FC2ブログ

Grand Prix Final

浅田真央選手の御母様の御冥福をお祈り致します。

12/7-11までカナダで開催されたGPファイナルの結果です。

ジュニア男子は、アメリカのジェイソン・ブラウンが優勝。
女子並みのスパイラルはすごいけど、3Aがないのが寂しい。
2位は、去年と同じく中国のハン・ヤン
4Tと3A成功したのに、SPで出遅れてしまったのが残念。
3位は、アメリカのジョシュア・ファリス
前半良かったのに、得点源の後半3Aコンボの転倒とループがダブルに。
日野選手は5位、田中刑事選手は6位でした。

ジュニア女子は、ロシアが表彰台を独占。
優勝は、ユリア・リプニツカヤ
安定した幅跳びジャンプに、軟体技を生かした繋ぎとスピン。
2位は、シェレペン。3Lz+3T成功するも、3S+3Tが決まらず。
ロシアスケ連から冷遇されてるっぽいけど、欧州選やワールド出場してほしい。
3位は、ポリーナ・コロベニコワ。SPで出遅れたけど、3F+3T成功!
ロシアは、この下にもラジオノワ(ソチには間に合わないけど)がいて
おそロシア女子時代が続きそう?
庄司理紗選手は、6位でした。

ジュニアペア優勝は、中国のスイ・ハン組
2位は、カナダのキャサリン・ボバク&イアン・ベハリー
3位は、アメリカのブリトニー・シンプソン&ネイサン・ミラー

ジュニアアイスダンス優勝は、昨年2位だったロシアのシニツィナ&ジガンシン
2位は、ロシアのアンナ・ヤノフスカヤ&セルゲイ・モズゴフ
3位も、ロシアのステパノワ&ブキンでした。


シニア男子は、4回転合戦で見応えありました。
Pチャンが2連覇。4回転の着氷が今ひとつで、ベストではなかったけど
3Aや3Lz+1Lo+3S、3F+3Tなど成功したジャンプの質が良かった。
後半になってもスピードが落ちないのがすごい。
2位は、大ちゃん。SPでジャンプミスが2つあり出遅れたけどFPで巻き返しました。
4Tの着氷が乱れた以外は素晴らしい出来!細かく音を刻んだステップがカッコいい。
北米TV解説のマイケル・ワイズは、大輔のFPが一番 とのこと。
3位は、今季4回転が絶好調のフェルナンデス
GPファイナル初出場で、スペイン人スケーター初ファイナルメダル☆
後半スタミナがついたら、もっと得点が伸びそう。
羽生結弦選手は4位。入魂の演技でスタンディングオベーション。
すごい勢いで成長中、全日本選手権が楽しみ。

シニア女子は、コストナーがGPファイナル初優勝。ポーズの美しさが映える新衣装。
不安定だったものの、後半コンビネーションジャンプを決めて上手くまとめました。
2位は、あっこちゃん。2A+3T成功したのに
後半二つのコンビネーションジャンプが決まらなかったのが残念。
3位は、レオノワ。GPファイナル初メダル。
プログラムが馴染んできたカンジ。課題は後半のスタミナですね。
次は、日本以上に熾烈なロシア国内選手権です。

シニアペア優勝は、サフ・ゾル
2位は、わずか0.18点差でヴォロ・トラ。欧州選で再び対決します。
3位は、川・スミ
高・トラは、6位でした。

シニアアイスダンスは、メリ・チャリが3連覇。
2位は、ヴァーチュ&モイア
3位は、ペシャ・ブルでした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

NRW Trophy 2011

11/29-12/4にドイツで開催されたNRW杯の結果です。

男子シングル優勝は、イタリアのコンテスティ
2位は、ドイツのリーベルス
3位は、中村健人選手
無良崇人選手は、4位でした。


女子シングル優勝は、ヘルゲソン姉のビッキー
2位は、西野友毬選手。0.02点差で優勝を逃す。
3位は、友滝佳子選手

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Japan Junior Figure Skating Championships

11/25-27に開催された全日本フィギュアスケートジュニア選手権の結果です。

男子シングルは、日野龍樹選手が初優勝。SP6位からの逆転です。
2位は、昨年ジュニアワールド2位の田中刑事選手
3位は、木原龍一選手
上位2人はJGPファイナルに出場します。

