FC2ブログ

The Bright Stream@MET

ラトマンスキー振付の新作「The Bright Stream」を鑑賞しにMETへ。
The Bright Stream1

観る予定でなかったけど、コルネオの代役にボリショイのイワン・ワシリエフがゲスト出演する! 
と言うことで、急遽チケット購入して見に行くことに。
YAGPガラで初めて彼の踊りを見て、衝撃を受け
オシポワと一緒に踊ってくれたらよかったのに とつぶやいたら
なんとMETでオシポワと共演することに!ブログでつぶやいてみるものです。

1986年モスクワ生まれのオシポワと1989年ウラジオストク生まれのワシリエフ
2人揃って昨年プリンシパルに昇格。
オシポワのABTゲスト出演は、2009年「ジゼル」と「ラ・シルフィード」
2010年「ドンキ」「眠れる森の美女」「ロミオとジュリエット」に続いて
今年は、明るい小川2公演、コッペリア2公演に出演。
ワシリエフのABTゲスト出演は初めてで、明るい小川2公演とコッペリアに出演。

明るい小川」は、2005年ボリショイバレエNY公演で上演されましたが
当時は今ほどバレエにはまってなかったので、「ファラオの娘」一演目を観たのみ。
初めて観る演目なので、ストーリーはこちらで予習。

The Bright Stream2
緞帳には旧ソ連の国章、鎌と槌、麦の穂が描かれています。

Zina: Xionara Reyes
Pyotr: Ivan Vasiliev
Ballerina:Natalia Osipova
Ballet Dancer: Daniil Simkin
Accordion Player: Craig Salstein
Galya: Maria Riccetto
Garvrilych: Alexei Agoudine
Milkmaid: Simone Messmer
Tractor Driver: Issac Stappas


音楽がショスタコーヴィチのバレエ(他にも「黄金時代」「ボルト」など)は
初めてだったけど、ロシアのバレエ音楽はみんないいですねー
明るい小川」は1935年に初演されるも、共産党機関紙プラウダで(スターリンに)批判されて
お蔵入りに。2003年ラトマンスキーが再振付して蘇演。今年1月ワシントンDCでABT初演。
バレエを観てこんなに笑ったのは2006年シンデレラ以来?
上演時間は2時間弱と短いけど、中身は盛り沢山な楽しい演目☆

舞台は1930年代旧ソ連時代のコーカサス地方コルホーズ(集団農場)で
(The Bright Streamは、農場の名前です)
そこに1つの社会があり、いろんな職業の人たちがいて配役名になってます。
モスクワから来たダンサーたちとのドタバタコメディ。

一幕、収穫祭にモスクワ劇場から芸術慰問団の到着。
バレリーナとバレエダンサー、アコーディオン奏者がやって来ます。
農業技師ピュートルと結婚して農場に住むジーナ(元バレリーナであることを皆は知らない)
品質検査官ガヴリールィチ、女学生ガーリャ、トラクター運転手、搾乳婦
初老の別荘住人夫婦 と登場人物が多いけど、衣装と振付でキャラがわかって面白い。
主役以外の見せ場も多く、みなさん芸達者で笑えます。
古い映画に出てきそうなバレリーナやガーリャの衣装が、レトロでかわいい。
 
ジーナはバレエ学校時代の旧友と偶然再会して大喜び。昔を思い出して一緒に踊ります。
でもジーナの夫ピョートルが、バレリーナに一目惚れしたようで憂鬱に。。。
レイエスとオシポワのユニゾンの踊りあり。
オシポワの軽快なポワントワーク。パワフルでキレがあり、軽やかでした。
レイエスも手堅い踊りで、2人とも可愛い雰囲気が出てた。

古典と違って群舞が賑やか。運動量を多くて大変そうだけど、新鮮に見えます。
バレエには珍しく床に手をついて側転する振付あり。

ワシリエフはダサめな?農村技師のキャラが似合ってた。
ロシア系のわりには手足が短く、ボリショイでは背が低い方だと思うけど
そんなことは忘れてしまう身体能力。なかなか降りてこないジャンプがすごい。
少々荒っぽく(役柄のせい?)パワフルな踊りで
ピルエット・アンドゥオールの途中では、跳躍しながら回転してた。
背面跳びマネージュの後に、さりげなく540。

