FC2ブログ

Sarasota Ballet@Joyce Theater

Sarasota Balletを鑑賞しにJoyce Theaterへ。
2年前にも観たことがあるフロリダのカンパニーで
元ABTのプリンシパル、マルセロ・ゴメスがゲスト出演。
ジリアンやラディツキー夫妻も観に来てました。

Sarasota Ballet1

There where she loved
Choreography by Christopher Wheeldon
Music by Frederic Chopin and Kurt Weill
Pianist: Cameron Grant
Sopranos: Michelle Giglio and Stella Zambails

Zyczenie(The Wish): Christine Windsor, Jamie Carter, Daniel Pratt, Weslley Carvalho, Ricardo Rhodes

Surabaya Johnny: Ricardo Rhodes, Kate Honea, Katelyn May, Ellen Overstreet

Wiosna(Spring): Samantha Benoit, Ivan Duarte

Nannas Lied(Nannna's Song): Christine Windsor, Jamie Carter, Daniel Pratt, Weslley Carvalho, Ricardo Rhodes

Gdzie Luni(There Where She Loved): Katelyn May

Hulank(Merrymaking): Ricardo Rhodes, Katelyn May, Kate Honea, Ellen Overstreet, Samantha Benoit

Je ne t'aime pas(I do not love you): Amy Wood, Ricardo Graziano

Sarasota Ballet4
Photo by Andrea Mohin

Sarasota Ballet3
Photo by Frank Atura

2000年初演、ウィールドン振付。
タイトルのThere where she loved (好きな場所)は
ショパンの歌曲、作品74の第5曲目。
There where she lovedを含めた6つのショパン歌曲と
クルト・ヴァイル「Surabaya Johnny」で踊る。
歌詞の英語訳がなかったけど
ソプラノ歌手とピアノ生演奏も良かったです。

休憩挟んで
Monotones I & II
Choreography by Sir Frederick Ashton
Music by Erik Satie
Designs by Sir Frederick Ashton
Pianist: Cameron Grant

Monotones I: Ryoko Sadoshima, Thomas Giugavaz, Samantha Benoit

Sarasota Ballet6
Photo by Frank Atura

Monotones II: Ricardo Graziano, Victoria Hulland , Ricardo Rhodes

Sarasota Ballet2
Photo by Frank Atura

1965年初演、アシュトン振付。
3年前ABTで観た作品。
2つのパートに分かれているパドトロワで
Iは、日本女性ダンサーが少しwobbly
超スローな音楽に合わせるのが難しいのかな?
IIは美しかったです。 Grantさんのピアノ演奏も心地良い

休憩挟んで
La Chatte
Choreography by Sir Frederick Ashton
Music by Jacques Offenbach; “La Chatte métamorphosée en femme”
Pianist: Cameron Grant

Kate Honea

Sarasota Ballet5
Photo by Gene Schiavone

1985年初演、音楽はオッフェンバック「女に化けた雌猫」
まんまタイトル通りの作品で、女性ソロの踊り。
ネズミが現れたり とコミカルで楽しく
Kate Honeaが美しい猫ちゃんをチャーミングに演じていました。


Les Patineurs
Choreography by Sir Frederick Ashton
Music by Giacomo Meyerbeer

Asia Buim, Ivan Duarte, Samantha Benoit

1937年初演、音楽はジャコモ・マイアベーア。
日本語訳だと「スケートをする人々」
ブルー・ボーイ&ブルー・ガールズのパ・ド・トロワ
アイススケートの滑る動きをバレエで表現。


Méditation from Thaïs
Choreography by Sir Frederick Ashton
Music by Jules Massenet

Katelyn May, Ricardo Rhodes

マスネ「タイスの瞑想曲」にのせて踊る
詩情豊かなパ・ド・ドゥ。
バイオリン生演奏だと、より楽しめたのですが
録音だったのが残念~


The Two Pigeons
Choreography by Sir Frederick Ashton
Music by Andre Messager

Victoria Hulland and Marcelo Gomes

Sarasota Ballet7

1961年初演、絵描きの青年と恋人のストーリーからのパ・ド・ドゥ。
傷ついた青年が、白い鳩を肩にのせて
恋人のもとに戻ってくるラストシーンで
マルセロが登場すると、凄い拍手

