Taming of the Shrew

7月のボリショイバレエ「じゃじゃ馬ならし」
ファーストキャストは、産休中のチホミロワ以外はシネマ上映時と同じです。

7/26、28、29 & 30
Katharina: Ekaterina Krysanova
Petruchio: Vladislav Lantratov
Bianca: Olga Smirnova
Lucentio: Semyon Chudin
Hortensio: Igor Tsvirko
Gremio: Vyacheslav Lopatin
Widow: Yulia Grebenshchikova
Baptista: Artemy Belyakov
Housekeeper: Yanina Parienko
Grumio: Georgy Gusev


7/27 & 29 マチネ
Katharina: Kristina Kretova
Petruchio: Denis Savin
Bianca: Anastasia Stashkevich
Lucentio: Artem Ovcharenko
Hortensio: Alexander Smoliyaninov
Gremio: Denis Medvedev
Widow: Anna Balukova
Baptista: Karim Abdullin
Housekeeper: Victoria Litvinova
Grumio: Evgeny Truposkiad

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

The Golden Cockerel

ABT3週目後半の演目は、金鶏です。
Golden Cockerel1
Photo by Jens Otto Nielsen

久しぶりのマチネ
lincoln center
夜エイフマンを観に行くついでに、来てみた。
昨年見逃してるし、しばらく再演されそうにないので・・・

プーシキン原作、もとは1909年ニコライ・リムスキー=コルサコフ作曲のオペラを
ラトマンスキーが、2012年デンマークロイヤルバレエに振付。
ABT初演は2016年。
舞台装置と衣装は、(ナタリア・ゴンチャロワのデザイン画を基に)リチャード・ハドソン。

Golden Cockere10
緞帳のデザインは、オリジナルのコピーなのかな?

Queen of Shemakhan: Stella Abrera
Tsar Dodon: Alexei Agoudine
Golden Cockerel: Cassandra Trenary
Astrologer: James Whiteside


プロローグ、占い師が望遠鏡でシェマハの女王(宙吊りのスペクタクル)を見て
ある考えを思いつく。
占い師役は基本マイムのみで踊らず
金鶏をサポートするだけ。
ストーリーに重要な役のせいか?贅沢にもプリンシパルがキャスティング。
ジェームスは存在感があり、こういう不気味がキャラが合ってます。

1幕、ドドン王の宮殿
Golden Cockere11
Photo by Rosalie O’Connor

二人の王子、ポルカン大臣、貴族達(帽子とヒゲで誰だかわからない)と会議中。
ドドン王は全幕通じてマイムのみで、2幕ちょこっとだけ踊る。
ポルカン大臣もマイムのみで、ドドン王との掛け合いが面白い。
男性ダンサーの見せ場が、グヴィドン王子とアフロン王子だけなのが物足りない~
CirioとJoeyのキャラも踊りも良かったので、もっと見たかった!

Golden Cockerel2
Photo by Rosalie O’Connor

占い師が現れて、危機が迫ると知らせてくれる金鶏を
ドドン王に献上する。
金鶏役カサンドラ・トレナリーは、鳥っぽくて◎
喜んだドドン王は、何でも望みを叶える と占い師に約束。

Golden Cockerel4
Photo by Rosalie O’Connor

女性群舞の振付は、今イチつまらない。
ドドン王は、アメールファの世話を受けてお昼寝。
突然、金鶏が敵の来襲を知らせる。
恋人(Gemma BondとCatherine Hurlin)とラブラブだった王子達に
出陣を命じるドドン王。嫌がる王子達の演技に萌え。
男性群舞の戦士たち、スパルタクスをチープにしたカンジ?

Golden Cockerel5
Photo by Andrea Mohin

まどろむドドン王は、美女(シェマハの女王)の夢を見る。
再び金鶏が危機を知らせ、ドドン王も馬に乗っていざ出陣。
Golden Cockere12
Photos by Per Morten Abrahamsen

2幕、ドドン王が戦場に到着すると、味方は全滅。
グヴィドン王子とアフロン王子が刺し違えたのを見て、嘆き悲しむ王。

天幕の中からシェマハの女王が、お付きの女性達を従えて登場。
クリスティーンとJoo Won Ahn、Patrick Frenetteのパドトロワあり。
女王はドドン王にお酒を振舞い、踊りを求める。
エキゾチックな女王役がピッタリなステラは、魅惑的で優美な踊り。
wittyでgoofyなキャラも似合っていた。
Golden Cockerel6
Photo by Rosalie O'Connor

