Giselle@MET Vol.2

マチネに続いてソワレ鑑賞。ロイヤルバレエのプリンシパルAlina Cojocaruがお目当てです。
17歳でキエフバレエのプリンシパル、1年後英国ロイヤルバレエに移籍し
わずか1年半足らずで、コールドからプリンパルに一気に駆け上がった世界のトップダンサー。

昨年見逃してしまったけど、今年もまたゲストアーティストで出演してくれて嬉しい。
コジョカルのABTゲスト出演は、2003年「ラ・バヤデール」、2010年「眠れる森の美女」に続いて
今年はガラ(ローズ・アダージョ)、ドンキ2公演、ジゼル、眠れる森の美女の5日間に出演。

相手役はイーサンの予定でしたが、9月からロイヤル・ニュージーランド・バレエの芸術監督就任が
昨年決まりUNCSA School of Danceの仕事に専念する と4月に発表されて
METシーズンを降板(涙)ホールバーグに変更に。
ホールバーグも好きだけど、イーサンのアルブレヒトが見たかった。。。
さらに、ミルタ役を踊る予定だったジリアンが怪我で降板。。。
まだ2週目なのに、怪我人続出のABTです。

Cojocaru7

Giselle: Alina Cojocaru
Albrecht: David Hallberg
Hilarion: Jared Matthews
Peasant Pas de Deux: Sarah Lane, Daniil Simlin
Myrta: Stella Abrera


一幕、コジョカルが登場すると、会場が大拍手~
ジゼルが十八番らしく、いろんな版で何度も演じてるそうですが
髪はアップにせず下ろしていて、髪飾りがかわいい。
ホールバーグとは身長差がかなりあって、見上げるカンジ(推定身長157cm?)
心臓が弱い儚さを垣間見せながら、純真可憐な村娘でジゼルそのもの!
踊ることが大好きで、恥らう仕草は恋する乙女満開で魅力的。
この初々しさがアルブレヒトを夢中にさせたんだろうなぁ と思わせる
お芝居が細かくて、ごく自然なカンジ。私が男なら惚れてる。

体重を感じさせない優美な足捌きで、もう半分ウィリーになりかけてるよう?
ホールバーグとユニゾンで踊るところも、2人のラインが美しい~
ヴァリエーションでは音楽と戯れてるようで、風が舞うようなピケターン。
正気と狂気が行き来した狂乱シーンは大袈裟に演じず、静かに息絶えて胸が痛みました。

お坊ちゃま貴族を演じるデヴィッド君、脚が長いせいかジュテの滞空時間の長いこと!
自分の身分が明らかになった時は、事の重大さに気づき本気で後悔しているようで
心の動揺をストレートに表現。
2年前のデビュー公演より進化して、コジョカルとの相性も悪くなさそう。

マシューズのヒラリオンは、あまり森番っぽくないけどマジメそう。
こういう人と結婚した方が大切にしてくれるよジゼル と言いたくなる。
ジゼル想いのいい人なのに、2幕で殺されてしまうのがお気の毒。

実は悪女キャラも好きなので、バチルド姫も上手く演じる人だと嬉しい。
Luciana Parisは、上流階級の尊大さがよくでていて
「まさかこの娘に手を出したんじゃないでしょうね?」って台詞が聴こえてきそうでした。

ペザントのPDDは、見たかったレーンシムキン!優雅な雰囲気で農民には見えない(笑)
アダージョでは笑顔がなかったシムキン、partneringでは苦労してたけど
ヴァリエーションは素晴らしく、このPDDはソロの踊りが2回あるのでトクした気分♪
ブルグミュラーの音楽にのって、軽やかに跳んで
ラストのピルエットも美しく回転して、観客からもホ~ッと溜息が聞こえたような。

2幕、ミルタ役はフィリピン系のエキゾチックな雰囲気のアブレラ。威厳があってよかったです。
3年前ジゼル役にデビューするはずが怪我で降板してしまったので、いつかジゼル役も見たい。
ドゥ・ウィリは、モイナがリチェット、ズルマがセオ
良かったけど、加治屋さんで見たかった。。。