Sarasota Ballet8
Photo by Andrea Mohin

Sarasota Ballet10
Photo by Frank Atura

本物の鳩(フロリダから連れて来た?)を使うので
鳥苦手な人には、難しい演目だ・・・

日本(世界バレエフェス)から戻ったばかりで
ハードスケジュールのせいか、少し痩せて見えたけど
短い踊りでも、ストーリーが見えてくるのは
さすがマルセロ。
ボロボロになって帰ってきた様子が伝わってきます。
ひとり悲しんで、待っていた恋人と
情感溢れる素敵なパ・ド・ドゥ。
Victoria Hullandも優美でした。
ラスト、再び二人が結ばれると
舞台袖から白い鳩がもう一羽の鳩が飛んできたけど
所定の位置につかず・・・
(二羽が仲良く椅子の背に並んで止まる予定だったと思う)
恋人同士を二羽の鳩になぞらえたラブリーな作品で
全幕通して観たくなりました♪

Sarasota Ballet9
Photo by Andrea Mohin

Sarasota Ballet11

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Sarasota Ballet@Joyce Theater

サラソタ・バレエを鑑賞しに、ジョイスシアターへ。
Sarasota6

Sarasota4

芸監Iain Webさんが、もとロイヤルのダンサーだったらしく
オールアシュトンプログラム。

Valses Nobles et Sentimentales
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Maurice Ravel
Sarasota7

Principal Couple: Daniella Brown and Ricardo Gaziano
Couples: Mirella Costa Neto, Sareen Tchekmedyian, Anais Blake, Christine Windsor
Jamie Carter, Logan Learned, Daniel Rodriguez, Alex Harrison 

1947年初演作品。バランシン振付La Valseと同じ音楽なので、そんなカンジ。
バランシンの方が後(1951年)に振付してるけど。

Tweedledum and Tweedledee
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Percy Grainger
Sarasota2

Alex Harrison, Logan Learned, Samantha Benoit

1977年初演。「トゥイードルダムとトゥイードルディー」は「鏡の国のアリス」第4章に出てくる
イギリスの童謡。アシュトンらしいユーモアがあって、かわいらしい作品。

The Walk to the Paradise Garden
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Frederick Delius
Sarasota8

Ricardo Graziano, Danielle Brown, Jacob Hughes

1972年初演で、A Month in the Countryと同じ頃の作品。
最初の演目でリードペアだった2人、このカンパニーの主力ダンサーのよう。
アクロバティックなリフトが特徴で、マクミランっぽい?

Jazz Calender/Friday's Child
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Sir Richard Rodney Benett
Sarasota3
Ellen Overstreet and Edward Conzalez

1968年初演で、オリジナルキャストはAntoinette Sibley& Rudolf Nureyev
ブルースにのせたPDDで、この女性ダンサーが一番好みだったかも。

Sinfonietta/2nd Movement
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: Sir Malcolm Williamson CBE
Sarasota1

Victoria Hulland and Ricardo Rhodes with
David Tlaiye, Jamie Carter, Daniel Rodriguez, Daniel Pratt

1967年初演。衣装と言い振付と言いMonotones I and IIみたいで
Monotones IIIってカンジ? Friday's Childもそうだけど
当時のアシュトンは、全身タイツ衣装がお気に入り?

Façade
Choreography: Sir Frederick Ashton
Music: William Walton
Sarasota5

Scotch Rhapsody: Ryoko Sadoshima, Nicole Padella, Alex Harrison
Swiss Jodelling Song-Mildmaid and Boys: Kate Honea with Daniel Rodriguea, Kyle Hiyoshi and Daniel Pratt
Polka: Victoria Hulland
Foxtrot: Kristianne Kleine, Jamie Carter, Sareen Tchekmedyian, Jacob Hughes
Valse: Amy Wood, Elledn Overstreet, Christine Windsor, Elizabeth Sykes
Popular Song: Sam O'Brien, Patrick Ward
Tango-Pasodoble: Danielle Brown, David Tlaiye
Finale: All Cast

1931年初演。イーディス・シットウェルの詩「ファサード」を基に
ウィリアム・ウォルトンが作曲し、後にバレエ作品に。
ディベルティスマンで、明るくてアシュトンっぽい楽しさ。
古い時代を感じさせる振付もあったけど、観たことない作品ばかりで良い機会でした。
今でもロイヤルで上演されてる作品もあるのかな。
ラトマンスキー夫妻が観にきてたけど、現代の振付家はどのように感じるんだろう?

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術