FC2ブログ

京の酵素浴

今年は、酵素浴にハマリました。

Kosoyoku1

Kosoyoku2

この方に紹介して戴き行きました。どうも有難うございます!

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

栄寿庵

「京の冬の旅」非公開文化財特別公開の3ヶ所を見学すると
"ちょっと一服"の特典が受けられる とのことで

Eijyuan1

京都駅近くハトヤ瑞鳳閣にある栄寿庵で、一服

EIjyuan2

ハトヤだから?はとピョンがいた。修学旅行生に写真を撮られていた。
Hatoya

いろんな所にゆるキャラがいる日本。

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

妙法院門跡②

妙法院門跡続き

七卿碑
Myohoin14

Myohoin13

Myohoin20

宸殿
Myohoin15

幕末「八月十八日の政変」で失脚した
三条実美ら尊皇攘夷派の公卿7人が
長州へ落ち延びた「七卿落ち」ゆかりの地として知られ
宸殿には「七卿落図」が特別公開。

Myohoin16
普賢堂  普賢菩薩を祀る本堂

Myohoin17

Myohoin18
表門

Gosyuin

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

妙法院門跡①

第51回京の冬の旅 非公開文化財特別公開
第3弾は、妙法院門跡へ。

Myohoin1

普段見ることができない建築や庭園、仏像、襖絵などが特別に公開され
妙法院門跡は、京の冬の旅では13年振りの公開 とのこと。
残念ながら、建物内は庭園も含め写真撮影は禁止でしたが。

Myohoin2

Myohoin6

代々皇室から住職を迎えた天台三門跡の一つ(あとの二つは青蓮院と三千院)
比叡山上にあった坊(小寺院)がその起源とされ
初代門主は、伝教大師最澄とされている。
その後、平安時代末期に後白河法皇時代洛中に移転。
15代門主は、後白河法皇〈法名は行真〉
豊臣秀吉の頃、現在地の法住寺殿跡地に移転。

Myohoin8
寺務所

Myohoin4
寺務所と庫裏

Myohoin7
大玄関
元和元年(1620)、中宮東福門院(徳川秀忠の娘、徳川和子)入内の際に建築された女御御所の建物を移築したもの と伝えられています。
Myohoin19


