Piano in the Park@Bryant Park

友達との待ち合わせまで時間があったので、Bryant Parkで休憩。

Piano in Bryand Park1

ちょうどPiano in the Parkの時間でした。

Piano in Bryand Park2

野外映画も始まり、来週からBroadway in Bryant Parkです。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Fireworks@Point Lookout

夏なので、無料野外イベントや花火がボチボチ始まりました。
無料野外コンサート後に打ち上げられる花火が、毎年Point Lookoutで催されるので
行ってみることに。
いつもEisenhower Parkの方に行くけど、今年は日程がずれていたので。

場所柄、ボートから花火を見る人も多いです。
Fireworks1
Fisherman's CatchのDockから、9時半過ぎると見え始めました。

Fireworks2

郊外だと、みんな車で花火見にやって来るので
早く行かないと停める場所がなくなり
終わった後、帰りはやっぱり渋滞になりました。。。
島から本土に戻る道が限られているから、まあ仕方ないんだけど。

やっぱりスクーターで行けるEisenhower Parkのがいいかも。

テーマ : 季節を感じる - ジャンル : ライフ

Fisherman's Catch

いつもボートで通り過ぎるPoint Lookoutに車で行ってみました。
ビーチタウンの小さい街で、駐車スペースが広くないので
地元の人は自転車でウロウロしています。日本みたい?

島なので、ボートを停められるレストランが多いです。
シーフード料理を食べようってことで

前菜Sesame Crusted Rare Tuna
With cucumber mango salad & miso vinaigrette
Point Lookout1
夫がチョコレートソース? と言ってたけど、味噌ヴィネグレットソースだよ。
緑色のは、もちろんワサビ味。

メインは、本日のスペシャルから
Point Lookout3
Grouper(ハタ) フロリダに行った時よく食べるお魚。

Point Lookout2
Striped bass(シマスズキ) 東海岸のお魚。

Point Lookout4
サラダとパンが付いてきます。

このお店に来たのは花火を見るためだったけど、まあまあおいしかった。
食後は、ドリンク片手にDockへ。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

New Table

Hot Tub解体後はカーペットを敷いて、隣の部屋からカウチを持ってきてTVを見てたけど
飲み物を置きたくて、テーブルを買った夫。お風呂に入りながらTVを見る部屋だったのに。
リビングでもくつろげるので、それよりも新しいHot Tubが欲しい。。。

New Table2

しかし注文してからやって来るまであまりに長くて、買ったことすら忘れてた。
まあ安いので、仕方ないのかなー

New Table3

もちろん自分で組み立てるのは当たり前です(笑)
室内を明るくしたかったので、ブラインドを黒から白に変えました。

テーマ : 家具・インテリア - ジャンル : ライフ

One Game Changes Everything@Time Warner Center

World Cup開催中なので、Time Warner Centerに展示されてるアート
WorldCup1.JPG
Cape TownのAm I Collectiveよる出場国のポスター

それぞれの国の特徴や有名選手がユニークに描かれています。

サムライブルー日本 & パラグアイ
WorldCup2.JPG
グループリーグの対戦国(オランダ、デンマーク、カメルーン)のユニフォームを刀で刺しています。

☆全32チーム、こちらでご覧になれます。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Riviera Bakery Cafe

ポルトガルランチの後、おなかいっぱいだったけど
せっかくなのでポルトガルのお菓子を食べに、Riviera Bakery Cafeへ。

Riviera Bakery Cafe1

Pastel de Nata(Custard tart)を戴きました。

Riviera Bakery Cafe2
甘さ控えめでおいしい♪

他にもロールケーキや日本と似てる(日本がパクッた?)焼き菓子などあったけど
どれも特大サイズでした。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ポルトガル料理@Seabra's Marisqueira

今月の異国料理は、ポルトガル料理を食べようってことで
ニュージャージー州Newarkにあるブラジル&ポルトガル人街へ。

1543年種子島にポルトガル人が鉄砲を伝え(戦術変化により織田信長が天下統一)
宣教師によるキリスト教布教、日本は航海術(ポルトガルと言えばヴァスコ・ダ・ガマ)を学び
1582年天正遣欧使節がリスボンに渡って、印刷技術を日本に持ち帰り と
古くから日本と繋がりがある国ポルトガル。