女子シングルは、宮原知子選手が初優勝。
ノービス時代から噂を聞いてたけど、ジュニア1年目で初優勝。
2位は、昨年と同じく友滝佳子選手
3位は、昨年優勝の庄司理紗選手。SP7位と出遅れましたが、FPで踏ん張りました。
今年もJGPファイナルに出場するけど、頑張ってほしい。

全日本選手権には、上位6位までの選手が出場するよう。

庄司理紗選手、宇野昌磨選手、中村優選手は第1回ユースオリンピック冬季競技大会
出場予定。

☆今年の全日本選手権は、12/22-25@大阪です。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Rostelecom Cup

11/24-27に開催されたロステレコム杯の結果です。

男子シングルは、羽生結弦選手がシニアGP初メダル!
ファイナル出場するには優勝するしかない崖っぷちの状況で
0.03点差で優勝。やっぱりこの子は何か持ってる?
ステップで転倒するミスがあったものの
成功したジャンプの質が良く+GOEで稼いで技術点トップ。

2位はスペインのフェルナンデスで、ファイナル進出決定です。
4T、4S、3A+3Tまでは素晴らしかったけど、後半スタミナ切れ?
1Fになったフリップが、2Fだったら勝ってたのに。
何だか雰囲気がオーサーに似てきた?

3位は、アボットで、ファイナル進出です。
4Tと3Aコンボで転倒して、手を怪我したのが痛々しかった。
今年の男子の流行は、サスペンダーと黒い衣装?

ファイナル出場選手は、この3人とPチャン、大ちゃんとブレジナ。


女子シングル優勝は、浅田真央選手。3年振りのファイナル進出です。
久しぶりのSP1位発進。
ジャンプでミスはあったけど、ステップとすべてのスピンがレベル4。

2位は、地元ロシアのレオノワ。ファイナル進出です。
髪型が変わって、どんどんモロゾフカラーになっていく。
成功した時の3T+3Tは、高さとキレが一番。
採点に時間がかかってたけど、1つ目のフリップはルッツのWrong Edgeになったんですね。

3位は、ソトニコワ。ステップ強化プログラム?
怪我の影響と体型変化中でジャンプが安定しないんでしょうか。
得点源の3Fでミスしてコンボにできず。まだ若いので頑張ってルッツ矯正してほしい。

今井遥選手は、6位でした。

ファイナル出場選手はタクタミシェワ、真央ちゃん、コストナー、あっこちゃん、シズニー、レオノワ。


ペア優勝は、 サフ・ゾル。ファイナル進出がかかってたのでスロー3Aは回避。
2位は、地元の川・スミ
3位は、イタリアのベルトン&ホターレクがGPシリーズ初メダル。
4位だったストルボワ&クリモフは、リフトを落として怖かった。
ペア解消する日も近いんじゃあ?

ファイナル出場は、サフ・ゾル、川・スミ、ヴォロ・トラ、ジャン・ジャン、高・トラ、デュハ・ラドです。


アイスダンス優勝は、メリ・チャリ
2位は、カナダのウィーバー&ポジェ
3位は、ロシアのボブロワ&ソロビエフ

ファイナル出場は、この3組とヴァーチュ&モイア、シブタニ兄妹、ぺシャラ&ブルザです。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

14th Merano Cup

11/18-20にイタリアで開催されたメラノカップの結果です。

男子優勝は、村上大介選手
2位は、イタリアのパオロ・バッキーニ
3位は、モナコのキム・ルシーヌ

佐々木彰生選手は、7位でした。


女子優勝は、エストニアのエレーナ・グレボワ
2位は、フランスのLenaelle GILLERON-GORY
3位は、スェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹

國分紫苑選手は、4位でした。
村主章枝選手は、欠場したよう。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Trophee Eric Bompard

GPシリーズ第5戦、エリック杯の結果です。

男子シングル優勝は、Pチャン。ファイナル進出決定です。
4Tと4T+3Tは素晴らしかったけど、3Aが2Aに。
ステップ中に転倒。3Lzがステップアウト。
2つめのルッツがダブル と彼らしくない演技。

2位は、中国のナン・ソン。中国杯に続いての台乗り。
同世代のチャンやアモディオ、ブレジナに遅れをとってたけど、今季ブレイク。
4回転が安定して着氷できてるけど、後半ちょっとバテた?

