の調子が悪かったのか、SP・FP3本共着氷が乱れました。
3Aが跳べないので、他でミスすると痛い。
欧州選の方が、良い出来だったかな?
でも、スピンとステップでは見せてくれました。

5位は、五輪初出場PチャンがSP7位から追い上げました。
FPでは2つ目の3Aは転倒するも、速い滑りと複雑なステップから3Lz+2T+2Lo
イーグルから3Lo、ステップから2Aなど加点で稼ぎまくり
ストレートラインステップはさすがのエッジワーク。コレ振り付けたローリーもすごい。

6位はウィアーで、SP・FP共に良い演技でした。
4位のランビとは、わずか2.53点差だったので
3Fのエッジ矯正ができていたら、もっと上位にいけたのに。
でも、トリノの時よりも伸び伸び滑ってジョニーワールド全開でした。

織田選手は、初五輪で7位。
SPは良い演技で、4位といい位置につけました。
FPは、ライサの大歓声の後で滑りにくかったと思います。
靴紐が切れるアクシデントがあったけど
お母様やコーチの慌ててた姿と対比して、落ち着いて演技再開。
何よりも怪我がなくて良かった。
世界選手権では、笑顔が見られますように。

こづ君は、初五輪で8位。SPのサーペンタインステップがカッコよかった。
やっぱりPちゃんの国のせいか、ステップが上手い選手には拍手が多い気が。
滑らかなスケーティングはカートもお気に入りで、解説でいつも褒めています。
FPでは、両足着氷ながらも祝☆4T認定!
イーグルからの3S+2T+2Loがお気に入り。
後半の3A転倒がもったいなかったけど、初出場なのに落ち着いていました。
何か一皮むけたような。。。佐藤コーチの殿堂入りに花を添えました☆

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

五輪ペア

バンクーバー五輪の開幕式では、KDVPやセベスチェン、ランビ、ザレツキー妹など
旗手をしていたフィギュアスケーターもいました。

ペアから始まり、予想通りSPから接戦で
ミスをした者が負け という雰囲気。

優勝は、シェン・ツァオ組!4回目の五輪で中国初の金メダル☆
何もない状態からペアを育成した姚コーチ、おめでとう。
SP一番滑走で、ノーミス世界歴代最高点!PCS高っ!
FP最終滑走で、ジャンプの着地までピッタリだった二人の一体感はさすが。
リフトを途中で降りてくるミスがあった時は、思わす声を出してしまい
36歳趙宏博兄さんのスタミナが心配でしたが、渾身の3LoTh、3SThを成功させて勝利を確信。
円熟味と圧倒的なオーラを感じさせる演技でした。

2位は、パン・トン組が3度目の五輪で悲願の初メダル☆
トリノでは惜しくも表彰台を逃したけど、やっと長年の努力が報われました~
5年前アイスショーで見て以来ファンになったので嬉しい。
SPは、Time Violationの減点やDSレベル1が響いて4位でしたが
FPは前の二組のミスで、心理的には楽だったのかな。
神演技で世界最高得点!演技終了後は、トンが氷上にキス。

3位は、トリノでは6位だったサヴチェンコ・ソルコビー組。
昨季までは五輪に向けて独走態勢に見えたのですが、今季はFPで苦しみ
先月欧州チャンピオンの座を川口・スミルノフ組に明け渡してしまいました。
SPは傑作プロで、技術のオンパレードなのにそれを感じさせない芸術表現。
FPは、スケカナで見た時は素敵なプログラムだと思ったのですが
3T+3Tシークエンスで、サブチェンコの2つ目の3Tが2Tに。
珍しくソルコビーが2Aで転倒!ソロスピンもずれました。
後半盛り返したのはさすがでしたが、SP2位から後退。
この2年トップにいたのに、五輪で優勝できなかったのは残念。。。

4位は、五輪初出場の川口・スミルノフ組。
2006年4月にペアを組んだばかりで、まだ結成歴が短いのに
大御所とベテラン勢を相手に、最終グループに入って頑張りました。
SPは、3Twを強化したのか欧州選よりもよかった。
ユニゾンも合ってきて、困ったような表情(に見える)だったサーシャが頼れるように見える。
他のロシアペアがふるわなかったので、FPはロシア13連覇のプレッシャーがあったでしょう。
4SThは回避して、3SThがお手つき。
2A+2Aのシークエンスの1つ目をサーシャがミスしてコンビネーションにできず。
3LoThで転倒した時、川口選手がまた肩を痛めたように見えたけど
その後のリフトもこなして、最後まで笑顔で滑りきりました。
五輪経験者&世界選手権優勝してる台乗りした3組と比べて
経験不足が出てしまったのかな?でもリフトの複雑なポジションは世界一です。

5位は、ジャン・ジャン組。
トリノでは銀メダルで、演技中に負傷するも立ち上がって続けた根性のダンちゃん。
今季調子が今ひとつでしたが、07-08はまりプロだったSPに戻して正解。
ソロスピンの乱れ以外は良かったです。
FPでは、珍しくハオ君がジャンプミス。
ハオ君がスロージャンプを豪快にダンちゃん投げ飛ばすので心配になるほど。
3回目の五輪でしたが、表現力を磨いて次のソチにも出てほしいです。

6位は、地元カナダのデュベ・デヴィソン組。
ジャンプミスはありましたが
カナダらしい滑りの美しさを見せてくれました。

7位は、ムホルトワ・トランコフ組。
トリノ金メダルのトットミアニーナ&マリニンの後継者(コーチが同じなので)
SPで転倒して出遅れてしまい、トランコフの落ち込みようが。。。
FPでも実力を出し切れず残念。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

The Nordics 2010

2/4-7にノルウェーで開催されたNordicsの結果です。

女子シングル優勝は、スウェーデンのヘルゲション姉
2位は、スウェーデンのAngelica OLSSON
3位は、スウェーデンのヘルゲション妹でした。

男子シングル優勝は、スウェーデンのKristoffer BERNTSSON
欧州選では残念でしたが、3月のワールドには出場するのかな?
2位は、スウェーデンのAlexander MAJOROV
3位は、フィンランドのMikko MINKKINENでした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Mont Blanc Trophy

2/3-7にイタリアで開催されたモンブラン杯の結果です。

ジュニア男子優勝は、フランスのThomas SOSNIAK
2位は、川原星選手
3位は、イタリアのFilippo AMBROSINI

シニア女子優勝は、フランスのチャンピオンLéna MAROCCO
藤澤亮子選手は、0.79点差で2位。
あまり調子が良くなかったのかな?でも初シニア戦で、表彰台です。
3位は、オーストリアのKerstin FRANK

シニア男子優勝は、コンテスティ
五輪直前なのに、地元イタリアで開催されたから出場したのかな。
2位は、イタリアのゼレンカ
3位は、フランスのChafik BESSEGHIER
板井郁也選手は、惜しくも4位でした。

ジュニアダンス優勝は、イタリアのLorenza ALESSANDRINI & Simone VATURI
2位は、ドイツのStephanie FROHBERG & Tim GIESEN
3位は、イギリスのCharlotte AIKEN & Josh WHIDBORNE
小松原&水谷組は5位でした。

シニアダンス優勝は、フランスのPernelle CARRON & Lloyd JONES
2位はロシアのKristina GORSHKOVA & Vitalij BUTIKOV
3位はイタリアのFederica TESTA & Christopher MIOR
平井&水谷組は、11位でした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