FC2ブログ

宇治③宇治上神社

さわらびの道を歩いて
京都の世界文化遺産第6弾、宇治上神社へ。

Ujigami1

Ujigami4

日本最古の神社で、創建年不詳。明治時代までは隣接の宇治神社と二社一体でした。
祭り神は応神天皇とその皇子菟道稚郎子(うじのわきのいらつこ)および兄の仁徳天皇。

Ujigami2
拝殿前には、清め砂が盛られています。

Ujigami3

桐原水の建屋、その裏には竹林が。

Ujigami5

こじんまりした神社で世界最小の文化遺産?ひっそりと静かに佇んでいました。


さわらびの道をさらに北に行き、宇治市源氏物語ミュージアムへ。
Genji1

源氏物語54帖の最後の10帖、宇治十帖を紹介する施設です。
途中、仏徳山(大吉山)展望台に行く道がありましたがまたの機会に。

Uji18
ミュージアム入口には、ムラサキシキブが植えられています。

宇治十帖をドラマ風にした映画「橋姫」がお金がかかっていて(ナレーション緒方直人)ビックリ。

宇治十帖は光源氏亡き後の、薫と匂宮の物語で
薫は、光源氏の次男
(光源氏の義兄で親友の頭中将の嫡男柏木と光源氏の正妻女三宮との子)
匂宮は、光源氏の孫 で
(光源氏の娘、明石の中宮を母に持つ今上帝の第三皇子)
叔父・甥の関係だけど、同年代で恋のライバル。

大君に振られた薫は、大君の妹の中君を匂宮と取り合ったかと思えば
中君の異母妹・浮舟も二人して口説きあったりして
昔は、恋愛の対象がみんな血縁関係なので
コレは子供に見せてもいいのか?ってお話ですが。

当時の貴族の女性は人前に姿を現さず、几帳や御簾の陰にいて
男たちは世間の噂や偶然聞いた琴の音、筆跡などから魅力を感じたよう。

Genji2

六条院の縮小模型や平安貴族の装束や調度品、牛車の展示など
高校時代、古典が好きだった私には楽しめました。

Uji River2
宇治橋のそばにある紫式部像

Uji17
煎茶・抹茶・ほうじ茶の三色茶団子

テーマ : おこしやす!京都 - ジャンル : 地域情報

宇治②中村藤吉

参道には、宇治茶の老舗店が並んでいます。
Uji16

1859年創業の茶舗、中村藤吉平等院店でランチ。
NakamuraTokichi1
ミニ茶壷に入った生茶ゼリー付き♪
NakamuraTokichi2

料理旅館「菊屋萬碧楼」だった建物で、窓際の席で宇治川を眺めながら戴きました。
(駅近くの本店も歴史を感じさせる店構えです)
NakamuraTokichi3

食後は、宇治川の対岸へ。

Uji River1
朝霧橋と橘橋

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

宇治①平等院

母と宇治へ。京都駅からJR奈良線みやこ路快速で17分、宇治駅下車。

Uji1
駅前に、茶壺の形をしたポストがあります。

Uji2
京都の世界文化遺産第5弾、平等院へ。

光源氏のモデルと言われる嵯峨源氏の源融の別荘を
摂政藤原道長が譲り受け「宇治殿」になり、1052年関白藤原頼通が寺院に改築。
1994年ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

Uji3
表門

Uji14
古いあずまや

Uji13
梵鐘 日本三名鐘の一つ。あとの2つは神護寺と三井寺(園城寺)
鐘楼に吊るされているのはで複製で、オリジナルは鳳翔館に展示。

Uji4
10円硬貨でおなじみの鳳凰堂、洲浜に建てられています。
阿弥陀堂は、江戸時代から鳳凰堂と呼ばれるようになりました。

Uji6
阿弥陀如来の住する極楽浄土は西方にあると信じられ
阿字池の東岸から阿弥陀像を拝するように、東向きに建てられています。

Uji9
鳳凰堂中堂 棟の両端に鳳凰(レプリカで本物は鳳翔館に展示)が立っています。
平安時代は藤原頼通と高僧以外は、内部に入れなかったそうで
対岸から阿弥陀如来像を拝めることができます。

Uji11
中堂から左右に連なるシンメトリーの翼廊

朱塗りの橋をわたり、内部拝観。
Uji12
30人くらいのグループで案内され、係りの方が説明して下さいます。
雲中供養菩薩は高いところにあって見えにくいので、鳳翔館でじっくり鑑賞しました。

Uji15
お土産のやわらかせんべい

テーマ : ■京都を撮る■ - ジャンル : 写真