日本人にとって最初に見た西洋人がポルトガル人で
ボタン、ショール、ビロード、メリヤス、襦袢、合羽などポルトガル語から派生した日本語や
南蛮貿易で伝わった南蛮文化には、パン、コップ、カステラ、天ぷら、金平糖
タバコ、かるた、オルガン、ビードロなどいろいろありますね。

ポルトガル料理は、昔マカオのPousada de Sao Tiagoで食べたはずなんだけど
雰囲気のある建物しか記憶に残ってません。。。

WTCからPATH TrainでNewarkまで15分位。
メトロカードは使えますがアンリミテッドは使えません。
PATH
アムトラック、NJトランジット、メトロノース、LIRRは乗ったことあるけど
パストレインに乗るのは初めてなので、小旅行気分。

Newark Station
Newarkは、治安のよくないエリアがあるので
間違えないように駅の南側に出て(親切な人が出口と道を教えてくれた)
Ferry Stを歩いて10分もかからないうちに、Seabra's Marisqueiraに到着。

Seabra's1
外から見たらやってるのか?なカンジがしたけど、お店に入るとアサリの匂いがして
常連さんっぽい人が早くもランチしてました。

まず、干し鱈のコロッケ(Pasteis de Bacalhau)がパンと共に登場☆
Seabra's2
そういえば、揚物料理を最初に日本に紹介したのはポルトガルとか?
バカリャウ(干し鱈)はポルトガルでよく使われる食材で、沢山のレシピがあるそう。

前菜に蛸のマリネをオーダーしたら、てんこ盛りで出てきた!
Seabra's3
プリプリでおいしい!パンもいけます。

メインは、Carne de Porco a Alentejana
Seabra's4
豚肉とアサリの煮込みで、アルテージョ地方の郷土料理らしい。
揚げたポテト&野菜のピクルスも入ってます。

お魚が食べたかったので、イワシ(Sardinha Assadas)
Seabra's5
お野菜と一緒に盛られてきました。

4人でも全部食べきれないので、残った分はお持ち帰り~

☆お料理の写真は、こちらでもどうぞ。

海沿いの国なので、シーフード料理が多く
頼まなかったけどリゾットやパエリアなどお米料理もあるし
日本人には違和感なく戴けます♪
味付けはオリーブオイル、ガーリック、ハーブ、ワインビネガーなどでシンプル。
量が多いので、4人以上で食べるのがいいかも。

4年前お花見しにBranch Brook Parkに行った時は、Newarkのイメージが悪かったけど
ちょうどワールドカップで、ポルトガルが試合に勝った直後で
Ferry Stも盛り上がり適度に人も多くて、普通に歩けました。

Portuguese Republic

ポルトガル・スーパーA&J Seabras Supermarketにも寄りたかったのに
行くのを忘れてしまった。。。

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

Swan Lake@MET

ABT6週目、Swan Lakeを鑑賞。

「踊るギリシャ彫刻」と呼ばれるロベルト・ボッレが観たかったのに怪我で降板(涙)
代役発表がすぐに出ず、イライラしながら待つ間
ゴメスはロッドバルト役だったので、てっきりそれ以外のダンサーが王子役に入ると思ってたら
王子役にゴメスが入り、ロッドバルト役がサヴェリエフ に変更(涙)
でも、ゴメス&パルトのペアも素敵そう♪ だし
ベンノ役がシムキンなので(本人のFaceBookによると)楽しみにMETへ向かうと。。。。

朝出かける時にキャスト変更ないかABTのサイトで確認して出かけたのに
夜METに着いたら、Marcelo Gomes is injured and unable to dance
と書かれたサインが入口に。。。(涙)どうやらリハーサル中に怪我しちゃったようです。
ゴメスは、ボッレの怪我による代役で一週目3日連続で踊った後
毎週踊り倒して、ついに疲れが出てしまったのでしょうか?
シーズン後半になると毎年怪我人が続出するABTですが、回復をお祈りします。

ゴメスだけでなく、お目当てだったシムキンまでキャスト変更(涙)
結局プリンパルダンサーは1人だけになり
開演前からイッキにテンション&期待度が下がってしまった私。。。(失礼!)
が、結果的には満足な舞台となり
頑張って盛り上げてくれたダンサー達に拍手☆

