スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bel Ami

Bel Amiのコーヒーエクレア
Bel Ami

☆チョコレートタルトは、こちら
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

FRACTAL@日本ギャラリー

NYで活躍している日本人彫刻家6人、青野セクウォイアさん、伊藤彰宏さん、小名木光貴さん
北出健ニ郎さん清宮大輔さん、大野修さんの作品展FRACTAL(3/8まで)を鑑賞。
Fractal
木や土、石など自然にある素材を使った木彫、石彫、陶器などの展示。

斬新で現代的な作品で、一番惹かれたのは伊藤彰宏さんの彫刻。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Challenge Cup 2013

2/21-24にオランダで開催されたチャレンジカップの結果です。

男子シングル優勝は、ジュベール。ヤグディンを崇拝してるは充分わかった。
2位は、アメリカのアレクサンダー・ジョンソン
3位は、フランスのシャフィク・ベセギエ

小塚崇彦選手は怪我から回復してないようで欠場。4月には間に合うのかな?

女子シングル優勝は、コストナー。3F+3Tに挑戦してきた(アンダーローテ)
2位は、フランスのメイテ
3位は、オーストリアのケルシュティン・フランク

ペア優勝は、フランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ
2位は、アメリカのタラ・ケイン&ダニエル・オシェイ
3位は、ドイツのマリ・ヴァルトマン&アーロン・バンクリーブ

ノービス男子シングル優勝は、スウェーデンのIllya SOLOMIN
2位は、石塚玲雄選手
3位は、イギリスのChristopher BLAND

ノービス女子シングル優勝は、樋口新葉選手!おめでとう☆
2位は、スウェーデンのSallianna ÖZTÜRK
3位は、フィンランドのEmma NIEMIでした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Edvard Munch@MoMA

久しぶりにMoMAへ。特別展Tokyo 1955–1970: A New Avant-Garde(2/25まで)を鑑賞。
戦後日本の前衛アートがNYで見られるのは、不思議なカンジ。

サザビーズのオークションで1億2千万ドルで落札されたEdvard Munch: The Scream(4/29まで)
The Scream1
The Scream 1895 

The Scream3
ノルウェーが誇るシンボリズム画家で版画家でもあるエドワード・ムンク。
浮世絵からinspirationを受けたらしく、構図の影響を受けてるとか。
Angst
Angst 1896

Melancholy
Melancholy 1891

The Sick Child
The Sick Child 1896

Self Portrait
Self Portrait 1895

7年前のムンク展ほどではありませんが、同時代の作品が展示されています。
5歳の時に母が結核で亡くなり、姉も若くして亡くし
彼自身も病弱な子供だったらしく
「病」や「不安」「苦悩」などが作品のモチーフになっています。

こちらは、Pollen from Hazelnut by Wolfgang Laib(3/11まで)
Wolfgang Laib1

Wolfgang Laib2

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Les Ballets de FAILE@David H. Koch Theater

New York City Balletとブルックリンを活動拠点とするFAILEとのコラボ
Les Ballets de FAILE
Tower of Faile
シルクスクリーンに描かれたアート作品でカバーされた巨大な柱が、ホワイエに展示。

Les Ballets de FAILE
廊下にも作品が展示されています。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Sleeping Beauty@David H. Koch Theater

New York City Ballet冬シーズン、「眠れる森の美女」を鑑賞。
Sleeping Beauty1
1991年NYCB初演マーティンス版。
6年前に観た時、舞台美術が美しくて好印象だったのでまた見たくなって。
ちなみに当時のキャストは、アシュレイ・ボーダー&ベンジャミン・ミルピエ。
この後ナタリー・ポートマンと結婚して、次期パリオペ芸監になるとは思わなかったけど。。。

Princess Aurora: Ana Sophia Scheller
Prince Desire: Gonzalo Garcia
The Lilac Fairy: Savannah Lowery
The Fairy Carabosse: Maria Kowroski
Princess Florine: Brittany Pollack
The Bluebird: Troy Schumacher

マーティンス版は全2幕で、1幕は洗礼式~16歳の誕生日~幻影まで
2幕が目覚め~結婚式 とトータル2時間半くらい。
1幕が少し長いかな と思ったけど、その分通常よりも休憩回数が1回少ない。
有名どころのプティパ振付は残していて、脇役のバリエーションや群舞は高速ステップ。
マーティンスの出身であるブルノンヴィルの影響なのか、複雑な足捌き。
ヌレエフっぽいと言うか、NYCBだからバランシンっぽい と言うべきか。
演奏が早かったせいか、あまり古典っぽくないカンジ。

