FC2ブログ

JGP第2戦スロベニア大会

8/27-30に開催されたJGPスロベニア大会の結果です。

男子シングル優勝は、ボーヤン・ジン。SPはプルを思い出すタンゴ・アモーレ。
スピンでレベルが取れなかった以外は、良い演技。
FPは4S1回4T2回で技術点83.28!4Tにコンボ付けられて
スピンのレベルが取れたらまだ点数が伸びる。

2位は、ロシアのペトロフ。ジュニア3年目の15歳。今季のSPはマトモな選曲だった。
3F+3T着氷後のすくい上げと軸ブレてもジャンプ降りるのは、先輩のよう?
FPはやっぱり音源が・・ヴィヴァルディのモダンアレンジメントって??
ジャンプは高くないけど着氷が綺麗。貫禄もあるし良い演技。

3位は、ロシアのドミトリー・アリエフ。15歳JGPデビュー。
ロシアは女子だけでなく男子もどんどん出てくるので、名前を覚えるのが大変。
SP5位から逆転。FPでは4T入れてきた。

JGPデビュー鎌田選手は5位と健闘。中村優選手は10位でした。


女子シングル優勝は、世界ジュニア銀メダリストのサハノヴィッチ。
やり手コーチ?トゥトベリーゼに変えたんだ。SPは、昨季と同じく後半ジャンプ固め打ちで
スピン、ステップから。ロシア勢の中ではスケーティングが綺麗。
FPも一人別次元。お得意のスリーターンから3Fタノ+3Tタノ
5種7トリプル、後半コンボ2つを含むジャンプ5つ跳ぶ構成。
メドベージェワに続くタノ祭りは技術点を稼ぐため?国内争い熾烈で仕方ないけどクドい。。。

2位は、ジュニア3年目15歳永井優香選手がJGP初メダル☆体型変化落ち着いた?
SPは、まっちーを思い出すエデンの東。3T+3T高っ!良い演技で笑顔も素敵。
スタイル良くて頭ちっさ~
小塚君を思い出すFPは3Lz+3T成功!ルッツエラーなく2本決められるのが大きい。
ループお手つきした以外は、安定した演技。次の日本戦も実力を出し切ってほしい。

3位は、アメリカのリア・カイザー。いつの間にかジュニア4年目で大人になっていた。
SP8位から逆転。
FPでは最後の2A以外はジャンプ成功して、久しぶりに良い演技が見られた。

三原舞選手は、6位でした。


アイスダンス優勝は、ロシアのモロゾワ&ジルノフ
2位は、カナダのデルマエストロ&ラム
3位は、アメリカのムーア&クレーバーでした。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