FC2ブログ

The View@Marriott Marquis

誰かが観光で来た時に行こうと思っていたThe View@Marriott Marquisへ。

コートをチェックインした後、専用エレベーターで48階へ。
(レストランは47階)
1時間かけて1周する回転式展望ラウンジで
オノボリサンになって、360度の景色を楽しみました。

周りの建物の方が高いので、景色を見降ろす と言うよりも
ビルに囲まれたカンジになりますが
クライスラービルやエンパイアービルなどの有名どころや
ハドソンリバーの夜景など
コースターを見たら、位置関係がわかるようになっています。

The View

観劇後11時頃に行ったので、サクッと一杯飲んだだけでしたが
デザートバッフェもあります。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Grand Central Terminal

母&母のお友達からリクエストされた観光スポット、Grand Central Terminal
Grand Central Terminal
1913年に建てられた歴史的建造物で、Tourもあるようです。

こちらは、ミニチュア版
New York Transit Museum1

Holiday Train Show(1/19まで)@New York Transit Museumで、毎年展示されます。

New York Transit Museum3

Empire State Buildingには、キングコングがへばりついています。

New York Transit Museum4


Main Concourseでは、Kaleidoscope Light Show Presented by Sharp(1/1まで)
Kaleidoscope Light Show1

万華鏡 と言う名前の通り、光と音のショー。

Kaleidoscope Light Show4


今年、初登場したSHARP液晶TVで作られた8メートルのAQUOSツリー(1/1まで)
映像作家、高城剛氏プロデュースの画像を上映。テーマは「未来」
AQUOS1 
名前を登録すれば、ツリーに使われている19~52インチの
大小7種サイズ43台の液晶薄型TVが、抽選で当たります。
応募者1名につき$1がチャリティ団体The HOPE Programに寄付されるそうです。


Vanderbilt Hallでは、10周年を迎えたThe Grand Central Holiday Fair(12/29まで)
Holiday Fair1

マンハッタンには、他にもUnion Squareや
Bryant Park、Columbus CircleでHoliday Marketが催されていますが
ここは駅構内なので、寒い日でもゆっくりとお買物ができます。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

ちよだ鮨

観光スポット以外の普段のグロッサリーショッピングも楽しんでいた母。
家でアンコウ鍋をするのに、Fish Marketに行った時
NYはお魚がおいしそう~ と言っていたので
ランチに御寿司を食べることに。

せっかくNYにいるのに、和食はどうかなあ と思ったのですが
母のお友達も、そろそろあっさりしたものが食べたかったよう。

午前中、Grand Central StationBryant Parkに行った後だったので
近くのお店、ちよだ鮨へ。

Chiyoda sushi

特上にぎりをおいしく戴きました♪

ランチの後は、メトロポリタン美術館へ移動。

☆閉店しました。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Christmas House

日没が早いホリデーシーズン中は、夕食後にドライブして
住宅地の電飾を見て回るのが、我が家の恒例です。

その中でもお気に入りは
ローカルTVやローカル紙にも取り上げられたことのある有名なおうち。

Christmas House4

お庭にビッシリ飾りつけしてあるので、少しずつ撮らないと全景が入りません。。。

Christmas House6

屋根にも電飾が輝いています☆

Christmas House8


近づいてみると、こんなカンジ↓
Christmas House2

Airblownも所狭しと並んでいます。

Christmas House10

昨年フロントヤードにいたコーラス隊が、今年はShedの屋根にいました。
Christmas House7

Christmas House3


毎年楽しませていただいており、どうもありがとうございま~す。
今年は、母を連れて来て見せてあげることができてよかった♪

Christmas House9

テーマ : クリスマス - ジャンル : ライフ

Sant Ambroeus

アッパーイーストにあるカフェSant Ambroeusでお茶&デザートタイム♪

ミラノに本店があるイタリアンレストラン&カフェで
ウエストビレッジやハンプトンにも支店があります。
ウエストビレッジ店では、サラ・ジェシカ・パーカーなどのセレブも訪れるとか?

