FC2ブログ

Daring Methods: The Prints of Mary Cassatt

Daring Methods: The Prints of Mary Cassatt(6/23まで)@New York Public Library
Mary Cassatt3

Mary Cassatt2

メアリー・カサットの作品は、メトロポリタン美術館で観ることができます。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Brooklyn Botanic Garden②

ブルックリン植物園内にあるJapanese Hill-and-Pond Garden
Japanese Hill-and-Pond Garden1

Japanese Hill-and-Pond Garden2
しばし日本気分に。
Japanese Hill-and-Pond Garden3

Japanese Hill-and-Pond Garden5

Japanese Hill-and-Pond Garden6

Japanese Hill-and-Pond Garden4

Japanese Hill-and-Pond Garden7

Japanese Hill-and-Pond Garden8
お稲荷さんの英語の説明。
Japanese Hill-and-Pond Garden9

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Brooklyn Botanic Garden①

ブルックリン植物園へ。
いつもはの季節に来るけど、今年はRose Gardenに訪れました
Rose Garden1
上からの眺め
Rose Garden2

Rose Garden3

雨の日が多くて訪れるタイミングが難しく、既に咲き終わっているものもありましたが。
Rose Garden4

Rose Garden5

Rose Garden7

Rose Garden9

Rose Garden10

Rose Garden11

Rose Garden12

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Romeo and Juliet

ABT5週目、「ロミオとジュリエット」です。
R&J1
椿姫オネーギン田園の出来事で気に入ったケント&ボッレペアで見ることに。
R&J2
爽やかなロミオを演じるボッレ、笑顔がはじけてた。

Romeo: Roberto Bolle
Juliet: Julie Kent
Mercutio: Craig Salstein
Tybalt: Sascha Radetsky
Benvolio: Blaine Hoven
Paris: Grant DeLong


ストーリーは、こちら

イタリア人のボッレは、地でいける?ロミオ役。
最初から最後まで舞台に出ずっぱりで、Sword Fightにアクロバティックなリフト
演技力も問われるので、男性ダンサーにとっては体力的にも技術的にもハードな役だそう。

1幕Gate Dance(キャピュレット邸前でのモンタギュートリオの踊り)が今ひとつだったので
調子がよくないのかなぁ と思ってたら、その後いきなりスイッチが入ったので
ペース配分していたのでしょうか。
ロザラインを口説いていたくせに、ジュリエットと会った瞬間から恋に落ちるロミオ
いつになく熱い演技でした。
バルコニーPDDは感動ものでした~ 幕が下りるのが少し早かったのが、ちと不満。
最後バルコニー越しに手を伸ばし合うシーンで、余韻に浸りたかったのに。

40代のケント、お人形を持ってはしゃぐシーンは少し厳しかったけど
変に若作りしない演技で、自然体なのがよかった。
技術的には、そろそろジュリエット役を踊るのはキツくなってきたかなぁ と
出だしでは思ってしまったけど、後半になるにしたがって良くなっていきました。

ソロの踊りでは、苦戦してたように見えたものの
(コジョカル、ヴィシニョーワ、オシポワと比べてしまうと)
ボッレに身を預けるように踊るパドドゥになると、俄然美しい☆
ロミオに飛び込んでいくリフトでは、プレパレーションが見えることなく
勢いにまかせることもなく、自然でスピード感がある素晴らしいパートナーシップ!
二人とも長年この役を踊っているだけあって、振付が体に染み込んでいるよう。
流れるようなリフトとケントを高速回しするボッレがカッコいい~

ティボルト役のラデツキーは、イカつい凄みのある演技で適役。
ロミオに刺されて、吹っ飛ぶ死にっぷりも激しかった。
キャピュレット夫人役が、実生活ではパートナーのアブレラで
愛人ティボルトの死を嘆き悲しむ演技がリアル。
マキューシオ役は、ユーモラスな演技で会場を沸かせたサルステイン。
マンドリン隊では馬跳びでなくて、側転バージョンでした。
神父役がフレデリック・フランクリンさんでないのが寂しい。ご冥福をお祈りします。

