日本食レストラン

久しぶりにこちらのお店 前に来たのは、なんと10年前だった~
創業11年らしく、ちと雰囲気が変わったような?
Taka Sushi1
付き出し

Sautéed Oyster
Taka Sushi4
いつものお店よりもおいしい♪

Taka Sushi3
リブアイの御狩場焼き

Taka Sushi2
鯵のたたき

Taka Sushi5

Taka Sushi6

お魚はほとんど日本からのものだそう。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

American Table@Alice Tully Hall

American Tableにて、Beaf&Beansのスープだっけ?
American Table

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Taming of the Shrew (Bolshoi Ballet)

1/24ボリショイバレエで上演された「じゃじゃ馬ならし」の映画館上映。
Taming of the Shrew5

Katharina: Ekaterina Krysanova
Petruchio: Vladislav Lantratov
Bianca: Olga Smirnova
Lucentio: Semyon Chudin
Hortensio: Igor Tsvirko
Gremio: Vyacheslav Lopatin
The Widow: Yulia Grebenshchikova
Baptista: Artemy Belyakov
The Housekeeper : Anna Tikhomirova
Grumio: Georgy Gusev


Taming of the Shrew7
シェークスピアの原作を基に、マイヨー振付2014年初演。
(バレエのストーリーは、端折られていますが)
ショスタコービッチの音楽を使用してアレンジ。

幕の前を、家政婦役(原作にはない)には見えない素敵衣装でティホミロワが歩く。
ハイヒールを脱ぎポワントを履いていると、指揮者が登場。
Taming of the Shrew44
ティホミロワが拍手すると音楽がスタート、ソロを踊り出しドタバタ劇が始まる。

舞台セットはシンプルで、真ん中に階段(移動する)がある。
召使いの男性5人が三角形の椅子を運んで、召使いの女性5人も登場。
パドヴァの裕福な商人バプティスタ役ベリャーコフが登場。ずいぶん老け役だ。
演技だけかと思ったら、少し踊りもあります。
Taming of the Shrew3
バプティスタには2人娘がいて、美人で大人しい妹ビアンカは街の男性達に人気。

原作では老人のグレミオ役ロパーティン、威勢がいいホルテンシオ役ツヴィルコ
ピサから来たビアンカと相思相愛のルーセンシオ役チュージン
3人ともコミカルに演じて、良い味だしてました。
じゃじゃ馬の姉カタリーナが片付かないと、ビアンカを嫁にはやらない
と父バプティスタは言って、求婚者達を遠ざけようとする。

ビアンカ役は、今月プリンシパルに昇格したスミルノワ。生脚が綺麗~
意外にこういう役もいけるかも。姉妹の対比が面白く描かれていて
ビスチェになったじゃじゃ馬カタリーナ役クリサノワは、暴れまくる。
ブイブイ系なので適役で、身体能力を生かした振付。
カタリーナが結婚してくれないと困るビアンカ狙いの求婚者たちが困っていたところ
セットの階段を動かすと柱が出てきて、よそ者ペトルーキオ役ラントラートフが登場。
カタリーナに興味を持つ。
Taming of the Shrew1

じゃじゃ馬をならして大金をせしめようとするペトルーキオがワイルドに踊る。カッコいい♪
気の強いカタリーナと激しいPdd、掛け合いが楽しくアクロバティックで見応えあり。
ペトルーキオのペースで、じゃじゃ馬カタリーナも歯が立たない?
キスされた時、カタリーナ以外はフリーズ。いつもと違って女性らしくなる。
頼もしいペトルーキオの気の変わらぬうちに と父親は結婚を承諾。

姉の結婚が決まったので、今度は妹の争奪戦。
ビアンカと3人の求婚者、家政婦と未亡人役グレベンシコーワも登場。
ルーセンシオを好きなビアンカとラブラブなPdd
チュージン、やっぱり上手いなぁ。

ぺトルーキオの従者役グゼフは、ユーモラスに演じる。
嫁入りするカタリーナを迎えに来たペトルーキオは、キザに薔薇をくわえて登場。
テンポが早くなって踊りまくり、それぞれ見せ場で盛り上げる。
カタリーナは、ペトルーキオ平手打ち!
でも殴り返さないペトルーキオが怖くなった?
父との別れが辛そうだったカタリーナ、ペトルーキオと一緒に去る。