優秀な農場の作業員にプレゼントを渡して、受賞者達はみんなから祝福され
楽しいダンスが始まりま~す。
コサックダンスが得意そうなガヴリールィチ、初老の別荘住人夫婦のシャコンヌ
トラクター運転手と搾乳婦は、日々の仕事をコミカルに踊ります。

ボリショイでは岩田さんが演じてたアコーディオン奏者、サルスティンのキャラに合ってます。
この役カッコいいですね。一緒に踊りだすガーリャを演じるリチェットの演技もかわいい。

オシポワはシムキンとのPDDの後、ワシリエフへのダイブが思い切りがよくて
客席から声が上がるほど。私生活でもパートナーなので安心して飛び込んでいけるのかな。
オシポワが勝手に回って自分で跳び上がってくれるので、シムキンのサポートは
軽く手を添えるだけでよかったような。アイスダンスのローテーションリフトのように
グルグル振り回すのは大変そうでしたが。
シムキンのソロは、こういう踊りでもエレガント。音のとり方が上手いですね。

ハイライトは、何と言ってもオシポワ!男性顔負けの迫力ある跳躍にビックリ!
高地の住人とクバンの作業員の勇壮な民族舞踊に触発されて、思わず踊りだすシーンで
連続グランジュッテを繰り返すんだけど、プレパレーションなしで軽々跳んでた。
スピードがあり力強くて、しかも美しい~

バレリーナに一目惚れした別荘住人おじさん、男性ダンサーに惚れた若作りの妻
ガーリャを気に入ったアコーディオン奏者、それぞれの相手とひそかに会うことを考える。
ジーナがダンサーだったことを知ると、皆はビックリ。
レイエスは、キレのある回転技を披露。
浮気夫ピョートルをこらしめようとバレリーナとバレエダンサーが一肌脱ぐことに。
(それがなんで女装?男装?なのかは??だけど)

2幕、いたずらな計画を一つづつ実行していきます。
癖のある役のサルスティン、キザでちょい悪っぽい踊りでガーリャにせまります。
このシーンの振付、音楽に合ってて一番好きかも。ガチンスキーを思い出した。
犬の着ぐるみを着たトラクター運転手役スタッパスが、得意の演技で笑わせて
ワンワン吠えてアコーディオン奏者を追いかけます。

浮気心を出した初老の別荘住人と女装バレエダンサーの踊りは、最大の見せ場?
シムキンのシルフィード姿、可憐でチャーミングすぎ!本当は爆笑するシーンなんだけど
遠目で見ると一瞬女性?と見間違うほどロマンティックチュチュ&花輪がお似合いです☆
ウィリのように?舞台を超高速で横切り(笑)シルフ役もできそうだ。
ポアントワークも見事で、アラベスクパンシェも披露!
動きも柔らかくて、あまり違和感がないのがすごい。
もっと男性的でデカい人がやる方が、ドリフっぽくて笑えるかも?
初老の別荘住人のウオッカの瓶を奪って、大股開きでガブ飲みする小芝居あり。

別荘住人の妻は、男装したバレリーナを誘惑。
男に変装したオシポワは少年のよう。踊ると宝塚の男役スターみたいでカッコいい☆
1幕シムキンが踊ったのと同じ振付があり、男前な踊りだけど
その中にも軽やかな上品さがあります。
若作りの派手な勘違いおばさんも、コミカルな動きで笑える。

バレリーナとデートするピョートル。仮面をつけてバレリーナに扮した妻ジーナとのPDD。
他の女性とのデートに自分の奥さんが仮装して現れるのって
「フィガロの結婚」や「こうもり」もそうだけど、世界共通のユーモア?
最後まで自分の妻だとは気がつかず、バレリーナだと思って花まで渡します。
男装のバレリーナが、別荘の住人に決闘を申し込むドタバタ劇も面白い~