女王にすっかり魅せられたドドン王は、求愛。
花嫁と凱旋することを兵士達に告げる。
Golden Cockerel7
Photo by Rosalie O’Connor

宮殿前に集まる民衆、王を出迎える。
Golden Cockere13
Photo by Rosalie O’Connor

凱旋の行列に、不気味なのもいましたが。。。
Golden Cockere14
Photo by Per Morten Abrahamsen

占い師が登場して、褒美としてシェマハの女王を求める。
Golden Cockerel8
Photo by Per Morten Abrahamsen

ドドン王は翻意させようとするが、占い師はしつこく女王を求める。
怒った王が占い師を殺すと、金鶏が現れてドドン王の頭をつつく。
ドドン王は亡くなり、シェマハの女王も金鶏もいなくなり
民衆だけが残されて、国は滅びる?

エピローグ、生き返った占い師が現れる。
実在したのは私と女王だけ、残りは幻 と観客に告げて立ち去る。

約束は守らなければなりません と言う教訓?
帝政ロシアへの批判を盛り込んだ
有名な民話なのかもしれませんが
アメリカうけは今いち?観客の入りが悪かった。。。。

マイムを少しはしょって、1幕バレエにすればよかったのに。
ラトマンスキーが、バレエ・リュスのミハイル・フォーキンのオリジナル振付を
再復刻させたかったのかもしれないけど
ポワントを履いて踊るのは、金鶏とシャマハの女王だけだし
御伽話だったら、イワンと仔馬の方が踊りが多くて楽しめるかなぁ。

リムスキー コルサコフの楽曲を聴きに来たのと
色鮮やかな舞台美術が見所でしょうか。暗い舞台よりは、いいですね。

Golden Cockerel9

Golden Cockerel3

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Giselle

ABT3つめの演目、ジリアンのジゼルデビュー@METとDavidの全幕主役復帰公演☆
Giselle1
Photo by Khalid Al-Busaidi

2014年ボリショイバレエ以来、怪我&手術で観てなかったDavid
2014年11月PerformaNYCを最後に、坊主になったのをTwitterで見た時には
バレエやめちゃうの??と心配したけど
オーストラリアでリハビリして、また舞台に戻ってきてくれて嬉しい(涙)

Giselle: Gillian Murphy
Albrecht: David Hallberg
Myrta: Stella Abrera
Hilarion: Thomas Forster
Peasant Pas de Deux: Skylar Brandt and Joseph Gorak


アルブレヒトデビューをした時、ステラと一緒にデビューする予定だったのが
ステラが怪我で降板。今はステラもプリンシパルになり
一緒に踊るのを見ると、感慨深いものがあります。

いつもミルタ役のジリアンですが
ロイヤルニュージーランドバレエでジゼルを踊ってたし
既に4月オマーンでジゼル役デビューしてDavidと踊っています。
怪我の影響か?絶好調ではなさそうで
振付を変えてるところもありましたが
アルブレヒトへの愛を感じる暖かみのあるジゼルでした。

David登場時は、Welcome back! と言うような客席から拍手☆
あいかわらず、どの女子よりも誰よりも美しい~
立ち姿と美脚、踊りも美しくて惚れ惚れします。
表現面も繊細で良かったです
2幕コーダはブリゼでくるか?アントルシャシスか?
どっちだ?思ってたら、アントルシャシスだった!完全復活ですね。

ペザントのパドドゥは◎
ルチアナの代わりにスカイラーが踊ってて良かった!彼女の踊り、好きだわ。
Joeyはソロ最後の回転で軸が曲がって、ラストポーズだけちと乱れたけど
それ以外は伸び伸び~お気に入りのペアです♪
ミルタ役ステラは、ハマリ役なので安心して見られますね。
いつにも増して素晴らしい出来でした。

Giselle6

Giselle5

Giselle2

Giselle3

Giselle4

Giselle7
感極まったのか、ウルッときてるようでした。。。
来月オネーギンも楽しみです♪

カーテンコールは、こちらこちらこちら

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

American Ballet Theatre’s 2017 Spring Gala

今年はガラ公演ではなく、ラトマンスキー振付新作Whipped Cream初演です。
Gala2

あいにくの雨だったので、今年はセレブたちのドレスチェックができず残念~
Gala1

Gala3

The boy: Daniil Simkin
Princes Praline: Sarah Lane
Princes Tea Flower: Stella Abrera
Prince Coffee: David Hallberg