序曲が始まると、舞台上の大きなスクリーンに門からお城へと続く小道が映写される。
木々のトンネルを抜けてだんだんお城に近づき、御伽の世界へ。
オーロラ姫の洗礼式、招待客の衣装は少しオリエンタル調?
リラの精のサヴァンナ・ ロウェリーは、ソリストだけど貫禄たっぷり。
でかいので、カラボスよりも全然強そうに見えた。
妖精たちにカヴァリエールと小姓がついていて、子役の小姓たちがかわいかった。

カラボス役コウロスキーはエレガントで、黒い衣装も素敵。
蜘蛛の巣の馬車で現れて、4人の手下がゴキブリか玉虫にしか見えないけど
あれは蜘蛛なんでしょうかね。
お決まりのカタビュラットが髪をむしられるシーンでは、笑いをとってました。

間奏中、スクリーンにお城が映された後
オーロラ16歳の誕生日。ガーランド・ダンスはバランシン振付のよう。
華やかで、群舞に加わったSchool of American Balletの生徒たちも
可愛らしく堂々とした踊り。オーケストラ席2列目からだと混み合って見えたけど
上階から見た方が、フォーメーションが楽しめそう。

オーロラ姫は昨年プリンシパルに昇進した アナ・ソフィア・シェラー
パロマ・エレーラやマリアネラ・ヌニェスと同じバレエ学校でアルゼンチン出身。
20日にオーロラ役デビューしたばかりだそうで、初々しい。脚力は強そうだけど
Clotilde Otrantoさんの指揮は、テンポが速いので
プロムナードではドキドキしてしまった。

老婆に化けたカラボスから渡された花束に隠されてた糸巻きに指を刺して倒れるオーロラ。
高笑いするカラボス。噴水からリラの精が現れて、魔法をかけて
オーロラ姫が目覚めるまで、お城の人達みんなも長い眠りにつきます。
木々がザーッと伸びてきて、包まれていくセットが◎

間奏中、100年の眠りの間ヤブに包まれたお城周辺がスクリーンに映し出されます。
時が過ぎて、森へ狩りに来たデジレ王子御一行が登場。
貴族たちの衣装が素敵なのに、出番が少ないのが残念~
お決まりの目隠しの後、ブルーな王子はみんなを追いやって一人になる。
理想の愛を求める王子の前に、リラの精が現れてオーロラ姫の幻影を見せる。

デジレ王子は、スペイン人ゴンザロ・ガルシアでラテンペア。
王子様キャラではないけれどノーブル。しっとり踊るアナ・ソフィア・シェラーと
PDDの後に、やっと王子の見せ場ソロがあり
背景が森から湖に変わって、リラの精が王子を船に乗せてお城へと導きます。
霧(ドライアイス)の中、舞台を通るシーンが幻想的。

インターミッションはさんで二幕、豪華な船で森をぬける途中に
カラボスの手下が登場。お城に到着して
舞台中央のベッドで眠るオーロラに王子がキスすると、花火&煙と共にカラボスが消え
オーロラと同時に城中が100年の眠りから覚めます。
カバーが取られていき、人々が目覚めていきます。

結婚式。招待客はロングのドレス。
マーティンス版は、ディベルティスマンが多くて賑やか。
ぺローの童話のキャラクター達が登場。
長靴をはいた猫の衣装が豹みたいで、白猫のチュチュと尻尾がかわいい。
宝石の踊りはパドカトルで、ゴールド(男性)とダイヤモンド、ルビー、エメラルド。
狼と赤頭巾ちゃんの踊り(動く木が登場)では、ダイナミックな踊りの狼に追われて
膝をガクガク震わせるお芝居がかわいい子役の赤頭巾ちゃん。
マーティンス版にはピエロの踊りがあり、男性ダンサー3人の見せ場。
お気に入りのダニエル・ ウルブリクトがセンターで、高く跳びはねて大開脚。
青い鳥とフロリナ王女のPDDも丁寧な踊り。
ハードそうだけど、鳥っぽい振付がお気に入り。
リラの精のソロの踊りがあり、クライマックスで幸せな二人のPDD。
アダージョは圧巻☆
フィッシュダイブのポーズ長めで、バランス技もたっぷり魅せてくれました。
よくこの早い演奏に合わせてバリエーションを踊るなぁ と思ってしまった。
コーダで盛り上がった後、フィナーレは全員でマズルカ。
子役の赤頭巾ちゃんも、小さい体ながら頑張ってみんなと同じ振りについていってました。
姫と王子はベールをかけられて、アポテオーズで幕。
Sleeping Beauty3