Myohoin9

Myohoin11

Myohoin10

Myohoin12
唐門

Myohoin5
庫裏  桃山時代の建築で国宝。
豊臣秀吉が先祖のための千僧供養を行った際、台所として使用された と伝えられる。

Myohoin3

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

喫茶葦島

文明堂ビルにある喫茶葦島

Ashijima1

エレベーターで5階へ。

Ashijima2

Ashijima3

Ashijima4

河原町駅近くにいたStreet Performer
Kawaramachi

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

貴船倶楽部

貴船倶楽部で一服

KifuneClub3

KifuneClub2

KifuneClub1

京都に来ると、お抹茶を戴きたくなる。

MAP

Kibune1

Kibune2

バスで貴船口駅まで行って、帰りました。

Kibuneguchi

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

貴船神社③

貴船神社続き

本宮→奥宮→中宮(結社)と三社詣
参拝所要時間は、約1時間でしょうか。

Nakamiya6

Nakamiya7

Nakamiya8

結社の御祭神は、磐長姫命(いわながひめのみこと)で
縁結びの神様

Nakamiya5

拝殿

Nakamiya12

天の磐船
作庭家・久保篤三氏より奉納

Nakamiya13

Nakamiya14

Nakamiya9

御神木の桂

Nakamiya10

和泉式部歌碑
切ない心情を歌に託して祈願しました。

Nakamiya11

テーマ : ■京都を撮る■ - ジャンル : 写真

貴船神社②

貴船神社続き

Okunomiya1

Nakamiya1

北門から奥宮(おくのみや)へ。
南参道と比べると、石段が少ないです。

Nakamiya3

本宮から北参道を下ると、鈴鹿谷
貴船川に流入する鈴鹿川に架かる橋を渡ります。

Nakamiya2

Nakamiya4

Okunomiya2

川床の季節にも来たくなります。

Okunomiya3

三の鳥居

Okunomiya4

樹齢1000年の相生の杉(御神木)
同じ根から生えた2本の杉  
相生は「相老」に通じ、夫婦共に長生きの意味。

Okunomiya5

奥宮鳥居
思ひ川が流れています。

Okunomiya6

Okunomiya7

つつみヶ岩

Okunomiya8

奥宮へ続く参道
両脇に、杉の巨木が立ち並んでいます。

Okunomiya9

奥宮の入口、神門

Okunomiya10

Okunomiya11

奥宮のご神木 連理の杉(左側が杉の木、右側が楓の木)
別々の種類の木が重なって一つの木になっている事を指し
夫婦円満のご利益があります。

Okunomiya12

御船形石
玉依姫が乗って来た黄色い船が
この小石に覆われている と伝えられる。

Okunomiya13

Okunomiya14

Okunomiya17

拝殿

Okunomiya15

Okunomiya16

本殿 
闇龗神(くらおかみのかみ)を祭神とするが、高龗神と同じ神であるとされている。
船玉神(後悔の安全を守る神)としての信仰も篤い。
以前は、ここが本宮であったが
洪水被害で壊れて、現在の本宮がある場所に移されました。

テーマ : ■京都を撮る■ - ジャンル : 写真

貴船神社①

鞍馬寺の後、貴船神社
地域の名前は「きぶね」と読みますが
水神であることから、濁らず「きふね」と読みます。

創建年代は、不詳ですが
神武天皇の母、玉依姫命が黄色い船(貴船の語源)に乗って
淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸し、水神を祭ったのに始まる と伝えられる。
「気の産まれる根源」が転じて「気生根」になったともいう。

KifuneJinjya3

社殿は貴船川に沿って、下流から上流に
本宮・結社(中宮)・奥宮の三つのお社があり
本宮⇒奥宮⇒中宮 の順で参拝すると
ご利益が高くなり、願い事も叶いやすい と考えられています。

KifuneJinjya1

二の鳥居をくぐって、本宮参道へ

KifuneJinjya2

KifuneJinjya4

KifuneJinjya5

朱色の春日灯籠が並ぶ表参道

KifuneJinjya7

KifuneJinjya6

KifuneJinjya8

南門

KifuneJinjya9

KifuneJinjya10

御神木の桂

KifuneJinjya11

重森三玲が、古代の人々が神祭りをおこなった神聖な祭場
「天津磐境」をイメージして作った石庭 

KifuneJinjya12

貴船神社は、絵馬発祥の社

KifuneJinjya13

朝廷は、水を司る神様を祀る貴船神社に勅使を派遣し
降雨を祈願する時は「黒馬」を
止雨を祈願する時は「白馬」を奉納。
生きた馬に換わって、板に馬の絵を描いた「板立馬」が奉納されて
現在の「絵馬」の原型になったとか。

KifuneJinjya14

水神である高龗神(たかおかみのかみ)を祀る。

KifuneJinjya15

御神水
汲んで持って帰ることができます。

KifuneJinjya16

水占みくじを浮かべると、文字が浮かび上がります。

KifuneJinjya17

KifuneJinjya18

斎館

KifuneJinjya19

拝殿

KifuneJinjya20

KifuneJinjya21

拝殿と本殿 2005年に再建されました。

Gosyuin

テーマ : ■京都を撮る■ - ジャンル : 写真

鞍馬寺④

鞍馬寺続き

KuranaOkunoin17

大杉苑前方の小径を行くと、背比べ石からの道と合流して不動堂へ出ます。

KuranaOkunoin18

KuranaOkunoin16

僧正ガ谷不動堂
堂内には伝教大師(最澄)が刻んだと伝えられる不動明王が安置されている。

KuranaOkunoin21

KuranaOkunoin19

不動堂の向かい側には、義経堂
義経公を遮那王尊として祀る。

KuranaOkunoin20

KuranaOkunoin23

KuranaOkunoin22

魔王殿 標高435m
本殿から西の貴船神社へ抜ける山道の途中、奇岩の上にある小堂。
奇岩は磐座(いわくら)、磐境(いわさか)とも称され
神々が君臨した場所として崇拝された。
約650万年前に金星から地球に降り立ったという魔王尊を祀っている。

KuranaOkunoin24

KuranaOkunoin25

KuranaOkunoin26

魔王殿から下り坂を進みます。かなりの山道です。

KuranaOkunoin28

川音が聞こえてくると、貴船が近いです。

KuranaOkunoin27

KuranaOkunoin29

鞍馬寺西門

Kuramayama

鞍馬駅から西門までの道のり
西門から鞍馬寺への道は、整備されていないので
鞍馬駅から本殿金堂をめざす方が良いかな。


KuranaOkunoin30

貴船川を渡る奥の院橋

KuranaOkunoin31

この後、貴船神社を参拝しました。

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真