既に3月カリフォルニアで初演されていて、評判は悪くないよう?
1924年リヒャルト・シュトラウスが、ウィーン国立歌劇場での上演のため作曲した「Schlagobers」という作品が基になった作品。
マーク・ライデンの舞台美術・衣装は、楽しめました。

ケーキ屋さんでお菓子たちが踊り出したり
ホイップクリームを食べ過ぎた少年が
夢の中でプラリネ姫の宴に行く というファンタジー。
くるみ割り人形みたいなのかな? と思ってたら
意外と踊りが沢山あったのは良かったです。
ストーリーに深みがないので、何度も繰り返し見たいか と聞かれたら ?だけど。
子供連れの集客を狙った演目かな。

Whipped Cream1
Photo by Gene Schiavone

ある日曜日、白いドレスとスーツを着た子供達は
ファーストコミュニオンを終えて、Pastry Shopへ。
冒頭から絵本のような舞台美術。

Whipped Cream2
Photo by Gene Schiavone

シェフ役、ボウルを落としちゃってた・・・
Boy役シムキン、クリームを食べ過ぎておなかが痛くなる。
子供役にTylerがいた!あいかわらずかわいい♪

Whipped Cream3
Photo by Gene Schiavone

子供達がいなくなるとマジパン、キャンディー、ジンジャーブレッドマン と踊りの見せ場。
面白い振付で楽しめました。
隅谷健人君がピンクで踊る と聞いてたけど、被り物だと顔がわかりにくい。

Whipped Cream4
Photo by Gene Schiavone  

缶からコーヒー王子、Tea Flower姫が登場して踊る。
Davidが出てきた時は、復帰を待っていた観客から拍手☆
ちょこっとPdd踊るだけかと思ってたら
意外に長かったので満足。
Whipped Cream8
Photo by Gene Schiavone

姫には4人、王子には3人のお付き。
Whipped Cream7
Photo by Gene Schiavone

Whipped Cream5
Photo by Gene Schiavone

コーヒー王子のJoeyもカッコ良かった!Zucchero(砂糖?)はコミカル路線。

Whipped Cream6
Photo by Doug Gifford

滑り台から降りてきた女性群舞によるWhipped Cream
他の役はみんなかわいい衣装なのに、なぜかモジモジ君のような衣装・・・
相原舞さんが踊る と聞いてたけど、コレだと顔がわかりにくいよー
交差するフォーメーションがあったり
やっぱラトマンスキーは、コールドの動かし方が上手いなぁ。
かなりハードな鬼振付で、盛り上がって1幕終了。
Whipped Cream9
Photo by Andrea Mohin

Whipped Cream10
Photo by Allen J. Schaben

病院のベッドにいる少年 顔のでかいドクターがコワい。
大きな注射器を持って踊るナース達(踊りにくそう)

Whipped Cream11
Photo by Matt Masin

少年の夢の中で、スノーヤクに乗ったプラリナ姫が現れる。
子役カップケーキやケーキレディなどいろんなお菓子キャラを引き連れてパレード☆
客席からは拍手。

Whipped Cream14
Photo by Gene Schiavone

ラブリーなPDDアレグロでは見せ場あり。

Whipped Cream12
Photo by Matt Masin

ドクターが頭痛を治すのにお酒を飲むと、リカーボトル達が生き生きと踊り出す
Whipped Cream14
Photo by Gene Schiavone

シャンパン役Catherine Hurlinは、くるみ割り人形でクララ役だった子のようで
大人になってもチャーミング♪
プラムブランデー役Duncan Lyle、ウォッカ役ズルビンとコミカルにパドトロワ。

Whipped Cream15

全員登場したラストはお祭り騒ぎで、シムキンの胴上げもあり盛り上がる。

Whipped Cream16

全2幕なので、あっと言う間。
ちょっとcreepyでcrazyだけど、ユーモアたっぷりな作品。
ダンサー達も、楽しんで踊ってるのが伝わりました。

来年6/4ラトマンスキー新作上演は、Harlequinade
(アルレキナーダだったら、また子供向け??)