ミルタにお墓から呼び出されてジゼル、アラベスクの回旋
コマのような超高速回転が驚異的!ファイイ・アッサンブレで右へ左へとairyに漂う。
本当に人間でなくなっちゃったのねー
はっと息を飲むジュテから高速シェネ。パワフルでありながらも、優雅。
さすがコマネチを目指してた元体操選手なだけあって、すごい身体能力です。

麗しいデヴィッド君が百合を抱えて登場~タイツの色が薄めなのでより美脚に見える☆
悔恨の情に打ちひしがれて、マントをなびかせる姿がカッコいい(痛いファン)
ゆったりと流れる音楽での再会シーンは、再び心が通い合う二人だけの時間。
そーっと伸ばした手が届きそうでいて、すーっと離れていってしまう
儚さや浮遊感が何とも言えない。

ヒラリオンがウィリに殺されちゃうシーン、踊りも演技も迫力ありました。
マシューズは先週見たドンキのエスパーダ役よりも、この役の方が好きかも。

見せ場のPDDは、圧巻でした!股関節柔らか!
デヴェロッペする時に脚を上げたり、足を下げながらアラベスクに移るのが速い~
背中のラインが美しく(背筋はすごいが)ポーズのキープもたっぷりめ。
複雑なステップも余裕をもってこなし
人間離れした精霊の雰囲気に、会場の空気が変わりました。

コジョカルと踊ると、ホールバーグのソロも素敵度がアップして
アントルシャ・シスを繰り返し跳び続ける足先が美しい~
美しすぎてバレリーナみたいだ。

永遠の別れ、ジゼルは一輪のデイジーを残して去って行き
その花を拾うアルブレヒト。。。

Cojocaru1

観客のハートを鷲づかみにした2人。超現実な世界を魅せてくれました☆

Cojocaru6
コジョカルのジゼルは見ておくように!と助言して下さったバレエ友に感謝~

☆NY Timesの記事写真

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Giselle@MET Vol.1

マックスが怪我で降板して、英国ロイヤルバレエのプリンシパル
Johan Kobborgが、土曜マチネに急遽代役で踊ることに。
ソワレを観る予定だったので、せっかくの機会だし当日ボックスオフィスに行ってみたら
お天気の良いMemorial Weekendでビーチに行く人が多かったのか?上の階だったけど
残席があリ、突然ダブルヘッダーすることになりました。

Kobborg4

コボーは、2006年Kings of Danceと2007年Fall for Dance Festival
NYCセンターでAfternoon of a Faunを踊って以来?
公私共にコジョカルのベスト・パートナーで
今回一緒にNYに来てたのは知ってたけど、まさかMETで踊ってくれるとは!
おまけに、金曜にプロポーズしたそう♪
どうせなら一緒に踊ってるところが見たかったけど、それだとABTにならないか。

Giselle: Irina Dvorovenko
Albrecht: Johan Kobborg
Hilarion: Isaac Stappas
Peasant Pas de Deux: Isabella Boylston, Mikhail Ilyin
Myrta: Michele Wiles


ジゼルのあらすじと見所は、こちら

一幕、コボー登場。デンマーク人のわりに、長身でないんですね。
あまり貴族っぽい雰囲気でないけど、いかにもプレイボーイってカンジ。
アルブレヒト、ソロル、ジークフリード王子、フランツ、ジェームズ とバレエの男キャラは
どうしようもないのばかりだけど(まともなのはデジレ王子くらい?)
中でも、アルブレヒトはやっぱり好きになれない と思わせてくれるような演技。
ヒラリオンとやりあう場面も迫力がありました。
そういえば、コボーは俳優一家で育って子役をしてたんでしたっけ?
バレエは踊りが上手いだけではダメで、演技力も必要なんですよね。

コボーは、バレエを始めたのは16歳と遅いけど
6年後にはデンマーク・ロイヤル・バレエのプリンシパルに。天才か?
1999年から、英国ロイヤル・バレエのプリンシパル。
そういえば、6月デンマーク・ロイヤル・バレエのNY公演がお隣の劇場であります。

ジゼルの家からイリーナ登場。あいかわらずお美しい☆
演技はかわいい路線だけど、村娘にしては美人すぎ?
代役発表があったのが2日前だったので、リハーサルする時間は充分あったんだろうか?
2人の間にあまりケミストリーは感じなかったけど
ヴァリエーションでは、音楽性のある踊りで軽やかでした。
狂乱のシーンの演技はイッチャッテル感があり、倒れ方まで美しい~

