FC2ブログ

Trophee Eric Bompard

エリック杯の結果です。

男子シングルは昨年エリック杯優勝者Pチャンが、スケカナに続いて2連勝。
ファイナル進出決定です。
2007年世界ジュニア2位、昨季GPシリーズ初優勝&カナダチャンピオン と
あっと言う間にジェフの後継者になりました。
FPでは着氷が乱れたジャンプがありましたが
17歳とは思えない美しいスケーティングで、サーキュラーステップがレベル4。
4回転を習得すれば、いきなりオリンピック優勝候補になりそうな気配。。。

2位はこづ君で、PB更新&初のGPF出場決定です!
4Tは回転不足で転倒するも、ミスを引きずらず残りのジャンプをすべて成功。
TESは1位で、昨季よりもジャンプの質が良く安定しています。
精神面も、スケアメの優勝ですっかり自信をつけたように見えます。
今季、高橋選手が手術のため欠場するようなので
五輪枠取りを頑張ってほしいです。

昨年3位だったプレ男が、地元フランスの期待にこたえて今年も3位。
4Tを含めたすべてのジャンプを成功。
音楽によくのって、エンターテイメント性がある滑り。
会心の演技で、ガッツポーズ炸裂でした。

優勝候補だったジュベールは、まさかの台落ちで4位。
SPは昨季エキシのプロですよね?ヤグディンを思い出させるトゥステップ。
スピンは良くなってた印象ですが
エッジ矯正ができていないのか、3Fを跳ばない構成。
2A2回も跳んで3+3ナシで、僅差でメダルに届かず。


女子シングルは、ロシェット姐さんがスケカナに続いて2連勝。
4シーズン振りのエリック杯優勝&ファイナル進出です。
3+3は持っていませんが、加点がつく後半にシークエンスジャンプを跳んで
点数が出るようにプログラムが構成されています。

2位は、浅田真央選手でした。
公式練習では3A+タノ2T、3S、3F+3Loも降りてたそうなので
ミスしたのはメンタル面の影響でしょうか?
まあ初戦が悪いのはいつものことですが、めちゃ疲れそうなプログラムです。
スパイラルやスピンの取りこぼしがなくなって、すべてレベル4で
ジャンプ以外の成果は出ています。
ステップに+3つけてたジャッジもいて、ブレードを掴んでのツイズルがすごかった。
3Lz矯正や3Sは、練習の成果が出なくて残念でしたが
昨季のように、世界選手権までにジャンプ構成を少しずつ変えてくるのでしょう。

3位はジャンで、スケカナから衣装を変えました。
踏み切りのハイキックがすごいけど、あの跳び方で足を痛めないんでしょうか?
苦手の3Sも含めて、いちおうすべてのジャンプは降りましたが
3F+3Tの回転不足や3Lzの不正エッジで減点に。


ペア優勝は、スケアメに続いてドイツのサブチェンコ&ゾルコビー組
ファイナル進出決定です。
2位は、ロシアのムホルトワ&トラニコフ組
3位は、カナダのデュアメル&ブンタン組でした。

アイスダンス優勝は、スケアメに続いてフランスのデロベル&シェーンフェルダー組
ファイナル進出決定です。
2位は、イタリアのファイエラ&スカリ組
3位は、イギリスのケアー姉弟でした。


関連記事は、こちらこちら

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