FC2ブログ

第3回大統領候補討論会

11月4日の投票日を3週間後に控えた
最後の討論会が15日、ニューヨーク州ロングアイランドで開催されました。

討論会前には、両候補それぞれの経済政策も発表されて
内政問題をテーマに、司会者を挟んで着席しての討論。

会場には、ヒラリー・クリントン上院議員の姿も。
聴衆を魅了する演説に比べると、討論は今ひとつ 
と言われていたオバマ氏のディベート能力を鍛えたのは
ヒラリー(民主党指名候補争いで) と言われていますが
どんな気持ちでこのディベートを見ていたのでしょうか。。。


アメリカ大統領選挙は、州ごとに得票数が多い候補が
その州の選挙人を総取りするplurality voting systemで
(比例割当方式のネブラスカ州とメイン州を除く)
選挙人は、上下両院議員数と首都ワシントンに割り当てられた3人を加えた538人。
過半数の270人を獲得した候補が勝利するので
接戦州が勝負の分かれ目に。

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報