FC2ブログ

Cup of China

GPS第3戦中国杯の結果です。

男子シングルは、織田信成選手がエリック杯に続いての優勝でファイナル進出一番乗り。
SPはスピードがあって、エリック杯よりも良かった。ショッカーのような衣装も見慣れてきました。
FPは3Aが1Aになった以外は、すべて加点をもらってます。
課題だったステップも上手くなりました。でも、モロゾフには何か怒られてたみたい?

2位はライサSPは火の鳥、でも衣装は黒。トリノOPシーズンのSP以来、派手な衣装はナシ?
トップとの点差は、3FのWrong Edgeでした。
FPの3Fは回転不足。ジャンプの高さがないから回転がギリギリなんですよね。3Aも危ないし。
ステップはパッションがあって良かったです。
アメリカの五輪代表選考は全米選手権一発選考ではなく、GPFも重視されることに。
昨季ワールドチャンピオンのライサは、他の選手よりも一歩先にいます。

3位は、ロシアのボロノフ。SPは4T+3Tを決めて素晴らしかった。
FPでは、単独4Tを成功。2Lz+3Tは予定通りらしく、単独3Aと3Fでミス。
ロシア男子はヨロ選出場枠が2枠だから、12月末ロシア・ナショナルで代表選手が決まりそう?


女子シングル優勝は、鈴木明子選手
ジュニア時代は、JGPシリーズで優勝&JGPファイナルで銅メダルを取ったこともあり
2003年スケカナでシニアデビューの予定が、病気により出場辞退。
その後、競技に復活してユニバーシアード、エイゴンチャレンジ杯、ゴールデンスピン
フィンランディア杯で優勝してランキングを上げて、昨季は開催国枠でNHK杯初出場し銀メダル。
今季初めてGPシリーズ2大会に派遣されて、初優勝☆
SPは3Lzのエッジと2Tが回転不足。長州選手の後だったので、スピードがないように見えたかな。
FPの衣装は、中部選手権の時と変えたんですね。
荒川さんのデザインらしいけど、そんなこともやってるんだ。
2A+3Tは回避して2A+2Aのシークエンスに。音楽にあった振付で、躍動感あるステップ。
次のスケートカナダではロシェット有利だろうから、ここで勝てて良かった。

2位はコルピ。SPでは3Lzでお手つきがあったのにPB更新。美人点?(笑)
FPではジャンプミスがあったものの、上手くまとめました。
エリック杯が8位だったので、残念ながらファイナル出場はありません。

3位はロシェットSPで出遅れる悪い癖が出てしまいましたが
FPで巻き返しての表彰台はさすが。
3Lzと2Aの調子が悪かったよう。シークエンスの3Sが2Sに。
他の選手と違って、国内ではライバル不在なので代表は決まってるようなものだろうから
ゆっくりと調整できますね。

村主選手は7位だったので、ファイナル出場はなくなりました。次はスケートアメリカです。


ペア優勝は、復活したシェン・ツァオ組。まさに彼らのための大会でした。
昨季までサブチェンコ・ゾルコビー組が無敵でしたが、ペアも面白くなってきました。
2位は、ジャン&ジャン組
3位は、ロシアのイリュシェチキナ・マイスラーゼ組でした。


アイスダンス優勝は、アメリカのベルビン・アゴスト組
2位は、ロシアのホフロワ・ノビツキー組
3位は、イタリアのファイエラ・スカリ組でした。

☆関連記事は、こちら

今週末は、NHK杯です。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