スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cafe Luxembourg

バレエ開演前に、Cafe Luxembourgでディナー

前菜 Duck Liver Mousse
Luxembourg2
rhubarb, salted strawberries, challah croutons

Grilled Octopus
Luxembourg1
Blood orange vinaigrette, arugula, black radish, garbanzo beans

メイン料理 Veal Breast Confit
Luxembourg4
heirloom polenta, peas, parsnips, spring onions, radish

何だっけ?お友達のシーフード料理
Luxembourg3
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Giselle

諸事情により今年は出遅れて、ABT3週目から鑑賞。
ABT1

演目は、ジゼルです。
ABT2

Giselle: Natalia Osipova
Albrecht: Steven McRae
Myrta: Veronika Part
Hilarion: Roman Zhurbin
Peasant Pas de Deux: Luciana Paris and Blaine Hoven


Giselle1

お目当てはロイヤルバレエのプリンシパル、スティーブン・マックレー☆
前回のゲスト出演は脇役だったので、やっと全幕主役で観られる!
もともとオシポワ&ゴメスのキャストだったのが
David降板により、ヴィシニョーワの相手役にゴメスが入って
オシポワの相手役に、ロイヤルからスティーブンを連れて来てくれました♪
Tweetによると、前日27日ギリギリNY入りしてリハ
というハードスケジュール。

オシポワは、ボリショイ→ミハイロフスキー→ロイヤル 
と移籍続きでしたが、居場所が落ち着いたよう?
よくあるジゼルのイメージ 儚さ は、オシポワから感じられることはなく
(躍動感溢れるスーパーアスリートなので)
生命力を感じる。
一幕花占いナンパ男とスキップのように跳躍するのが
恋する喜びで浮き立つ心情を表わしている。
傑出した身体能力のオシポワは、とにかく軽くて
高く跳んでるのに着地音がしない。
以前に比べて顔芸も抑え気味で、細かい演技も見せてくれました。
ヴァリエーションでは、例のごとくhopしながら1周360度回ったり
ピケターンがあり得ないほど速くて(心臓が悪いように見えないよ)
オケの方がついていってた。演奏早すぎ~

スティーブンのアルブレヒトの衣装は、ロイヤルので
ヴァリエーションも見慣れたABTのと異なる振付。
彼の得意技を盛り込んだ?スティーブン独自版?
スタイルが良い方ではないので
ハマリ役ではないかもしれないけど(Davidやボッレと比べると)
さすがロイヤル仕込みの演技。
伸びやかで丁寧な踊りで、オシポワによく合わせてました。

ペザントのパ・ド・ドゥは、うーん。。。
Joey & SarahかSkylar(誰と踊ったの?)で観たかったー
ヒラリオンは、名キャラダンのズルビンで安心して観られる。

2幕、ウィリ誕生は人間離れなテクニックで、ホラーにさえ感じる。。。
竜巻のような高速回転に、滞空時間が長いジャンプ。
相変わらず驚異的な脚力で、活きの良い精霊だわ。

もの悲しいオーボエのメロディで、白い花を抱えたアルブレヒトは
一歩一歩自分の罪を踏みしめるように歩く。
自分がしてしまったことに後悔する様子がよく出てる。

パ・ド・ドゥでは、宙に浮いているようなしなやかさ。
スティーブンの滑らかなサポートで、ふわりと浮遊。
ソロに戻ると、ゴム鞠のようにアントルシャ・カトル。
幽霊感ハンパない~
愛するアルブレヒトを死のダンスから救うべく、踊りまくる。

アルブレヒトのバリエーションの後
ジゼルのソロで、下手後方でジャンプした時に滑ったのか?
すぐ振付に戻れない程激しく転倒!思わず息を呑んでしまいました。
コーダで踊れるのか心配になりましたが
スティーブンのアントルシャ(31回?)の後、上手から現れてホッ
最後まで踊り切りました。(お墓に戻る時パンシェはせず)
彼女は、常に限界を超えようとするパフォーマンスなので
怪我のリスクも大きいですね。
転倒までは素晴らしい出来だっただけに、気の毒でした。

ミルタ役ヴェロニカは、少し音に遅れ気味なところもあったけど
雄大な踊り、icyで容赦ない感じが良かったです。
Moyna & Zulmaは、Katherine WilliamsとZhong-Jing Fang
コールドもまずまずでした。

Giselle5
カーテンコールでは、足を引きずっていたオシポワ。。。
指揮者を出迎えに行くことができず、代わりにヴェロニカが急いで行っていた。
Giselle3
オシポワを優しく気遣うスティーブン
Giselle4

Giselle8
音楽にピタリと合ったスティーブンの踊り。ロミオやバジル役でも見たいなぁ。
Giselle7

NY Timesレビュー

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Masks (Pentagon) @Rockefeller Center