Gala4

Gala6

4人共、キャラに合った踊りで◎
Gala5

NYC-ARTSカーテンコールNY Timesのレビュー

Magnolia Bakeryでは、5/22-24、6/26-7/7にWhipped Cream Ballet Cupcakeが売られるよう。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Don Quixote

ABT@METシーズンが開幕♪ 昨年全休したので久しぶり!
ABT

1週目は、ドン・キホーテです。

Kitri: Maria Kochetkova
Basilio: Herman Cornejo
Mercedes/Queen of the Dryads: Devon Teusher
Espada: Blain Hoven
Amour: Skylar Brandt
Don Quixote: Clinton Luckett
Sancho Panza: Sean Stewart
Gamache: Craig Salstein
Lorenzo: Patrick Ogle
Flower Girls: Sarah Lane&Luciana Paris
Gypsy Couple: Lauren Bonfiglio&Zhiyao Zhang


以前見逃したマリア&エルマンの組み合わせ。
が、予想よりもマリアの出来が良くなかった。。。期待が大きすぎた?
本拠地サンフランシスコバレエでも踊っているので
リハする時間が、充分になかったのだろうか。
インスタには載せてたけど)
怪我でもしているのか?調子が今ひとつだったよう。
(この後ジゼルと海賊が降板になったので怪我だったよう)

エルマンは、キッレキレで
ドンキはこうでなくっちゃ という演技。
が、3幕Pddアダージョで怪我したのか?
その後のバジルのヴァリエーションでは、出てこず。。。涙
それまで絶好調で、ラストの盛り上がりを期待していただけに残念~

指揮者の指示で、オケのメンバーが一斉に楽譜をめくり
バジルのソロは丸々とばして(ラスト近かったので代役は既に帰ってた?)
急遽キトリのヴァリエーションへ。
コーダはどうするんだろう?と思ってたら
エスパーダ役ブレインが登場して、バジルのパートを踊ってホッ
マリアはコーダで、1/4ずつスポッティングをずらすフェッテで盛り上げて
二人でドン・キホーテに御礼を言う流れで
キトリは闘牛士と結ばれるエンディング・・・
初めてドンキを観た人は、ラスト??だったのでは?

メルセデス&ドリアードの女王役デヴォン・トイシャーは、伸びやかな踊り。
スワンデビューして、オーラが出てきた?
闘牛士役デビューのブレインも、意外と良かった。痩せた?
突然のアクシデントにもかかわらず、その場を繋いでGood Jobでした。
キューピット役スカイラー、かわいい♪お気に入りとなりました。
お付きの子役達って、前からいたっけ??
映画First Positionに出てたアラン・ベル君の踊ってるところがやっと見られたり
ミックジャガーの子供を産んだメラニーが、早くも復帰しててビックリ。
最近のお気に入りのTyler君や日本人ダンサー3人も活躍してました。

Don Q1

エルマンは、カーテンコールにも出てこず。。。

Don Q2

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Jewels

今年のリンカーンフェスティバルは、パリオペラ座バレエ
NYCB、ボリショイバレエのジュエルズ合同公演 ということで
キャスト。

7/20
Emeralds, Paris Opera Ballet
First Pas de Deux: Laëtitia Pujol (Étoile), Mathieu Ganio(Étoile)
Second Pas de Deux: Myriam Ould-Braham (Étoile), Mathias Heymann (Étoile)
Pas de Trois: Hannah O'Neill, Sae Eun Park, François Alu


Rubies, New York City Ballet
Leading Couple: Megan Fairchild (Principal), Joaquin De Luz (Principal)
Soloist: Teresa Reichlen (Principal)
Four Men: Harrison Coll, Spartak Hoxha, Ralph Ippolito, Giovanni Villalobos
Eight Women: Sara Adams, Likolani Brown, Baily Jones, Meagan Mann, Jenelle Manzi, Kristen Segin, Sarah Villwock, Claire Von Enck


Diamonds, Bolshoi Ballet
Leading Couple: Olga Smirnova (Prima Ballerina), Semyon Chudin (Principal)
Soloists: Olga Marchenkova, Yulia Grebenshchikova, Ana Turazashvili, Alena Kovaleva, Vladislav Kozlov, Artemy Belyakov, Klim Efimov, Ivan Alekseev