Odette-Odile: Veronika Part
Prince Siegfried : Cory Stearns
Benno, the prince's friend : Jared Matthews
von Rothbart, an evil sorcerer : Gennadi Saveliev and Vitali Krauchenka


白鳥の湖のストーリーと見所は、こちら
SwanLake4

プロローグ ロットバルト登場、人間に化けます。
オデット姫を誘惑した後、正体を現してオデットを白鳥(人形)に変えてしまいます。
パルトの姫オーラを感じましたが
サヴェリエフのロッドバルト、人形のように?出てきた。コワっ
髭は、ない方がいいのにな。

一幕、王子成人の祝宴
ジークフリード王子デビューになったコリー君
2008年コールドから海賊コンラッド役に大抜擢されて話題になり
昨年ソリスト昇格後も、ロミオ役に抜擢され
今季はラバヤ、椿姫、ドンキ、ドリーム、眠り と主役デビューが続き
マッケンジー芸監の期待に応えようとする姿は、まるで5年前のホールバーグのよう。
若くて勢いのあるダンサーが成長していく姿を見るのも楽しい。

初々しいコリー君は、まだ少年っぽい若王子。
前に実物を見た時、ダンサー仲間の友人何人かと一緒にいても一際目立っていたので
スター性は、充分ありそう。
見た目はかわいらしいけど、踊りはエレガントです。
まだまだ結婚したくない感が出ていて、女王や家庭教師が心配するのも納得。
大柄だけどソフトな動きと所作で、演技もなかなか良かった。

ベンノ役は、マシューズ。コールドの時は注目度が高かったけど
ソリスト昇格後は、今ひとつ感があったのですが(期待度が上がったせいもあるけど)
スターンズやシムキンの活躍に刺激を受けたのか?
ここ最近また盛り返してきました!いかにも王子の悪友ってカンジで良かった。

見せ場のパドトロワは、加治屋さん、マシューズ、レーン。
これまで見たパドトロワの中で、一番良かった!
それだけにシムキンでなかったのが残念だったけど
マシューズ&加治屋さんが一緒に踊るのも観れたし
彼だからサポートが上手くて良かったのかも。
3人とも素晴らしい踊りで、特に加治屋さんの軽やかな舞い☆。
コーダの音楽・振付が好きなので、盛り上がると嬉しい。

王子が森に行ってしまうと、乾杯の踊りの後
二幕(インターミッションがないのでセット変換する音がドタドタします)
化け物版ロットバルトは、クラウチェンカ
だんだん彼の上品な化け物にも見慣れてきました。腕や指先の動きが細かい。

湖畔にオデット登場。
マリンスキー仕込みの叙情的な表現と華やかな美貌のため、熱狂的なファンもいるパルト
かなりの緊張しぃなのか、ここ一番に弱いのか
ABTに移籍後、なかなかプリンシパルに昇格しなかったけど
(3年前ガラのローズアダージオのミスが響いたのか)
ロンドン公演での評価が良く、昨年プリンシパル昇格。

王子との出会い。あまり怯えてなさそう?
あの湖は母の涙でできています。私は王女ですが悪魔の呪いで白鳥の姿にされています。
まだ他の誰にも愛を誓った事のない人が真実の愛を誓わなければ、呪いは解かれません
と嘆くマイムは、大きな肢体をたっぷり使ってわかりやすい。台詞が聞こえてきそう。
ややオーバーにも見えるので、この辺りが好みが分かれるダンサーなのかもしれないけど
長身&グラマラスな美女なので、ドラマチックな表現が似合ってます。

見せ場のアダージョでは、長い手足を生かした伸びやかな踊り
腕の表現と美しい脚のアーチが、白鳥っぽくて印象的。
大柄(推定身長175cm?)の割りには、リフトされ上手?
悲哀たっぷりのオデットで、濃い演技。
リハーサルする時間がほとんどなかったと思うけど、まずまずだったスターンズ。
リフトも昨年見た時より、ヨイショ感があまりないです。