ヒラリオン役のスタッパスはいつも以上の熱演で、さらにキャラが濃くなったような。
ストーカーすぎて、ちょっとコワイ?悪役っぽいけど
そんなにイヤがらなくても ってくらいジゼルに好かれてなくてかわいそう。
膝下が長いから、スカートみたいな衣装も似合ってます。

バチルド姫は、Leann Underwood
狩りに向かうクールランド公爵一行の絢爛豪華な列が下りてくるのですが、この坂道が
身分の上の者が、下界におりて来たってカンジが出てる。
狩猟犬役で?本物のワンコ(ボルゾイ)が登場すると、いつも客席がざわめきます。

ペザントのPDDは、ボイルストンイリーイン
このペアで見たのは初めてだったけど、まずまず。
ボイルストンのヴァリエーションはキレがありました。

2幕、ヒラリオンが夜の森を訪れて、ジゼルのお墓に立てるクロスを作ってます。
アクションが大きいスタッパス。
ウィリーの大ボス、ミルタ役はワイルズ。ちょっと重たそう?ミルタだからコレでいいのか?
コーダの盛り上がりは良かったです。
ウィリーのプチボスは、メスマーZhong-Jing Fang
群舞は、ソワレよりも良かったかな。

ジゼルが、ミルタに呼び出されるシーン。
アラベスクのままア・テールで高速回転、宙を舞うファイイ・アッサンブレ。
どんな動きでも音楽と一体化して踊るところが好きです。

ウィリたちが去って、アルブレヒト登場
ジゼルの幻影が現れて、「死んでしまったジゼルがなぜ?」と
最初に疑問を持ったカンジがよかった。
まず「なぜ?」と、その後に後悔する気持ち と丁寧で自然な演技だったような。

踊りも演技も熱かったヒラリオン、ウィリたちに踊り死にさせられて
次の犠牲者、アルブレヒトをかばうジゼル。
ヴィオラが奏でるメロディーで始まるPDDは、息を飲むほどの美しさ。
透明感があり、白のバレエがピッタリなイリーナ。
毎回違うように演じてるんだろうけど、この日はいつもの冷んやり感よりも
暖かみのあるジゼルで、アルブレヒトへの愛を感じました。

無重力リフトが素晴らしいコボー。軽々としたサポートが見事でした。
踊り狂いを余儀なくされるアルブレヒトのコーダは、ブリゼではなく連続アントルシャ・シス。
さすがブルノンヴィル仕込みの脚さばき。
ついに倒れたアルブレヒトが死を迎えようとする直前、夜明けを告げる鐘の音。
安堵するジゼルは、それまでのウィリの浮遊感から一転して
重みを感じるリフトで、一瞬人間に戻ったかのよう。
永遠の別れは、アラベスクパンシャで余韻たっぷりに魅せて
消えていきました。。。

Kobborg1
イリーナのジゼルを観るのは3回目。いつ見ても、うっとりします。

Kobborg3
背は高くないけど、サポートが上手なコボー。シムキンもぜひ見習ってほしい!

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Bomboloni

アッパーウエストにあるBomboloni

ボンボローニとは、イタリアの揚げドーナツらしい。
Bomboloni
こちらはミニサイズ

クリームブリュレ、ティラミス、ラズベリーなど種類が沢山あり
ダンキンドーナツのように、6コ買うとおトク。

パニーニやジェラートもあり、小さいお店ですが外のテーブルで戴けます。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

New York Burger Co.

ハンバーガーの気分だったので、New York Burger Co.

New York Burger(all natural Angus beef)
New York Burger
ブリオッシュスタイルのバンズです。

オーダーしてから作り始めるので、Shake Shackのように出来上がると
ブルブル振動して知らせてくれる機器を渡されます。

ハンバーガーは、ミニサイズもあり
トッピングがいろいろ追加できて、ソースの種類が多く
サラダやスムージーなどメニューも豊富。

健康志向の人向けに?Turkey BurgerやVegetarian Blackbean Burgerもあります。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