ラストの収穫祭では、ジーナとバレリーナが同じ衣装と仮面をつけて踊ります。
おバカなピョートルは、二人が仮面をとって初めて
自分がデートしてたのが妻ジーナであったと気づき、許してもらってハッピーエンド。
二人の和解とコルホーズの豊作を祝って、全員が陽気に踊り騒いで
ラストは観客席に向かって手を振りながら、幕。

The Bright Stream5

どのキャラも個性があって演技も細かくて、目が離せませんでした。
美術や衣装も、その時代の雰囲気がたっぷり。
コメディなんだけど踊りが満載で、群舞の操り方も上手く
リズミカルな音楽を視覚化したラトマンスキーの振付が素晴らしい~
ダンサーたちも楽しそうでエンターテイメント性があり、ABTに合ってるかも。
来年もレパートリーに入ってるといいなー

☆NY Timesの記事はこちら

The Bright Stream3

センスの良さを感じた振付で、来月の「イワンと仔馬」「アンナ・カレーニナ」も楽しみです♪

ラトマンスキーとABTとの契約は2023年まで、毎年最低1作品を新作か再振付するそう。
来年は、ストラヴィンスキーの「火の鳥」を振付&METで上演することが決まっています。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Section 2 of the High Line

空中公園The High LineのSection 2が、6/8にオープンしました~

Section 2は、20thから30th Streetまで北に伸びました。入口は23、26、28、30丁目です。
High Line5
ながーいベンチが続いています。

High Line7

階段や芝生でくつろぐ人たち。
High Line3


High Line8

30th Stと10Aveの高架下にはビアガーデンThe Lot on Tapができてました。

High Line9
Food Truckもいるので、軽食も戴けます。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Oceanview Cafe

ランチの後、ロシア系デリでお買物。毛皮のお店も多くて異国情緒たっぷり。

M & I International FoodsFood HeavenTaste of Russia
Golden Label Russian Deliなど、Brighton Beach Ave沿いに何軒もあります。
デリで好きな物を買って、2階で食べるのもよさそう。

Brighton Beach2
買物の後は、Oceanview Cafeでお茶タイム♪
Brighton Beach3

店内に二クラス・ケイジの写真が貼ってあったけど
映画「Lord of War」の撮影で来たのかな?
70年代ウクライナからブライトンビーチに移住した武器商人のお話で
何人かの武器商人から得た情報を基に作ったキャラクターだそう。

クレープを食べた後、ビーチをお散歩。
Brighton Beach4

コニーアイランドまで続くボードウォーク。
Brighton Beach6

翌日ここで発砲事件があったニュースを見て、ビックリ!

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

グルジア料理@Primorski

ユダヤ系ロシア人街に行ってみよう ってことで、ブルックリンのBrighton Beachへ。
地下鉄BかQラインのBrighton Beach下車。
黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方の国、グルジア料理店Primorskiでランチ♪
Primorski8

1991年旧ソ連邦から独立した国、グルジア と聞けば
フィギュアスケーターのエレーネ・ゲデヴァニシヴィリ、アイスダンスのオタル・ジャパリゼ
そして、偉大なバレエダンサー☆ニーナ・アナニアシヴィリを思い出します。

まずはビールで乾杯。ロシア&チェコのビール♪
Primorski1

Primorski7
$5.99の激安ランチスペシャル(スープ、サラダ、コーヒー付)があります。

Primorski3
Kharcho ハルチョー(Lamb & Rice Soup)とグルジアのパン

Primorski2
キャベツのサラダ

Primorski4
Chicken Stroganoff & Mashed Potato

アラカルトメニューから、Eggplant Rolled with walnut
Primorski5

Khinkali グルジア餃子ヒンカリ シルクロードを渡ってきたんでしょうか?
ウズベク餃子マンティを思い出します。
Primorski6
皮がモチモチして、スパイスで味付けされたお肉が入ってます。