Bond、Pavam、Milewski &Riccettoの小さな白鳥
大きな白鳥は、アブレラ&セオのアジア系コンビ
オデットのヴァリアシオンは、音楽ゆったりめ(Ormsby指揮でなくてよかった)
大白鳥なので、一つ一つのポーズに迫力があります。
コーダの音楽が始まると、あー2幕終わっちゃう と思ってしまう。
たらららーら、たらららーら、たららららら、らららららら と盛り上がります。

インターミッションの後、3幕 王子のお妃選びのための舞踏会。
パドトロワの踊りの後、ハンガリー、スペイン、イタリア、ポーランドの王女たち
お妃候補のサポーター?による各国の民俗舞踊
チャルダッシュ、スパニッシュダンス、ナポリ、マズルカ。
スペインの踊りで、ハムーディが目立ってた。帽子はない方がいいのになぁ。
お気に入りのナポリの踊りは、フィリップスサルスタインがピルエット合戦で
会場を沸かせました。このヤングマンみたいな衣装もアメリカっぽすぎる。。。

花嫁候補の王女たち&王子のワルツの後、オディ-ルを連れてロットバルト登場~
王女たちを誘惑してまわり、ソロを踊ります。
サヴェリエフはシェネも綺麗でしたが、もう少し邪気と色気がほしい。
540kickなどド派手な技もする人ですが、悪役より良い人キャラのが似合うのかなぁ。
やっぱりゴメスかホールバーグのロッドバルト~と思ってしまう。。。
まあこの二人のロッドバルトが別格なのかもしれないが。

妖艶で色っぽいオディールと若王子のグランパドドゥ。
二幕では苦悩の表情だったオデットですが
三幕のオディールは、魅惑的な微笑みで王子を誘惑。
ワガノワなのでポーズが美しいパルト。
世間知らずなおぼっちゃま王子は、コロっといかれてしまいます。無理もない。
騙されたと知った後の、嘆きの表現もよかった。

4幕(再びセットを変える音でドタドタします)
湖畔、白鳥たちの踊り。嵐と共にロットバルトが現れる。
王子とオデットの悲しみのPDD。
マッケンジー版4幕は、クライマックスなのに振付が面白くないけど
さっきのセクシーな黒鳥から、悲壮感漂う白鳥になってるパルト。
わかりやすい演じ分けで、まさに女優。
身投げシーンでは、はらはら と葉が散るように落ちていくオデット
スターンズは、オデット待って~スタイルの飛び込み。10点です☆
苦しみ方までエレガントだったクラウチェンカ。
朝日が昇ると、来世で結ばれた二人の姿が浮かび上がります。

SwanLake1

ABT版スワンレイクはエンターテイメント性が高いので、濃厚な演技のパルトとも合いますね。
急遽王子役デビューとなったコリー君、演技も細かく予想してたよりもずっと良かった。
踊り手が変わると違った印象になるので、いろんなダンサーで見たい演目です。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Louie's Oyster Bar & Grille

暑かったので、海辺の街でPiña Coladaでも飲むことに。
映画Meet the Parentsで、撮影に使われたレストランです。

PW4

ランチ食べた後だったので、軽く(どこが?)カラマリと
PW3

クラブケーキを戴きました。
PW2

Manhasset Bayをクルーズするボート
PW1

PARTYしてたのか、音楽ガンガン聞こえて楽しそうに踊ってました。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Big Bambuとピカソ展

恒例メトロポリタン美術館のRoof Gardenへ。
MET ROOF1

今年の展示は、双子兄弟アーティストによる
Doug + Mike Starn on the Roof: Big Bambu(10/31まで)
Bambu1
長さ9-12mの竹とロープを組み合わせた作品で、ジャングルジムのよう?
会期中もアーティストとロッククライマーの制作作業が続き、まだ未完成だそう。
これは先月の写真なので、今は変わってるかも。

Bambu2
竹林のよう。

↓歩いているのは、Guided-Tour(整理券が必要)の人たち。
Bambu4
体重制限は、400pounds未満らしい。
Bambu3

結び目がゆるくなったりしないんだろうか。。。
Bambu5
最終的には高さ15mの波のような形状になるそうで、また見に来なければ~


続いて、Picasso in The Metropolitan Museum of Art(8/15まで)へ。
ピカソと言えば、先月クリスティーズのオークションで
マリー=テレーズ・ワルテルモデルの幻の名作Nude, Green Leaves and Bust
芸術作品史上最高額で落札されて話題になりました。