美術館の帰りによくアッパーイースト店を覗いていたけど
いつもいっぱいで入れなくて
今回は何とか席が空いたので、無理やり座りました。

甘さ控えめでおいしかったSaint Honore'
Sant Ambroeus2
White Sponge Cake with a Vanilla Mouse & Caramelized Vanilla Cream Bigne

Sant Ambroeus1
Lemon Glazed Ricotta Cheesecake

ショーケースにあったパニーニもおいしそうでした。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

JoJo

久しぶりに会うお友達とJoJoでランチ♪

スターシェフ、ジャン・ジョルジュが最初にオープンしたレストランで
彼のニックネームが店名となっています。
彼の故郷であるアルザスのお料理だそう。

JoJo1

かわいらしいピンクの外観で
薄暗い店内は、女性好みでシック。
こじんまりとしていますが、落ち着いた雰囲気で
アッパーイーストってカンジ。

Prix Fixe Lunchのメニューから選びました。

グラスワインと一緒に戴いた前菜のクラブケーキ。
JoJo2
蟹がタップリ♪

お友達のラビオリ
JoJo3

メインは Cod(鱈)にしました。 
JoJo4
グリーンのバジルソースが、あっさりしていておいしい。

お友達はSkate(エイ)と
JoJo5

ゴートチーズ
JoJo6

デザートは、3種のソルベ
JoJo8

お友達が食べていたムースもおいしそうでした。
JoJo7

こちらこちらで美しい写真がご覧になれます☆

サービスも良くて寛げる雰囲気で
メニューの選択肢があり、デザートも付いてるのでお得感があります。

こってりフレンチでないのも、私好み。
量も日本人にはちょうど良いかな。
この後、さらにデザートを食べに別のお店へ。。。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Junior&Senior Grand Prix of Figure Skating Final

Junior&Senior GPFの結果です。

ジュニア女子シングル優勝は、アメリカのBecky BERESWILL
AEGON Challenge Cupでは、シニアでエントリーしてたけど
GPシリーズは、ジュニアで出場。

2位は、藤澤亮子選手
3月Skate Copenhagenノービス優勝してから、今季JGPデビュー戦チェコ大会優勝
JGPイギリス大会2位と大躍進です。
SPはミスで出遅れて7位だったけど、FPで底力を見せました。
まだ13歳だけどジャンプだけでなくスピン、スパイラル、柔軟性とすべてが素晴らしい。

3位は、アメリカのAlexe GILLES
昨季の全米ジュニアチャンピオン。16歳とは思えない大人っぽい滑り。

村上佳菜子選手は、4位でした。
SPは2位でしたが、FPで回転不足になるジャンプがいくつかあり
表彰台を逃したのが残念~
次は、全日本ですね。

ジュニア男子シングル優勝は、3Aを2回決めたフランスのFlorent AMODIO
2位は、昨年JGPF3位だったアメリカのArmin MAHBANOOZADEH
3位もアメリカのRichard DORNBUSHでした。

ジュニアペア優勝は、ロシアのLubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE
2位は、中国のYue ZHANG / Lei WANG
3位は、ロシアのKsenia KRASILNIKOVA / Konstantin BEZMATERNIKH
高橋&トラン組は、7位でした。

ジュニアアイスダンス優勝は、アメリカのMadison CHOCK / Greg ZUERLEIN
2位もアメリカのMadison & Keiffer HUBBELL
3位は、ロシアのEkaterina RIAZANOVA / Jonathan GUERREIROでした。


シニア男子シングル優勝は、アボット
昨季からGPシリーズに初参戦して、GPF初出場初優勝。
昨季は入れていた4回転ジャンプを、今季は跳んでいません。
全米ジュニアでの優勝はあるものの、シニアではまだ表彰台に乗っていませんが
今季は、全米の優勝争いに加わりそう。
2位は、こづ君
SP1位につけFP最終滑走で緊張したのか、後半3Aと3Loで転倒。
でもGPF初出場で、銀メダルは大健闘です。
次は全日本選手権で、織田選手との優勝争いですね。
3位は、ジョニー君
苦手の3Loが2Loに。コンボジャンプが一つ足りません。すべてのスピンがレベル4。
ジュベールのFP棄権は残念でした。

シニア女子シングル優勝は、浅田真央選手
女子で3A2回認定は、世界初☆
3Fからのコンボが転倒してしまったのが残念~
でも、まだまだ伸び代があるってことですね。

2位は、ユナ・キム選手
風邪をひいて体調が悪かったそうですが、地元開催の緊張もあったよう。
前半コンボジャンプ3つを成功させたのに
後半3Lzでパンク、3Sが回転不足で転倒して3連覇を逃しました。
今季3Loにはチャンレンジしないのでしょうか?