7/21
Emeralds, Paris Opera Ballet
First Pas de Deux: Dorothée Gilbert (Étoile), Hugo Marchand (Étoile)
Second Pas de Deux: Léonore Baulac (Étoile), Germain Louvet (Étoile)
Pas de Trois: Valentine Colasante, Sae Eun Park, Marc Moreau


Rubies, Bolshoi Ballet
Leading Couple: Ekaterina Krysanova (Principal), Artem Ovcharenko (Principal)
Soloist: Yulia Grebenshchikova
Four Men: Mikhail Kemenov, Batyr Annadurdyev, Anton Savichev, Mikhail Kochan
Eight Women: Margarita Shrainer, Xenia Zhiganshina, Anastasia Denisova, Daria Lovtsova, Ilona Matsiy-Kiryushkina, Xenia Kern, Bruna Cantanhede Gaglianone, Victoria Litvinova


Diamonds, New York City Ballet
Leading Couple: Sara Mearns (Principal), Tyler Angle (Principal)
Soloists: Emily Gerrity, Laine Habony, Mary Elizabeth Sell, Lydia Wellington, Devin Alberda, Daniel Applebaum, Aaron Sanz, Andrew Scordato


7/22 マチネ
Emeralds, Paris Opera Ballet
First Pas de Deux: Laëtitia Pujol (Étoile), Mathieu Ganio (Étoile)
Second Pas de Deux: Myriam Ould-Braham (Étoile), Mathias Heymann (Étoile)
Pas de Trois: Hannah O'Neill, Sae Eun Park, François Alu


Rubies, New York City Ballet
Leading Couple: Megan Fairchild (Principal), Joaquin De Luz (Principal)
Soloist: Teresa Reichlen (Principal)
Four Men: Harrison Coll, Spartak Hoxha, Ralph Ippolito, Giovanni Villalobos
Eight Women: Sara Adams, Likolani Brown, Baily Jones, Meagan Mann, Jenelle Manzi, Kristen Segin, Sarah Villwock, Claire Von Enck


Diamonds, Bolshoi Ballet
Leading Couple: Alena Kovaleva (Prima Ballerina), Jacopo Tissi (Principal)
Soloists: Olga Marchenkova, Yulia Grebenshchikova, Ana Turazashvili, Angelina Karpova, Vladislav Kozlov, Artemy Belyakov, Klim Efimov, Ivan Alekseev


7/22
Emeralds, Paris Opera Ballet
First Pas de Deux: Dorothée Gilbert (Étoile), Hugo Marchand (Étoile)
Second Pas de Deux: Léonore Baulac (Étoile), Germain Louvet (Étoile)
Pas de Trois: Valentine Colasante, Sae Eun Park, Marc Moreau


Rubies, New York City Ballet
Leading Couple: Megan Fairchild (Principal), Joaquin De Luz (Principal)
Soloist: Teresa Reichlen (Pricipal)
Four Men: Harrison Coll, Spartak Hoxha, Ralph Ippolito, Giovanni Villalobos
Eight Women: Sara Adams, Likolani Brown, Baily Jones, Meagan Mann, Jenelle Manzi, Kristen Segin, Sarah Villwock, Claire Von Enck


Diamonds, Bolshoi Ballet
Leading Couple: Olga Smirnova (Prima Ballerina), Semyon Chudin (Principal)
Soloists: Olga Marchenkova, Yulia Grebenshchikova, Ana Turazashvili, Alena Kovaleva, Vladislav Kozlov, Artemy Belyakov, Klim Efimov, Ivan Alekseev


7/23
Emeralds, Paris Opera Ballet
First Pas de Deux: Laëtitia Pujol (Étoile), Mathieu Ganio (Étoile)
Second pas de Deux: Myriam Ould-Braham (Étoile), Mathias Heymann (Étoile)
Pas de Trois: Hannah O'Neill, Sae Eun Park, François Alu


Rubies, Bolshoi Ballet
Leading Couple: Ekaterina Krysanova (Principal), Vyacheslav Lopatin (Principal)
Soloist: Olga Marchenkova
Four Men: Mikhail Kemenov, Batyr Annadurdyev, Anton Savichev, Mikhail Kochan
Eight Women: Margarita Shrainer, Xenia Zhiganshina, Anastasia Denisova, Daria Lovtsova, Ilona Matsiy-Kiryushkina, Xenia Kern, Bruna Cantanhede Gaglianone, Victoria Litvinova


