FC2ブログ

映画Pina

ヴィム・ヴェンダース監督による3DドキュメンタリーダンスアートPINAを鑑賞。

2009年68歳で急逝したドイツの舞踊家・振付家ピナ・バウシュの名作を
ヴッパタール舞踊団が踊り、3Dカメラを使って映像に収めた異色のドキュメンタリー。

冒頭のダンス、土を敷き詰めた舞台上で踊る『春の祭典』は
臨場感たっぷりで圧倒されました。
3Dの画面だと、目の前でダンサーたちが踊っているのを見てるような
実際の観劇と近い感覚になります。

自然を再現する舞台装置もすごい!
ポスターにもなってる『フルムーン』では、降り続ける雨が飛んできそう。

映画「Talk to her」の劇中劇にも出てきた『カフェ・ミュラー』
ピナ・バウシェにサインをもらったんだよ と見せるシーンもありましたが
映画事体も衝撃的だったけど、この踊りも印象的。
演劇とダンスを融合させたような独特な世界。

ステージだけでなくて、ダンサーたちが都会の交差点や公園
モノレール(ちょっと酔いそうになったけど)
高原や川原など自然の中で踊ったパフォーマンスも
3D効果も考えて、いろいろな角度から撮られていて飽きさせません。
自由な表現で、人間の内面を深く描いているよう。

ちなみに、ドイツのフィギュアスケーター
アリョーナ・ サブチェンコ&ロビン・ゾルコビーが今シーズン
映画「PINA」の音楽を使って滑っていますが、さすがドイツ代表。
最初のポーズから魅せられます。

☆2月25日より日本公開

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画