絵画、版画、彫刻など初公開作品も含めて約300点が展示されています。
不況で借入が厳しいので、Packard Collectionの時のように所蔵作品のみ。
巨大な美術館ゆえ作品数が多過ぎて、普段すべてを飾る場所がなく
倉庫に眠っている古い作品は、展示前に手入れをする必要があるので
このように一挙に公開される機会は少ないです。
1900-68年まで年代順に作風の変化がわかるようになっていて、見応えがありました。

1900年初めてパリに滞在し、ロートレックの影響を受ける。
1901年画商Ambroise Vollardがピカソ初個展をパリで開催。
Picasso
Seated Harlequin 1901

Blue Period(青の時代1901-1904)暗青色を基調とした作品。
親友Carlos Casagemasの自殺にショックを受け、ピカソ自身生活に困窮していた。
The Blind Man's Meal
The Blind Man's Meal盲人の食事 1903

Rose Period(バラ色の時代1904-1907)
恋人Fernande Olivierができて、明るい色調になりサーカスの芸人などを描く。
The Actor
今年1月に損傷事故があったThe Actor役者 1904-5

キュビズムへ移行前
Gertrude Stein
Gertrude Steinガートルード・スタインの肖像 1905-6

Protocubism(1907-1909)アフリカ彫刻の影響を受けた「アビニヨンの娘たち」
MoMA
MoMA所蔵のLes Demoiselles d'Avignon 1907

Cubism(キュビズム1909-1918) 画商Daniel-Henry Kahnweilerの支援を受ける。
NUDE IN AN ARMCHAIR
Nude in an Armchair 1909-10 
1912年分析的キュビズムから総合的キュビズムに発展。

Neoclassicism(新古典主義1918ー1925) 人物画を多く描く。
恋人マルセル・アンヴェール(エヴァ)が病死してショックを受けたピカソに
友人ジャン・コクトーが、バレエ・リュスの舞台美術を依頼したことがきっかけで
1918年バレリーナのオルガ・コクローヴァと結婚。1921年長男Pauloが誕生。
Olga
Olga Picasso 1920
1955年病死するまでピカソとの結婚が続きました。

Woman in White
Woman in White白い服の女 1923

Surrealism(シュルレアリスム1925-1935)
Nude Standing by the Sea
Nude Standing by the Sea 1929

愛人Marie-Th醇Pr醇Qse Walterをモデルにした
Girl Reading at a Table
Girl Reading at a Table テーブルで読書をする少女 1934
1935年Mayaが生まれた翌年ドラ・マールと付き合い始める。

1936年プラド美術館館長に任命される。
写真家Dora Maarをモデルにした「泣く女」はバリエーションが沢山あるそう。
Dora Maar in an Armchair
Dora Maar in an Armchair 1939 
ドラは1937年ゲルニカの制作過程を写真に記録しています。

映画Surviving Picassoに登場した画家Fran醇Moise Gilotとの間に
1947年Claudeと1949年Paloma(鳩好きのピカソがパロマと名付けたとか?)が誕生。
ピカソは1947年から南仏Vallaurisの工房で陶器製作をする。
フランソワーズ・ジローはピカソと別れた後、画家Luc Simonと結婚。
『LIFE with PICASSO』を出版してミリオンセラーに。
1970年米医学者Jonas Salkと再婚して米国に移住。

1961年ピカソはジャクリーヌ・ロックと2度目の結婚。
Head of a Woman
Jacqueline RoqueをモデルにしたHead of a Woman 1960

ジャクリーヌと結婚後、ドラクロワやマネなど巨匠作品のアレンジをしたり
エロティックな銅板画を制作。
Woman and Musketee
Woman and Musketeer 1967

晩年の作風は、のちの新表現主義に影響を与えます。
1973年91歳でこの世を去りました。
ピカソが亡くなった4年後マリー・テレーズが自殺。ジャクリーヌも1986年自殺。

☆MoMAでは、ピカソの版画展が開催中(8/30まで)

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報