FC2ブログ

Metropolitan Museum of Art

メトロポリタン美術館で二度目のArt of the Samurai展を鑑賞。
1/10までで、最後の週末だったせいか大盛況でした。

事前に告知していた通り、刀剣以外の展示作品が入れ替えられていました。
やっぱり面白かったのは、蝶やサザエ、ウサギの耳をモチーフにした兜。
かぶってみたくなりました。。。

サムライ展の後は、5,000 Years of Japanese Art: Treasures from the Packard Collection(6/6まで)へ。
日本美術の収集家Harry G. C. Packardさんが、メトロポリタン美術館に
寄贈したものや購入したコレクションで、所蔵35周年を記念した特別展。

パッカード氏は、日本のアメリカ進駐軍に移駐して日本美術に魅せられたそうで
古くは縄文時代から、新しいものは20世紀美術まで
土器や陶磁器、仏教彫刻、屏風絵、墨絵、日本画など幅広いコレクション。
今後長らく再公開されない作品もあるそうです。

Kano Sansetsu
狩野山雪の傑作「老梅図」

週末のみBalcony Barで演奏されてる演奏を聴いたり
MET

Velázquez Rediscovered(2/7まで)を鑑賞。
長らく弟子が描いた とされていた「Portrait of a Man 男の肖像」が
絵画の修復作業中、ベラスケス作であることが確認され
ベラスケス・コレクションに加わりました。

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術