Thomas Houseagoさんによるパブリック・アート
Masks4

Masks3

Masks2
Masks (Pentagon) 6/24まで

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

タイ料理@Wondee Siam

バレエ終演後、お友達とWondee Siamへ。
Wondee Siam2
Pad Thai

Wondee Siam1
Kaeow Taew Lord

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Eifman Ballet@City Center

3年振りにエイフマンバレエが、City Center
新作Up and Downを上演。
Up and Down2
スコット・フィッツジェラルド原作「夜はやさし」を基にしたコンテンポラリー

「夜はやさし」は構成が異なる2つのバージョン、オリジナル版と改訂版があり
改訂版は時間軸通りに物語が進んでいきます。
Up and Down1
フィッツジェラルドの自伝的作品、角川文庫は改訂版の翻訳

Psychiatrist: Sergey Volobuev
Patient: Anastasia Sitnikova
Patient's Father: Oleg Markov
Movie Star: Maria Abashova
Buddy: Igor Subbotin


バレエのストーリー展開は、改訂版と同じで
1幕は、2人が出会って結婚するまで。

優秀な精神科医が患者たちを治療していると
資産家の父親が連れて来た精神を病んだ娘と出会う。
Eifman1

妻が亡くなった寂しさにより、父親が娘と近親相姦関係に陥ったため
娘が精神を病んだ様子が、舞台後方でフラッシュバック。
Eifman2

彼女の治療にあたった精神科医は、脆く美しい彼女に心を惹かれて
医師と患者という垣根を越えてしまい、恋に落ちる。
快方に向かった娘と、やがて結婚することに。

2幕、富豪の娘との結婚は、贅沢を許す代わり
医師としてのキャリアを奪うことに。
将来を嘱望されていた精神科医の運命が狂っていきます。。。
Eifman9

妻の希望で、生きがいだった仕事をやめた精神科医。
リゾート地で過ごしていると、映画女優と出逢う。
Eifman4
映画撮影後、そのシーンが上映される演出が面白い。

2人の様子に疑いを持った妻は、精神障害の発作に襲われる。

排他的なパーティー描写が華やか☆
Eifman3
ガーシュインの音楽が、Jazz Ageのアメリカンな雰囲気で
衣装も素敵。
Eifman5
華やかさは、その先に起こる破滅とのコントラスト。

アルコールに溺れる精神科医は、妻に裏切られて精神の均衡を失っていく。
Eifman7

Buddyは、原作で言うとニコル(精神科医の妻)を愛するトミー・バルバンかな?
(突然現れて、キャラクター描写がなかったので)

Eifman6
妻と別れて、すべてを失い崩壊していく精神科医。
最後には、自分が患者になってしまう。。。。

Eifman11
あいかわらず、容赦ないエイフマンの振付。
特に精神科医役は、休む時がなくて
踊りっぱなしで超ハード!ロシア人の体力恐るべし~
身体能力・演技力が問われる役ですが
ヴォロブーエフの鬼気迫る苦悩の表現が見事でした。
妻役のAnastasia Sitnikovaも、しなやかに美しいポーズを決めていた。

Eifman10
男性は180cm以上、女性は170cm以上という身長制限があるカンパニーで
群舞の皆さんも手足が長くて、舞台映えします。

Eifman8
エイフマン作品は、コンテンポラリーでもわかりやすくて
原作のエッセンスを残しつつ
精神科医の苦悩・葛藤と狂乱の時代をリンクさせた作品。
個人的には、前回観たロダンの方がインパクトがあったかな。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Sushi Lunch

お寿司を食べたがってる人がいたので、日本食レストランへ。
Mizuno1

Mizuno2

機内食を食べたばかりで、おなかいっぱいだったので少しだけ。。。
Mizuno4

Mizuno3

テーマ : 今日のランチ! - ジャンル : グルメ

またね♪

この子とのお別れが寂しいわ。。。
HANA1

HANA2

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

有馬温泉

有馬温泉
Arima4

Arima7

Arima8

Arima6

Arima5

いいお湯でした

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

好古園⑤

松の庭から築山池泉の庭
Tsukiyamachisen1

Tsukiyamachisen2

Tsukiyamachisen3

茅葺四阿「臨泉亭」
Tsukiyamachisen10

Tsukiyamachisen8
風情があります。

Tsukiyamachisen6

Tsukiyamachisen9

Tsukiyamachisen4

Tsukiyamachisen11

Tsukiyamachisen12

Tsukiyamachisen5

Tsukiyamachisen7


竹の庭へ
Takenoniwa3

Takenoniwa4

Takenoniwa2

Takenoniwa1
八角の和傘をイメージした四阿「聞竹亭(もんちくてい)」

Tsukijibei
庭園を囲む築地塀

TVドラマ「水戸黄門」「暴れん坊将軍」「大奥」や
映画「るろう剣心」などが撮影された場所だそう。
外国人観光客も多くて、見応えがある日本庭園でした。

テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

好古園④

夏木の庭から花の庭
Natsukinoniwa3

四阿「花笠亭(かりゅうてい)」
Natsukinoniwa1

ムラサキセンダイハギ
Natsukinoniwa2


松の庭
Matsunoniwa3

Matsunoniwa2

Matsunoniwa1
長屋門

Matsunoniwa4

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。