Diamonds, New York City Ballet
Leading Couple: Sara Mearns (Principal), Tyler Angle (Principal)
Soloists: Emily Gerrity, Laine Habony, Mary Elizabeth Sell, Lydia Wellington, Devin Alberda, Daniel Applebaum, Aaron Sanz, Andrew Scordato

テーマ : ダンス - ジャンル : 学問・文化・芸術

Scottish Ballet@Joyce Theater

スコティッシュバレエを鑑賞しに、ジョイスシアター

Scottish Ballet1

World Ballet Dayではおなじみですが、生で見るのは初めて。
北米公演なので、A Streetcar Named Desireを持ってきてほしかったけど。。。

Sinfonietta Giocosa
Choreography: Chistopher Hampson
Music: Sinfonietta Giocosa(Movement1, 3 and 4) by Bohuslav Martinu

2006年Atlanta Balletで初演された作品。
ので、アメリカっぽい?
シャープな動きで、でエネルギー溢れる踊り。
わりと好みな振付。

Motion of Displacement
Choreography: Bryan Arias
Music: Komm, Jesu, Komm by Johann Sebastian Bach and Shaker Loops(Movement2, 3 and 4) by John Adams

振付家の幼少時の思い出
16歳の時メキシコからアメリカに来た母のストーリーを基にした作品。
10人のダンサーが白い衣装で踊るので
振付が際立つ。最初と最後のポーズが面白い。
バッハの宗教曲にのせたモダンな動きが斬新。
Scottish Ballet3

Ten Poems
Choreography: Chistopher Bruce
Poet: Dylan Thomas

ディラン・トマスの10篇の詩を基に振付けられた作品。
映画「Interstellar インターステラー」に引用された有名な“Do Not Go Gentle Into That Good Night”もありました。
無音で朗読のみ。
音楽の代わりに詩の朗読で踊る と言うのが
私には新しすぎて。。。
Scottish Ballet2

NY Timesのレビュー

テーマ : ダンス - ジャンル : 学問・文化・芸術

Hamburg Ballet DC公演

ハンブルグバレエ、ワシントンDC公演「人魚姫」@Kennedy Centerのキャスト

3/28
The Poet: Lloyd Riggins
The Little Mermaid/His Creation: Silvia Azzoni
Edvard/The Prince: Carsten Jung
Henriette/The Princess: Carolina Agüero
The Sea Witch: Karen Azatyan

3/29
The Poet: Lloyd Riggins
The Little Mermaid/His Creation: Silvia Azzoni
Edvard/The Prince: Carsten Jung
Henriette/The Princess: Carolina Agüero
The Sea Witch: Karen Azatyan

3/30
The Poet: Ivan Urban
The Little Mermaid/His Creation: Xue Lin
Edvard/The Prince: Edvin Revazov
Henriette/The Princess: Florencia Chinellato
The Sea Witch: Alexandre Riabko

3/31
The Poet: Lloyd Riggins
The Little Mermaid/His Creation: Silvia Azzoni
Edvard/The Prince: Carsten Jung
Henriette/The Princess: Carolina Agüero
The Sea Witch: Karen Azatyan

4/1 マチネ
The Poet: Ivan Urban
The Little Mermaid/His Creation: Xue Lin
Edvard/The Prince: Edvin Revazov
Henriette/The Princess: Florencia Chinellato
The Sea Witch: Alexandre Riabko

4/1
The Poet: Lloyd Riggins
The Little Mermaid/His Creation: Silvia Azzoni
Edvard/The Prince: Carsten Jung
Henriette/The Princess: Carolina Agüero
The Sea Witch: Karen Azatyan

4/2
The Poet: Lloyd Riggins
The Little Mermaid/His Creation: Silvia Azzoni
Edvard/The Prince: Carsten Jung
Henriette/The Princess: Carolina Agüero
The Sea Witch: Karen Azatyan

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Mariinsky Ballet DC公演

マリインスキーバレエ、ワシントンDC公演「イワンの仔馬」@Kennedy Centerのキャスト

1/31
Ivan the Fool: Vladimir Shklyarov
The Tsar-Maiden: Anastasia Matvienko
The Little Humpbacked Horse: Yaroslav Baibordin
Gentleman of the Bedchamber: Yuri Smekalov
The Tsar: Dmitry Pykhachov
The Young Mare: Zlata Yalinich
Horses: Alexander Romanchikov, Alexander Beloborodov