舞台セットと衣装が豪華で、センスの良さを感じる。
高速演奏に合わせて、駆け足調に細かいステップを踊りこなすダンサーたち。
筋肉質になるのも、無理はない?
ごっそりソリスト昇格発表後だったせいか、皆さん安定した踊りで
違うキャストでも見ればよかったーと思ったほど。

Sleeping Beauty2
ロシア系グランバレエとは一味違ったNYCBらしい舞台。
舞台裏の写真は、こちらこちら

☆10月に4年ぶりの日本公演があるよう。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Brasserie 360

ずいぶん前のことですが、Brasserie 360でブランチ。

Maryland Crab Cake
Brasserie360 2

Brasserie 360 Burger
Brasserie360 1

ブラッセリー と言うよりも、アメリカーンなお料理。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Grand Central Terminal100周年

映画シーンにも登場するGrand Central Terminal
Grand Central Station1
蒸気船事業で成功したコーネリアス・ヴァンダービルトが
42-48丁目レキシントン街からマディソン街の土地を購入して建設を開始し
1913年開業して、今月2月1日に100周年を迎えました。
Grand Central Station2

Grand by Design: A Centennial Celebration of Grand Central Terminal(3/15まで)
Grand Central Station3
Vanderbilt Hallでは、100年の歴史が展示されています。
Grand Central Station5

Grand Central Station4

2014年に100周年を迎える東京駅と姉妹提携を結ぶとか?

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Irving Farm

アッパーウエストにもできてたIrving Farm
Irving Farm1
ご近所さんが来るのか、朝から賑わっていた。

Irving Farm2
店内は奥行きがあって、Cozyな雰囲気。

Irving Farm3

☆Gramercy店は、こちら

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

La Bayadère (Bolshoi Ballet)

1/27に上演されたボリショイ「ラ・バヤデール」を映画館で鑑賞。
ロシアのカンパニーなのに、なんでタイトルが「バヤデルカ」ではないんだろう?
La Bayadère1
ライブ中継 ということで、ザハロワ&アレクサンドロワの豪華キャスト☆

Nikia: Svetlana Zakharova
Dugmanta, Rajah: Alexei Loparevich
Gamzatti, His Daughter: Maria Alexandrova
Solor, the noble warrior: Vladislav Lantratov
The High Brahmin: Andrei Sitnikov
Aya, Slave: Anastasia Vinokur
Dance with Drum: Anna Antropova, Vitaly Biktimirov, Igor Tsvirko
The Bronze Idol: Denis Medvedev
Manu (Dance with Jug): Maria Prorvich
Scene “Shadows” First Variation: Anastasia Stashkevich
Second Variation: Anna Tikhomirova
Third Variation: Chinara Alizade


舞台の流れはヌレエフ版とほぼ同じ。ってこっちのが先だけど。
グリゴローヴィチ版の新演出だったのか、神殿崩壊はなくて(昔はあったらしい)
ソロルが中途半端な回想をして終わり?という??なラスト。。。

1幕、寺院前。上手奥に黄金仏像あり。虎は出てこない
マグダヴェーヤ役アントン・サヴィチェフは、しょっぱなから全開で軽やかなジャンプ。
ニキヤのベールをかぶる意味は、ニキヤへの憧れ?
存在感があり、スタイル良くていい体してる~ 
半裸&生足、ロン毛の苦行僧たちの踊りも、ボリショイだとカッコよく見える。
ABTもあっさりした衣装・メイクだといいのに。

ソロルは若手期待のホープ、ラントラートフが柔軟に跳びまくってた。
ターバンは似合ってないけど、エレガントで
戦士 と言うよりもプリンスっぽい。
二人の大御所相手に大健闘で、若干押され気味でしたが頑張っていた。

マグダヴェーヤが見守る中、愛に溢れるPDD
ザハロワは、ちょっと痩せすぎ?子供産んだとは思えない細さ。。。
クラシックチュチュだといいけど、1&2幕の衣装だと肋骨が見えて気になってしまう。
凛とした神聖な巫女で、背中のしなりが美しくしゃちほこリフトが決まってた。

ラジャの宮殿、ガムザッティ登場。アレクサンドロワは、キラキラ輝く女王様オーラと
ゴージャスさでハマリ役☆頑丈そうな脚で、キレのある踊り。
画面からはみ出そうな勢いあり!
ジャンペの踊りでは、ユリア・ルンキナとスヴェトラーナ・パブロワが
エビ反りジャンプしまくり。