2幕、 森の中。ペトルーキオがカタリーナの手を引っ張って歩いて
PDDに。逆さリフト凄っ!
じゃじゃ馬娘だったのに、心細そうなカタリーナ。
ペトルーキオがいなくなり、1人になると黒装束たちに襲われる。
(ペトルーキオの企み)
戻ってきてシャツを着せてカタリーナを助けるペトルーキオ。

ペトルーキオの家に到着。上半身裸のウラド、セクシー。
火にあたるふりは、人生は演じてこそ楽しい とカタリーナに教えたかったのかな。
お茶を飲むふりをするマイムが面白い。
弦楽四重奏8番第8番ハ短調 作品110で、独創的なPdd
Taming of the Shrew2
このバレエ、16歳以下はNGでしたっけ?
色っぽいシーンでも、クリサノワだとあまりいやらしく見えないけど。
2人がベッドに入ると、従者がシーツをかけます。
原作やクランコ版は、フェミニズム以前の作品なので
カタリーナを食べさせない、寝させない とDVのように調教するけど
マイヨー版では、ペトルーキオの企みはあるものの
いつの間にか結ばれる という描写になっていて、愛と性の物語?
翌朝従者が踊りながら、2人にビアンカとルーセンシオの結婚式の招待状を渡す。

セットを動かして場面転換。バプティスタ家で、ビアンカとルーセンシオの結婚式。
色っぽい家政婦、バプティスタ、召使い6組男女 と続々に登場して華やかに踊る。
階段からグレミオとホルテンシオも降りてきて、ユニゾンの踊り。
家政婦と未亡人も加わり、男女ペアの踊りに。

The Gadfly Suiteでしっとり、ビアンカとルーセンシオのPDD
Taming of the Shrew6
アイスダンスのようなローテンションリフトもあり、オルガが美しい☆

階段からペトルーキオとカタリーナが登場。女らしくなって、幸せそうなPDD
じゃじゃ馬カタリーナがいつまた爆発するか とみんなは思っていたけど
貞淑な妻を楽しげに演じるカタリーナ。
逆に、おしとやかだったビアンカが強くなっていた と言うオチ。
ラストはTahiti Trot(Tea for Two)で、それぞれのカップルがお茶を入れるマイムが面白い。
ビアンカとルーセンシオのカップルは、ルーセンシオの方が尻にひかれてそう。

それぞれのキャラがはっきりしていてわかりやすくて、物語展開がスピーディ。
美形でスタイルの良いボリショイのダンサー達が踊ると、モダンな激しい振付も映えますね。
衣装もセンスあるし。ユーモアもあり楽しい作品。
ロンドン公演で観られる人たちが羨ましい~
マイヨー振付はロミオとジュリエットLAC と観たけど
このTaming of the Shrewが一番好きかな。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

スノーストーム Jonas

久しぶりの猛吹雪。一日中降り続けて、どっさり積もった
Jonas2
いつもなら雪かきでお小遣い稼ぎしたい子が、ドアベルを鳴らしに来るけど
玄関前は歩けない状態。。。

Jonas3
車が出せるように&sidewalkを歩けるように、、翌日スノーマシーン出動
Jonas4
長靴よりも深かった~

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Il Trovatore

昨年10/3METで上演された「イル・トロヴァトーレ」をPBSで視聴。
アントニオ・ガルシア・グティエレスの戯曲「El Trovador 吟遊詩人」を基にした全4幕。

Manrico: Yonghoon Lee
Leonora: .Anna Netrebko
Count Di Luna: .Dmitri Hvorostovsky
Azucena: Dolora Zajick
Ferrando: Stefan Kocan


15世紀スペイン、アラゴン王国を舞台にジプシー老女の復讐劇?と
女性をめぐった兄弟の悲劇。
昔ルーナ伯爵の父親に、母が火刑にされたアズチェーナは
復讐の為その子供を誘拐、手をかけようとしたが
誤って自分の子供を殺してしまう。

宮廷女官レオノーラと愛し合うトロヴァトーレ(吟遊詩人)の騎士マンリーコは
レオノーラに恋するルーナ伯爵と、実の兄弟とはお互い知らずに激しく対立。
Il Trovatore1