☆写真は、こちらでもどうぞ。

薄暗い店内には、ステージやミラーボールがあって
夜はクラブになるのかな?不思議な空間でしたが
お料理は、意外とあっさりしていておいしく戴けました。

次は、どこの国のお料理を食べようかな~

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Lady of the Camellias@MET

バレエ「椿姫」を鑑賞しにMETへ。
振付したジョン・ノイマイヤーは、デュマ・フィスの小説を愛読してたそうで
オペラと違って、原作により忠実です。

Lady of the Camellias3
デュマ・フィスと恋仲だったパリの高級娼婦マリー・デュプレシがモデルとなった小説。

音楽もオペラと異なり、ノイマイヤー自身がポーランド人の血をひいていること
ショパンも(マルグリッドのように)若くして病に倒れたこと
19世紀中頃、社交界でショパンがもてはやされたことから
小説と同時代のショパンの曲が使われています。
(ショパンとジョルジュ・サンドとの恋愛関係も想起させる)
数日前からショパンを聴きながら原作を読んで、どっぷり物語に浸ってました。

初演1978年シュトゥットガルト州立歌劇場、ABT初演は2010年。
昨年見逃したので初めての鑑賞。「踊るギリシャ彫刻」と呼ばれるボッレがお目当てです。
Lady of the Camellias1

Marguerite Gautier: Julie Kent
Armand Duval: Roberto Bolle
Manon Lescaut: Veronika Part
Des Grieux: Eric Tamm
Monsieur Duval: Victor Barbee
Prudence Duvernoy: Xiomara Reyes
Gaston Rieux: Jared Matthews
Olympia: Hee Seo
Count N.: Julio Bragado-Young


開演前から緞帳が上がっていて、舞台にはいくつかの家具が置かれて
「Auction 16 March 1847」と書かれた看板があります。
指揮者入場も拍手もなく、音楽なしで無言のお芝居がいつの間にか始まります。
Lady of the Camellias4

プロローグ、マルグリット邸で遺品の競売風景。客席の明かりがついたまま
黒マントを着たナニーヌ(マルグリッドのメイド)が登場。
全員喪服のような黒の衣裳で、男達が次々と入ってきて家具を運び出しています。
N伯爵やデュヴァル氏、プリュダンス、オリンピアがやって来て部屋の中を見渡しています。
ソナタ第3番ロ短調作品58第3楽章(2人のテーマ曲)を試し弾きする男性
そこへアルマン演じるボッレが風のように登場、客席は拍手☆
マルグリッドの死を知り悲しみで倒れ、父親に抱きかかえられます。
紫のドレスを手にとるアルマン。客席が暗くなり指揮者がピットに入ると(拍手する間もなく)
ピアノ協奏曲2番1楽章が演奏され始め、舞台後方が赤いカーテンになり
アルマンの回想シーンが始まります。

1幕、バレエ「マノン・レスコー」を観劇しにヴェリエテ座に来る人たち。
艶やかな紫色のドレスを着たマルグリッドと彼女を取り巻く男性達。
一目惚れしたアルマンはガストンに紹介してもらうも、冗談で椅子をはずされ転んでしまう。
劇中劇「マノン・レスコー」を演じるのはパルト、デ・グリューはエリック・タム
そういえば、しばらくマノンを観てないなぁ。大好きなバレエだからまたABTで上演してほしい~
美人で色っぽいパルトはマノンが似合ってたけど、彼女をリフトするのは大変そう。
ケントは華奢な体が儚げに見えて、翳りのあるマルグリッドの雰囲気にピッタリ!
マノンに自分自身を投影させます。
アルマンもデ・グリューとミラーの踊りで自分を重ね合わせます。2人の未来を暗示してるよう。

ガストンやプリュダンスと一緒に、マルグリットの家に誘われたアルマン。
レイエスは、プリュダンスの雰囲気がよく出てました。
しつこいN伯爵、マルグリッドに冷たくあしらわれてかわいそう~
胸が苦しくなって寝室に駆け込んだマルグリッド。背中を反らせるポーズが美しいケント。
そこに現れるアルマン。2楽章が始まり、紫のPDDを踊ります。
心理描写を表すしっとりした振付。アルマンの熱情に心を動かされるマルグリッド。
赤い椿を胸に挿されて再会を約束し、夢見心地のボッレ。
3楽章が始まり、夜会の合間に逢瀬を重ねる2人。奔放な暮らしぶりで衣装替えが華やか☆ 
公爵を説得して田舎へと旅立つところで一幕終了。まんま小説の世界でお芝居を見ているよう。