3幕、寝室PDDは情感たっぷりで、切ない心の叫び。
立ち振る舞いや説得力のある細かい演技は、さすがベテランダンサー。
墓場のPDDでのケントの脱力っぷりも見事。
肩がはずれないか心配になるほどジュリエットを引きずり回して、絶望感に打ちひしがれるロミオ。
ジュリエットの手を握りながら、毒薬を飲みほします。
仮死状態から目覚めたジュリエットは、ロミオの死を知って自害。
息絶える前に、ロミオの顔を自分の方に寄せてそっと口づけ。
R&J3
大人な雰囲気でエレガントな二人
R&J4
来年のマノンも楽しみです♪
R&J5

マーティンス版ラブロフスキー版マイヨー版、グリゴローヴィチ版も観たけど
やっぱりマクミラン版ロミオとジュリエットが、一番好きかな。

☆カーテンコールは、こちらこちら

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

ボリショイオペラ「イーゴリー公」

すっかり忘れていた6/8ボリショイオペラ「イーゴリ公」のライブ中継。

韃靼人の踊り

Kasiyan Goleyzovsky振付。

Persian girl: Anna Balukova  
Tchaga: Anna Antropova
Horseman: Denis Medvedev
Cuman: Yevgeny Golovin


☆来年METではDmitri Tcherniakov新演出で上演、振付はラトマンスキー?

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

夫の料理

FreeportのFish Market
Fish Market1

Fish Market4

Fish Market2
オイスターやクラム、イカやタコなどもありいろいろ売っていますが
Fish Market5

Fish Market6
この日はカニの気分

Fish Market7

夫特製のMarinara Sauceと一緒に戴きました
Fish Market8

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

Nautical Mile@Freeport

久しぶりにFreeportへ。
Freeport2

Freeport4
夏らしく、店内に人工ビーチがあったり

Freeport6
盛り上がっていたTropixへ。
Freeport9
Barに群がる人たち
Freeport10

Freeport7

ハリケーンSandyの被害で、改装中や新しくできていたお店もありました。
Freeport5

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Francois Payard Bakery

バレエの後、お友達とFrancois Payard Bakeryで喋り倒す。
FPB

☆Orange Blossom Briocheは、こちら

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

映画The Great Gatsby

先月のことですが、映画The Great Gatsbyを鑑賞。日本でも、6月14日に公開。
The Great Gatsby
映画の基になったスコット・フィッツジェラルド原作の小説の舞台は
1920年代、フィッツジェラルドも住んでいたロングアイランドで
West EggはKing Point、East EggはSands Pointです。
Hempstead Houseでは、“The Great Gatsby”公開記念Screening Partyが催されたよう。
映画でもロングアイランドが出てくるのかと思ってたら、どうやらオーストラリアでロケが行われたよう。

Movie The Great Gatsby
レトロな映画館。3Dで観たので少し酔いそうに。。。

衣装はBrooks Brothers、PRADAやMIU MIU、ジュエリーやインテリアはTiffany
ゴージャスなPartyシーンが、まんまエンターテイメント。

作家志望のニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)が、あとで小説に書く という
設定は良かったけど、個人的には1974年版の方が好みかな。

Northern Balletが今年初演、David Nixonが振付したバレエ
The Great Gatsby」を見てみたいなー

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

The Impressionist Line from Degas to Toulouse-Lautrec

先月のことですが、Frick Collectionへ。
The Impressionist Line from Degas to Toulouse-Lautrec: Drawings and Prints from the Clark(6/16まで)を鑑賞。
Clark Art Instituteから借し出された印象派&ポスト印象派のドローイングや
プリント作品の特別展で、ミレーやクールベ、ドガ、マネ、ピサロ、ゴーギャン、ロートレックなど。

Frick Collection2
いつも70丁目の入口を撮影するので、たまには5番街から。
Frick Collection3
広いお屋敷なので、全景がおさまりませんが。。。
Frick Collection4

Portico Galleryでは、Precision and Splendor: Clocks and Watches at The Frick Collectionが展示中。
Frick Collection5

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報