3位は、ブレジナ。ファイナル進出決定です。
パンクしたサルコウは、4S跳ぼうとして力が入ったのでしょうか。
最後の足換えシットスピンが無効で0点に。

織田選手は、7位。演技を中断するかな と思ったほど
どこか痛んでるのがわかった。全日本までに治るといいけど。


女子シングルは、エリザベータちゃんがスケカナに続いて2連勝でファイナル進出です。
おそロシアな14歳。3Lz+3Tの安定感がハンパない。
フリップがパンクしてダブルになった以外は、良い演技。

2位は、コストナー
SPでは3T+3Tを決めましたが
FPは、3回転ジャンプは3種類しか入りませんでしたが
スパイラルとスケーティングが美しくて、PCSは1位です。

3位は、シズニー。ファイナル進出決定です。
SPではルッツでミスが出ましたが、FPでは踏ん張りました。
スケアメで入れてた3Ls+3Tと3Sは回避で安全策。
ジャンプの助走が長いのが気になるけど、最後のスピン2つは全員がGOE+3。

村上選手は、4位。体型変化中で、ジャンプが安定しないのかな。
ループとフリップがシングルになってしまいました。


ペアは、ロシアのボロソジャル・トランコフ組の圧勝。スケカナに続いて2連勝でファイナル進出。
2位は、ロシアのバザロワ・ラリオノフ組
3位は、カナダのデュアメル・ラドフォード組


アイスダンスは、ヴァーチュ&モイアがスケカナに続いて2連勝。ファイナル進出。
2位は、フランスのペシャ・ブルでファイナル進出。
3位は、イタリアのカペ・ラノでした。「道」を聴くと大ちゃんを思い出す。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

CRYSTAL SKATE

11/10-13にルーマニアで開催されたクリスタルスケートの結果です。

女子シングル優勝は、エストニアのグレボワ
2位は、エストニアのケルリ・リーナマエ。昨季のエストニア・チャンピオン。
3位は、村元哉中選手

後藤亜由美選手は、17位でした。

男子シングル優勝は、フランスのシャフィク・ベセギエ
2位は、ベルギーのJorik Hendrickx
3位は、ルーマニアのゾルターン・ケレメン

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

NHK Trophy

GPシリーズ第4戦、NHK杯の結果です。

女子シングルは、あっこちゃんがNHK杯初優勝!3年連続ファイナル進出です。
神演技のSPでは、3T+3Tを初めて成功。
3+3を跳んでからやめたい って言ってたので
練習してるんだな とは思ってたけど、試合で初めて成功できて良かった。
FPはミスがあったけど、SPの貯金で逃げ切り。

2位は、浅田真央選手。今季は良いスタートがきれました。
SPでは3Aがパンク。珍しくパンツスタイルの衣装でした。
FPは持ち越しで、3Aは封印。男子シングルで4回転ナシの高得点を見て回避したそう。
2A+3T成功!ルッツの矯正は難しいのかなぁ。

3位は、レオノワ。優勝を狙ったのかFPでは硬かったけど
3T+3TがSPとFPで成功。
FPは一瞬ミキティかと思ったほど衣装と振付がモロゾフしてた。

石川翔子選手は、10位。故障明けだったよう。


男子シングル優勝は高橋大輔選手で、ファイナル進出決定です。
SPで神演技。6分間練習で4F成功してました。
FPのブルース、日本での評判は今イチのようだけど
北米TV解説ではベタ褒め。音楽との調和が、一人だけ別次元でした。
長年使っていた重いスケート靴から軽いのに変えたそうだけど、合ってきたのかな。

2位は、小塚選手。
表現力では大ちゃんに叶わないので
4回転成功させたかったところだけど、SPは4T回避。
FPでは4Tアンダーローテで両足着氷。
ループがパンクして2回転になった以外は、良い演技。

3位は、アメリカのロス・マイナーがSP6位から逆転。GPS初メダルおめでとう。
4回転は持ってないけど上位陣が崩れる中、上手く演技をまとめて台乗り。
エキシの衣装を用意していなかったのか、北海道 と書かれたTシャツで滑ってた。
日本好きになってくれたのかな。