2幕、公爵(マルグリッドのパトロン)のプージヴァルの家。この幕はピアノ演奏のみ。
作品34-1 華麗なる円舞曲で、幕が開きます。
避暑地っぽい籐の椅子に腰掛けたマルグリッドは、アルマンや友人たちと楽しそう。
シムキン、加治屋さん、レーン、サルステイン、リチェット、メスマー
ソリストに昇格したばかりのボイルストンなどが友人役で踊って、見応えあり。
3つのエコセーズにのせて踊るレイエス、キレがあって良かったです。
ガストン演じるマシューズの笑いを誘う踊り。意外な一面を見せてくれました。

公爵が訪れて突然ピアノの鍵盤を叩いて、アルマンとマルグリッドを睨みます。
公爵にもらった首飾りを彼の足元に投げ捨てるマルグリッド。決心が表れています。
首飾りをチャッカリ拾っていくプリュダンス。
美しい白のPDD。純白のドレスがふんわりと舞います。
男性ダンサーにはハードな振付で頭上に持ち上げたり、肩の上にのせて走ったり
回転させたり、とリフトが上手いボッレ。甘美な雰囲気たっぷりで
ふわふわと雲の上にいるような、宙に漂う姿が美しい。
しなやかに踊るケント、穏やかな幸福感が伝わってきます。

アルマンの父の来訪を知ったマルグリットは彼を外出させて、髪を整えデュヴァル氏を迎えます。
デュヴァル氏だけタイツでなくて、ほとんど踊らない役ですが
ここで少しだけマルグリッドとの踊りあり。実生活では夫婦の2人、息もピッタリ。
彼への真実の愛を訴えても、アルマンとその家族を不幸にする とデュヴァル氏に拒否されます。
前奏曲「雨だれ」で踊ってると、マノンの幻想(男達に宝石で飾られた過去)に押しつぶされて
マノンのようにはなるまい と身を引く決心をします。
アルマンを欺いて、誤解と恨みを引き受けることに。
戻ってきたボッレと再び白のPDDのコーダ、ケントの苦悩の表情が切なさを物語ります。

マルグリッドが手紙だけを残してパリに戻ったことを知ると、ショックと怒りで激しく踊るボッレ。
前奏曲第24番で激情が伝わってくる迫力あるソロが素晴らしかった!
躍動感のある踊りで舞台狭しとジャンプ、凄いスピードで駆け抜けてパリへ戻りますが
マルグリットが寝室で男といるのを見て、絶望と悲しみで倒れてしまい2幕終了。

3幕でようやく指揮者の挨拶と拍手。偶然シャンゼリゼで再会する二人。
かなりやつれたマルグリッドは、N伯爵がエスコートして
裏切られたと思い込むアルマンは、セオ演じるオリンピアと踊ってマルグリッドに見せつける。
ジゼルデビューしたばかりのセオはオーラが出てきた?色香ある雰囲気がよかった。
オランピアを家に連れ帰って押し倒すも、自己嫌悪に陥るアルマン。
そこへ、病躯をおして黒衣(死が近い?)のマルグリッドが訪れます。

バラード第1番(真央ちゃんのエキシの曲)の黒のPDD。圧巻でした!
別離の本当の理由を言えず「これ以上私に辛く当たらないで」と懇願するマルグリッドと
もう一度やり直せるのではないかと思うアルマン。
アイスダンスのようにツイストしたり、ローテーションリフトの連続で
アクロバティックな振付ですが、見事なパートナーシップ。
女性ダンサーの衣装を男性ダンサーが脱がせる場面あり(18禁?)
2人の葛藤や激情が伝わってきて、さすがの表現力。3つのPDDの中では一番好きかも。
マノンの幻想を見て、デュヴァル氏との約束を思い出し再びアルマンから去るマルグリッド。
目覚めて彼女がいないことにショックを受け、一夜限りの事だと思ったアルマン。