3位は、コストナー
いつもの自爆癖が出たのか、3Loで転倒。3Sでお手つき。
スピンでもミス。

中野選手は5位。3Aにトライするも回転不足。
3Lz→2Lzに。1つ目の3Fが回転不足。ステップでもつまずいて点数が伸びず。
全日本までに体調を取り戻してほしいです。

ジゼル対決をやめて新プロにした安藤美姫選手は、6位。
回転不足でしたが4Sを降りて、久しぶりの笑顔が見られました。
回転不足でしたが、2A+3Tにもトライ。
次は、ワールド出場をかけての全日本です。

ペアは、パン・トン組がSP3位から逆転優勝。
2位は、ジャン・ジャン組
3位は、サブチェンコ・ショルコビー組でした。

アイスダンス優勝は、デロベル・ショーンフェルダー組
2位は、ドミニナ・シャバリン組
3位は、デービス・ホワイト組でした。
ホフロワ&ノビツキー組に続いて、ベルビン・アゴスト組はフリーを棄権 。

関連記事は、こちら

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Sarabeth's&The Frick Collection

MoMAに行った後、Sarabeth's@Central Park Southでランチ♪

Sarabeth's

久しぶりに、パンケーキをいただきました。


その後は、Frick Collectionへ移動。
Frick Collection

美術館三昧の一日でした☆

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

The Museum of Modern Art

MoMAとオランダのゴッホ美術館との企画展
Van Gogh and the Colors of the Night(1/5まで)をお目当てに
久しぶりにMoMAへ。ダリ展以来です。

ちょうど母&母の友人が来ていたので、観光案内がてら一緒に行きました。
とても混んでる と聞いたので、朝10時半過ぎに入館して
11時の整理券を入手。
いつも特別展が催される6階かと思ったら、2階に展示されていました。

Gogh
Self-Portrait with a Straw Hat, 1887(メトロポリタン美術館で撮影)

初期の風景画、オランダ南部の農民達、麦畑と種をまく人、夜を描いたもの と
各部屋に分かれて展示されています。
写実的な絵から始まって、次第に印象派のような独特の世界に移っていく様子を
弟テオや妹ウィル、画友エミル・ベルナール、ゴーギャンに宛てた手紙と共に鑑賞。
ゴッホは手紙好きだったことで知られていますが、綺麗な直筆です。

The Starry Night
特別展では撮影禁止なので、これは以前常設展で撮った時のもの。
The Starry Night. Saint Rémy, 1889

日本でも人気のある画家の一人ですが
昨年The Morgan Library & MuseumNeue Galerie
3年前The Metropolitan Museum of Artでもゴッホ展が催され
今回もすごい人気でした。

生涯1作品売れただけで(弟テオが生活を援助)
無名のままこの世を去ったゴッホですが
耳切事件や37歳で自ら命を絶った伝説的な人生
オークションで巨額で落札されたことも著名にしています。

浮世絵の構図や影の無い世界にinspirationを受けたそうで
独特な筆使いや輪郭線です。

何度もモチーフにしている夕闇や夜の風景に焦点をあてた特別展で
仄暗いロウソクかランプだった夜の明かりが
ガス灯が登場してから、イメージが変わり
感情をそのまま託したような色使いが印象的でした。


6階の特別展では、スペイン人画家ジョアン・ミロの回顧展が催されていて
Joan Miró: Painting and Anti-Painting 1927-1937(1/12まで)も鑑賞。
テーマ通り、絵画だけでなくコラージュ作品が沢山ありました。
20世紀を代表するシュルレアリスム と言われていますが
ダリやマグリットよりも抽象的で、自由に描く印象。
Miroの実験精神が垣間見られたような気がします。

DUTCH INTERIOR I
DUTCH INTERIOR I

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

トナカイ

母にもトナカイを見せてあげたかったので
我が家の恒例ホリデーイベントとなっている
いつものナーサリーへ。

Prancer&Dancer

Clement Clarke Mooreの詩
「A Visit from St. Nicholas 聖ニコラスの訪問」に出てくるトナカイと同じ名前です。

Dancer2
お休み中のところ、起こしてごめんね。

Dancer1

今年も11/28-12/21まで、ここで2頭仲良く過ごすようです。

Prancer


この時期のナーサリーは、クリスマスツリーやリースだけでなく
室内用デコレーションも沢山売られていて
見ているだけで楽しいです。

店内には、サンタクロースがいて子供と写真を撮ったり
ツリーの前も写真が撮れるように椅子が置いてあったり
週末は生演奏があります。

テーマ : クリスマス - ジャンル : ライフ