町田選手は7位。持ち越しのSPが良かっただけに惜しい。
ランビ振付のFPドンキは、細かい動きが多くて難しそうなプログラムだけど
ジャンプが成功すれば、カッコいいバジルになりそう。

男子の4回転合戦、ついにムロズが4Lzを成功!
次は4Loや4Fの成功が見たいー


ペアは、ロシアの川・スミがSP5位から逆転優勝。ファイナル進出決定です。
2位は、まさかの(失礼!)高・トラ!おめでとう☆
3位は、0.41点差でサフ・ゾル。SPで出遅れて(3Aスロー転倒)
FPでもミスがありました。

アイスダンスは、シブタニ兄妹がSP3位から逆転優勝。ファイナル進出決定。
マイアちゃんのたどたどしい日本語がかわいい。
2位は、カナダのウィーバー&ポジェ
3位は、ロシアのイリイヌィフ&カツァラポフ

リード姉弟組は、7位でした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

東日本・西日本フィギュアスケート選手権

今年の全日本に出場する選手が決まりました。シード選手はこちら

★11/3-6に開催された第37回東日本選手権大会の結果です。
ジュニア男子優勝は、鈴木潤選手。上位11人が全日本選手権に出場。
ジュニア女子優勝は、庄司理紗選手。上位12人が全日本に出場。

シニア男子優勝は、村上大介選手。上位8人が全日本に出場。
シニア女子優勝は、今井遥選手。上位10人が全日本に出場。
村主選手が全日本出場を逃しました。。。


★11/3-6に開催された第37回西日本フィギュアスケート選手権大会の結果です。
ジュニア男子優勝は、田中刑事選手。上位15人まで全日本に出場。 
ジュニア女子優勝は、宮原知子選手。上位14人まで全日本に出場。

シニア男子優勝は、無良崇人選手。上位11人まで全日本に出場。
シニア女子優勝は、國分紫苑選手。上位9人まで全日本に出場。

☆今年の全日本ジュニア選手権は11/25-27@青森、全日本選手権は12/22-26@大阪です。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Cup of China

GPシリーズ第3戦、中国杯の結果です。

男子シングル優勝は、アボット
ステキなFPは、佐藤友香コーチとの共同制作だとか。
氷に手をつくところがクール。
ただ優勝なら、3A2つは決めてほしかったかな。
今季はアメリカ代表に返り咲いてほしいです。

2位は、織田選手。まだ体調が万全でないのか4回転は回避。
GOE加点狙いできました。最後はステップで終わるんですね。
耳にタコができるくらいの名曲なので、ジャズ調なのが新鮮。

3位は、地元中国のナン・ソン
中国男子のGPS表彰台は、2004年中国杯2位チェンジャン・リー以来7年振り。
昨年とはうって変わって、ジャンプが決まりまくってカッコよかった。
衣装もオシャレになったし、あとは髪型だけ?

羽生結弦選手は、4位。
前半の4T、イーグルからの3A、3FまではWow!だったのですが。
3Aコンボは無理せず、+2Tにしておけばよかったですねー
でも勝負にでた結果だしまだ16歳、次に繋げてほしいです。
3位と0.22点差なのが惜しすぎる。。。


女子シングル優勝はコストナーで、ファイナル進出決定です。
スケーティングは素晴らしいけど、ジャンプ構成が物足りない。
PCS気前よく出てるけど、今季はシズニーとコストナーの年なのかしら。
ワールドでは3+3が入った演技を希望。

2位は、ナガス
久しぶりにSPとFPそろえました。
1週間前のスケカナがウソのよう。

3位は、シニアGPデビュー戦のソトニコワ
怪我明けらしいので、まだ滑り込みが足りないのかな。
3Lzはエッジエラーを気にしたのか、2つ目がパンク。
それでも初戦で台乗りするところは、さすが。

村上佳菜子選手は、6位。
今季は挑戦の年らしく、苦手の3Loをバンバン入れてます。
体型変化のせいか、アンダーローテになったジャンプが多かった。


ペア優勝は、ロシアの川口・スミルノフ組
2位は、中国のジャン・ジャン組
3位は、カナダのムーア=タワーズ・マスクビッチ組

アイスダンス優勝は、ロシアのボブロワ・ソロビエフ組。
2位は、アメリカのシブタニ兄妹
3位は、フランスのキャロン・ジョーンズ組でした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