華麗なる大ポロネーズが流れて、舞踏会が始まります。いい曲使うなー
確か映画「The Pianist」でも使用されてたっけ。そういえばバラード一番も!
マルグリッドだけでなく、プリュダンスも衣装替えが多い~
憎むことでしか愛を表現できないアルマンは、オリンピアと踊るも
酔いにまかせて、マルグリッドにしつこく手紙を渡します。
封筒を開けて札束(一夜の代金)がこぼれ落ちると、マルグリッドはショックで倒れて
ガストンに運ばれていきます。後悔して走り去るアルマン。
2人はそれ以来2度と会うことはなく、マルグリットは独り寂しく死んでいきます。。。(涙)

アルマンはナニーヌから渡されたマルグリッドの日記を読んで、初めて真実を知ります。
血のような真っ赤なドレスを着て、やっとの思いで劇場に行くマルグリッド。
彼と初めて出会った思い出の「マノン・レスコー」を観るためです。
3幕沼地でマノンがデ・グリューに抱かれて息絶えるシーンを見て、自分と重ね合わせます。
自宅に戻ってマノンとデ・グリューの幻想を見るマルグリッド。ここの演出が良かった!
愛するデ・グリューの腕の中で息絶えるマノンに対して、誰もそばにいない孤独感が切ない。
マノンの幻が息絶えると、マルグリッドも倒れてしまいます。
幸せだった頃の白のPDDの曲が流れる中、アルマンを思いながら静かに息を引き取ります。。。
音楽が終わると同時に、ボッレが静かに日記を閉じて幕。

Lady of the Camellias5

ノイマイヤー氏の原作の思い入れを感じる作品で、大人なバレエ。
ストーリーはわかっているので、ディテールを味わうのが醍醐味でしょうか。
NY Timesでは酷評されてたけど、私は好きです。小説&ショパンが好きなので。
気に入らなかったのは、ピロウ投げとアルマンが床をゴロゴロする振付くらい。
マノンのPDDはマーフィ&ホールバーグの予定が、パルト&タムに変更になったのが残念~
妖気なパルトが良かった。

Lady of the Camellias6

ケントは、愛する人を思って身を引きひっそり死んでゆく年上女性のイメージにピッタリ!
悲しみや苦悩が、抑制された表現に滲み出ていたカンジ。
様々なリフトを難なくこなして、まっすぐな熱情を表現していたボッレ。
ひたむきなアルマンに、心が打たれました。

Lady of the Camellias7

物語性を感じる演劇的な演出、当時のパリサロンを思わせるショパンの曲
繊細な心理描写を表すノイマイヤーの振付、マルガリットの心の状態を表す衣装の数々
「Manon Lescaut」を象徴的に絡めて、主人公の心理描写にしているのも◎
ただ、ドラマティックバレエという点では「マノン」の方がもっと好きかなぁ。再演希望!

Lady of the Camellias9

音楽がほぼピアノ演奏のみ というのも渋く、3人のピアニストが弾いていましたが
舞台上のダンサーと合わせるのは大変そう。オケピにモニターがあるのかな?
ダンサーが音楽をよく聴いてるのがわかって、素晴らしかった!

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

白鳥親子

夏まっさかりのNY、スクーターに乗って涼んでいます。
Mill Pond4

近所のParkへ。
Mill Pond5

ワサワサと生い茂るYellow Lotus
Mill Pond6

白鳥の親子がいました~
Mill Pond3
かわいい♪

泳ぐ練習をしますよ~
Mill Pond2

来月「白鳥の湖」を観に行きます♪

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

寺川らーめん

コロンバスサークル近くにオープンした寺川らーめん2号店。(9Ave bet57st&58st)

本当は、Totto Ramenに行きたかったんだけど
この日は7時から営業 となってたので(涙)

熊本ラーメンのお店で、店名になってる豚骨スープを。 
Terakawa
Terakawa Ramen 思っていたよりもあっさりした味。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

La Delice Pastry Shop

老舗な雰囲気が漂うベーカリーLa Delice Pastry Shopのクロワッサン
La Delice Pastry Shop1

La Delice Pastry Shop2
サイズ大きめです。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報