German Expressionism@MoMA

German Expressionism: The Graphic Impulse(7/11まで)をMoMAで鑑賞。
German Expressionism1

第一次世界大戦前後、20世紀初頭ドイツで起こった前衛芸術運動
ドイツ表現主義の作品展で、MoMAのコレクションのみからの展示。

German Expressionism2
Dancer in the Mirror 1923 Max Pechstein

これまでの写実主義のような外面的特徴を描写表現したものではなく
当時のドイツの政治的、社会的状況を絵画、音楽、文学、演劇、映画、建築などの
芸術分野に色濃く反映したもので、思想的な運動でもありました。

1905年ドレスデンで生まれた芸術家集団ブリュッケ(橋派)に所属してた
キルヒナーやエミール・ノルデ
1911年ミュンヘンで「青騎士」を結成したカンディンスキー
他にもマックス・ベックマン、ケーテ・コルヴィッツ、オットー・ディクス
オスカー・ココシュカ、エゴン・シーレなどの作品も。

メッセージ性が強く、さまざまな内面感情が表現されています。
強調した輪郭やデフォルメされた形態、色使いが印象的。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Epicerie Boulud

Bar Bouludのお隣にできたEpicerie Bouludを覗いてみることに。

サンドイッチやクロワッサン、ペイストリー、焼き菓子など
おいしそうなものがいろいろ売っています。
ToGoして外のテーブルで戴けます。

エコバッグも戴きました。
MACARON DE NANCY AU CHOCOLATがおいしかった♪
Epicerie Boulud
夕方でチョコレートクロワッサンが売り切れだったのでApricot Danish

さらにお隣には、レストランBoulud Sudもオープン。
ダニエルさん、商売上手ですね?

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Salumeria Rosi

バレエ開演前に、Salumeria Rosiでランチ♪

イタリアの高級サラミメーカー、パルマコット社直営レストランだそう。
デリ・コーナーと小さなダイニング・スペースがあります。

タパスのような小皿料理なので、おなかいっぱい食べる時は
いくつか選んでシェアするのがよさそう。

Salumeria Rosi2
GNOCCHI DI BATATA

Salumeria Rosi1
FARROTTO DELLA GARFAGNANA I.G.P. MERCATO

Salumeria Rosi3
DOLCE DI CIOCCOLATO お料理のサイズのわりにデザートは大きめ。

☆写真は、こちらでもどうぞ。

シックな店内は、常連さんっぽい人たちで賑わっていました。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Don Quixote@MET

お楽しみのABT@METシーズンが開幕しました♪ガラの写真は、こちら
Tchaikovsky PDDを踊った後、イーサンがジリアンにプロポーズしたそう
DonQ1

一週目の演目はドンキ、ABTの十八番である人気作品。
去年2回見たので今年はいいかなーと思ってたら
シムキンが踊るので、やっぱり見に行くことに。
ABT唯一の日本人ダンサー加治屋さんも、ついにキトリ役デビュー@METです。

ダニール・シムキンの全幕バジル役デビューは、2007年リトアニア国立オペラ
日本でも、世界バレエフェス東京バレエ団に呼ばれてバジル役を踊っており
やっとMETでもバジル役デビューです。
彼のスーパーテクニックを堪能しようと、かぶりつきのSide Parterreで鑑賞。
DonQ3

加治屋さんを初めて観たのは、まだコールドだった2005年。
2007年「情熱大陸」に出演した頃からソロの踊りを抜擢されだして、ソリストに昇格。
どんどん演じる役が大きくなって、昨年くるみ割り人形で初の主役@BAM
ドンキは、2009年中国公演で3幕だけシムキンと踊って
昨年SoYouThinkYouCanDanceに出演した時、3幕PDDアダージョをマシューズと披露。

ドンQのストーリーと見所は、こちら
DonQ2

Don Quixote : Vitali Krauchenka
Sancho Panza : Jeffrey Golladay
Kitri : Yuriko Kajiya
Basilio, a poor barber : Daniil Simlin
Gamache, a rich nobleman : Alexei Agoudine
Lorenzo, Kitri's father : Roman Zhurbin
Mercedes, a street dancer : Stella Abrera
Espada, a famous matador : Jared Matthews
Flower Girls : Renata Pavam & Simone Messmer
Gypsy Couple : Misty Copeland & Arron Scott
Queen of the Dryads : Stella Abrera
Amour : Gemma Bond