ニキヤと奴隷のPDDでは、薄水色に衣装替えしたザハロワ。背筋がすごい。
セクシーな奴隷役ロドキンは力強いサポートで、ラストは直立リフト。

ラジャに呼ばれて、娘ガムザッティと結婚させる と言われるソロル。
ラントラートフは、拒絶したい素振りを見せるけど
ガムザッティを見た途端、あまりの美しさに呆然とする演技が◎
愛するニキヤと、目の前に現れた美女とラジャへの忠誠心で
揺れ動く葛藤が表わされていた。

マイムが踊りの中に組み込まれていて、ガムザッティが婚礼を夢見て
ソロルがニキヤに愛を誓った と知って感情的に踊ったりする。
赤&ピンクに衣装替えしたニキヤを呼びつけて、火花散らす女の争い
ニキヤも負けずにガムザッティを刺そうとして、二人とも気が強そう。

2幕、婚約式。まず扇の踊り。子役ダンサーや槍を持った男性ダンサーも加わる。
オウムの踊りの後に、女性ダンサー4人の踊り。
ブロンズアイドルはデニス・メドヴェージェフで、子役ダンサー付き。
あまり金ピカでないけど、ゴールドのビキニパンツがすごい。。。
マヌーは、アンナ・レベツカヤ(予定されてたフィーリン夫人マリーヤ・プロヴィチから変更)
子役付きで、可憐でかわいい~
ボリショイ と言えば太鼓の踊り。情熱的で観客をワクワクさせて盛り上がる。
アンナ・アントロポヴァとヴィタリー・ビクチミロフが、カッコいい!
躍動感があって、よく足が上がるなー
幕間バックステージで太鼓を放り上げる練習をしてた太鼓隊長
イゴール・ツヴィルコが、熱くてはじけてた☆

パダクションでは、艶やかなアレクサンドロワ。ピンクのチュチュが素敵。
ラントラートフとユニゾンの振りも絶妙で、揃っていた。
アダージョでカリム・アブドゥーリンとイワン・アレクセーエフが加わって
パドトロワ2組になり、しっとり。ラブラブなソロルはニキヤのことを忘れたのか?

ソロルのバリエーション、豪快に跳んで品もある。
ガムザッティのヴァリエーション、大きな踊りで素晴らしい~
貫禄たっぷりの女王様で、とどめのコーダではソロルよりも勝ってしまってた。
音楽のテンポが速い高速フェッテ!

マグダヴェーヤが心配そうに見守り、悲しみ溢れるニキヤ奉納の踊り
赤のビキニ&パンツの衣装で、ガムザッティの強さに対比して儚げで同情をそそる。
ラジャの言いつけで花籠が渡され、毒蛇に噛まれるニキヤ。
事態を予期していた大僧正が、解毒剤を差し出すも
ガムザッティとイチャつくソロルに絶望したニキヤは、拒否して息絶える。
絶命したニキヤを見て嘆いたソロルは、その場から走り去る。
カーテンコールで、ニキヤが生きてるのがおかしなカンジだった(笑)

3幕、部屋に駆け込んできて現実逃避にアヘンを吸うソロル。
苦行僧のキャンドルダンスの後、ソロルはニキヤの幻影を見る。
4つの傾斜を降りてくる32人の影の王国が、素晴らしかった!
先頭ダンサーは、何10回もアラベスクを繰り返すので大変だけど
まるで一人のダンサーが幾重にも重なってるように幻想的で、溜息もの。
上からのフォーメーションも美しい。
Three shades(スタシュケーヴィチ、チホミロワ、アリザーデ)が登場して優雅にワルツ。

苦悩するソロルのソロ、ラントラートフかっこいい~
ザハロワとの神秘的なPDD、音もなく跳んで脅威のバランス技。
ラストのポーズのホールドの長さ!
Three shadesは、スタシケーヴィチもクールだけど
やっぱりチホミロワの雄大な踊りが好きかも。

ヴェールでは、タイミングを合わせにくかったのか?
オケのテンポが早くて、ちょっと踊りにくそうだった。
コーダでは盛り上がって、ザンレール6連続決めたラントラートフ
ザハロワは早送りのようなターン、あの細さでよくスタミナ持つなぁ。

ラストは、夢から醒めたソロルがニキヤの幻影を求め嘆き倒れて幕。
神殿崩壊があった方が、ドラマチックなボリショイに合ってるのにな。
La Bayadère4
グリゴローヴィチ版は、男性ダンサーの振付がカッコいい。
脇役陣の踊りもそれぞれ素晴らしく、シンプルだけど煌びやかな衣装も素敵。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。