2/1
Ivan the Fool: Ernest Latypov
The Tsar-Maiden: Renata Shakirova
The Little Humpbacked Horse: Grigory Popov
Gentleman of the Bedchamber: Konstantin Zverev
The Tsar: Vasily Shcherbakov
The Young Mare: Tatiana Tkachenko
Horses: Andrei Solovyov, Yevgeny Deryabin

2/2
Ivan the Fool: Maxim Zyuzin
The Tsar-Maiden: Anastasia Kolegova
The Little Humpbacked Horse: Vladislav Shumakov
Gentleman of the Bedchamber: Yuri Smekalov
The Tsar: Dmitry Pykhachov
The Young Mare: Zlata Yalinich
Horses: Alexander Romanchikov, Alexander Beloborodov

Fri., Feb. 3 at 7:30 p.m.
Ivan the Fool: Vladimir Shklyarov
The Tsar-Maiden: Anastasia Matvienko
The Little Humpbacked Horse: Yaroslav Baibordin
Gentleman of the Bedchamber: Konstantin Zverev
The Tsar: Vasily Shcherbakov
The Young Mare: Tatiana Tkachenko
Horses: Andrei Solovyov, Yevgeny Deryabin

2/4  マチネ
Ivan the Fool: Ernest Latypov
The Tsar-Maiden: Renata Shakirova
The Little Humpbacked Horse: Grigory Popov
Gentleman of the Bedchamber: Yuri Smekalov
The Tsar: Dmitry Pykhachov
The Young Mare: Zlata Yalinich
Horses: Alexander Romanchikov, Alexander Beloborodov

2/4
Ivan the Fool: Maxim Zyuzin
The Tsar-Maiden: Anastasia Kolegova
The Little Humpbacked Horse: Vladislav Shumakov
Gentleman of the Bedchamber: Konstantin Zverev
The Tsar: Vasily Shcherbakov
The Young Mare: Tatiana Tkachenko
Horses: Andrei Solovyov, Yevgeny Deryabin

2/5
Ivan the Fool: Ernest Latypov
The Tsar-Maiden: Renata Shakirova
The Little Humpbacked Horse: Yaroslav Baibordin
Gentleman of the Bedchamber: Yuri Smekalov
The Tsar: Dmitry Pykhachov
The Young Mare: Zlata Yalinich
Horses: Alexander Romanchikov, Alexander Beloborodov

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Natalia Osipova & Artists

Natalia Osipova & Artistsを鑑賞しに、CityCenterへ。
Osipova1
7月サドラーズウェルズ劇場で上演されたオシポワのコンテ・トリプルビルが、NYに凱旋。

Run Mary Run (US Premiere)
Choreography: Arthur Pita

Osipova2

Osipova3
舞台セットもあって、芝居色が強い作品。
60年代のメアリー&ジミー、酒とロックとセックスとドラッグな話。
プロローグ(ナターシャの名前をタトゥーに彫ったポルーニンの手が見える)から
ラストシーンが想像できてしまった。
(回想する展開なので、最後が予想できる)
薬打つシーンが直接的すぎて、ひいた。。。
2人の踊りは良かったんだけど。
休憩中お隣の席の方は、才能の無駄使い! と批評されてました。


Qutb (US Premiere)
Choreography: Sidi Larbi Cherkaoui

シディ・ラービ・シェルカウイの振付。
Qutb とはアラビア語で、軸 と言う意味らしい。
男性二人(ジェイソン・キッテルバーガージェームス・オハラ)と
中東の宗教的な音楽で、ユニゾンで踊ったりリフトしたりする。
あまり好みではなかったけど
くねくねした振付が、オシポワの柔軟性をこれでもかと強調。


Silent Echo (US Premiere)
Choreography: Russell Maliphant
Osipova4

ギエムフェリでも観て良かったラッセル・マリファントの振付。
音楽も衣裳も踊りもシンプルだけど
オシポワとポルーニンの良さを引き出すクラシックのステップで
超高速シェネでは、観客からどよめきが。
踊ってるポルーニン4年振りに生で観ることができて、満足♪
次回は、全幕主役で見たいものです。

☆NY Timesのレビューは、こちら

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術