水曜マチネのせいかプリンシパルは踊らず、ソリスト&コールドだけのフレッシュな舞台。
個人的には、回転系で盛り上がるドンキが好きなので
妖精っぽい踊りの加治屋さんに、キトリ役ってどうなんだろう と思ってたのですが
1幕カスタネットのソロでは、歯切れのよい踊り。
200度近く開脚した海老反りジャンプ(勝手に命名)では、ポワントが頭につきそうでした。

ディテールにこだわった丁寧な踊りで、2幕ドルシネア姫はリリカルで素敵でした。
Barkerさん指揮のゆったりめな演奏(早くなりすぎるOrmsbyでなくてよかった)が
彼女の柔らかい雰囲気と合っていたような。タメのあるポーズが美しかった。
随所にバランス技も魅せてくれて、オーロラ役も似合うかも。
3幕盛り上がりのフェッテは、すべてシングルで物足りなさはあったものの
(昨年同じ席からジリアンのキトリを見てしまったので)
ピケターンはよかったです。

シムキンのバジルは動画で散々観てたけど、ガラや脇役の時とは違って
全幕主役ではテクニック誇示は控えめなカンジ。
パートナーシップに集中していたのか、ジェントルマンな雰囲気。
1人で踊る時は素晴らしいけど、ペアで踊る時のパートナーリングが弱い と言われてるので
片手リフトとフィッシュダイブでは、親心モード と言うか親戚のオバちゃん気分でドキドキしました。

1幕片手リフトの1つ目は、すぐ下ろしてしまったものの
2つ目はタンバリンも鳴らせて、まずまずの見せ場になりました!
が、フィッシュダイブは1幕、3幕共、ちょっと大変そうでしたね~
それ以外のリフトは、かなりヨイショ感がなくなり
ピルエット回しのサポートも上手くなったような?(ファンの贔屓目?)
リフト強化プログラムのような?くるみ割り人形で鍛えられたのでしょうか。

パリの炎」「Everything Doesn't Happen at Once」「Les Bourgeois」や
Dream」の時ほどの爆発感はなかったものの
高速シェネや緩急自在のピルエットには、惚れ惚れしました。
ヴァリエーションでは、美しいアラベスクで降りてくるザンレール
コーダでは、背面跳び(トゥール・ド・レン?)のマネージュの後に540 と
超絶技巧をさらっと決めても、あくまでもエレガント。
私のツボにハマッたのは、背中の反り具合
1幕flower girlsとのパ・ド・トロワで魅せた、ランベルセって言うんですか?
女性顔負けの柔らかさ。あの動きをあれだけ綺麗に魅せる人はいないでしょう~

日本在住のバレエ友から戴いた写真集   ありがとうございます☆
Simkin
いつも出待ちをされてる方に預けたらサインをもらってきて下さいました~

2人の身長差・体型のバランスも良く、着地音がしないふわふわした浮遊感がある踊り
柔らかいアームスの動きや、ユニゾンで踊るところも揃っていて綺麗でした。
あまりにも2人が軽やかすぎて、群舞の踊りが重たく見えてしまいましたが。。。

メルセデス&ドリアード女王は、お気に入りのアブレラ
イタリアンフェッテで拍手をもらっていました。
エスパーダはラディツキーの予定が、マシューズに変更になり
夫婦で踊るところが観られず残念~
マシューズはまずまずだったけど、もう少し濃いラテン色があってもよかったかな。
キャラクター役は以前観たメンツだったので、小芝居も楽しめました。

DonQ4

優雅で爽やかなドンキを演じた2人、今後の活躍も楽しみです☆

DonQ6

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

The Chocolate Library

イーストビレッジにあるThe Chocolate Library
Chocolate Library1

店名の通り、棚にはいろんな国のチョコレートがズラ~ッと並んでいます。

Chocolate Library2
象に惹かれて、ベルギーのCOTE D'ORを。

☆閉店しました。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

初夏のRockefeller Center

から夏になったロックフェラーセンター。Rink Barがオープンしました。
Rock Center Cafe1

今年は暖かくなるのが遅いNYだけど、アメリカ人は外で飲食するのが好きですねー
Rock Center Cafe2

Bouchon Bakeryもやっとオープンしました!
Rock Center Cafe3

近くにMagnolia BakeryJacques Torresもあるし、有名店が増えてきました。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報