アズチェーナを捕らえて、母親の処刑を脅しマンリーコを捕らえるルーナ。
マンリーコを愛するレオノーラは、命がけで彼を救い出そうとし・・・
と悲惨なストーリー。

Il Trovatore3
ネトレプコは、やっぱ凄いな~画面越しでもグイグイくる!
ホロストフスキーさんの復帰公演ってことで、登場シーンで大拍手!
嫉妬と復讐に燃えるキャラを好演。
タイトルロールのヨン様(ヨンフン・リーさん)も、表情の変化は少なかったけど
良い声してますねー
ザジックも貫禄たっぷり!ジプシー女の怨念が怖くて、陰の主役?
カルメンみたいな回り舞台を使って、全体的に薄暗い。
Il Trovatore2
ツッコミ所がある荒唐無稽なストーリーだけど、ヴェルディの名旋律が満載です。

テーマ : 音楽 - ジャンル : 学問・文化・芸術

My Hero

巨大サンドイッチ Hero(場所によってSubmarineやPo' boyと呼ばれますが)
My Hero2
好きな具が選べます。この日は卵ポテト玉ねぎ。卵何個分?

My Hero3

テーマ : B級グルメ - ジャンル : グルメ

Triomphe@Iroquois

恒例冬のレストランウィークってことで、Triomphe@Iroquoisでランチ
db Bistro Moderneの近くにあります。
Triomphe5

Triomphe1

前菜 Escargots
Triomphe2
Hazelnuts garlic butter

Creamy celery root soup
Triomphe3
Cauliflower chips and black truffle

Braised short ribs
Triomphe6
Burgundy sauce, speatzle and mirepoix crust

Truffle Risotto
Triomphe4
Root vegetable, spinach coulis

デザート Pear frangipane tart
Triomphe8

Creme Brulee
Triomphe7

それほど広くないけど、イロコイホテル内にあり落ち着いた雰囲気で
おいしゅうございました♪

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

La Bohème@Metropolitan Opera House

ラ・ボエーム」を鑑賞しに、Metropolitan Opera Houseへ。
MET1

MET2
アンリ・ミュルジェールの「ボヘミアン生活の情景」を基にしたプッチーニ3大オペラの1つ
(あとの2つは、トスカと蝶々夫人)
METで最も上演回数が一番多く、ゼフィレッリの演出で有名です。

Mimi: Hei-Kyung Hong
Rodolfo: Jean-Francois Borras
Musetta: Susanna Phillips
Marcello: Quinn Kelsey
Schaunard: David Pershall
Colline: Kihwan Sim


MET3

指揮はダン・エッティンガー。指揮者になる前は歌手だったらしいけど、若いなー
1830年頃のパリが舞台。貧乏だけど夢を持ってるボヘミアンたち
音楽家ショナール、哲学者コッリーネ、画家マルチェッロ。
屋根裏部屋で暮らす詩人ロドルフォは、病弱なお針子ミミと恋に落ちる。
ミミ役ヘイ・キョン・ホンさんは、私の初MET鑑賞2002年トゥーランドットのリュー役でした。
今回も、一途で薄幸そうなキャラが合ってました。
ロドルフォ役ジャン=フランソワ・ボラスも、丁寧な歌唱で優しげ。

2幕カフェ・モミュスの二階建てセットが登場すると、客席から拍手~
La Boheme3
子供達や楽団など群集の動かし方も上手くて、ロバや馬も登場
マルチェッロの元恋人ムゼッタ役フィリップスさんも、ハマッていてチャーミング。
誰かフィギュアで使ってた人いたっけ? と思ったら、西野友毬さんがいましたね。
Pチャンのステップも思い出すなぁ。

3幕雪のシーンも幻想的で、しっとり。
La Boheme2

4幕屋根裏部屋は、1幕とは異なるセット。
La Boheme1
ディテールにこだわった舞台美術&美しいメロディラインが味わえる演目です。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

カナダ国立バレエ DC公演

カナダ国立バレエDC公演「The Winter's Tale」@Kennedy Centerのキャスト

1/19
Leontes: Piotr Stanczyk
Hermione: Hannah Fischer
Perdita: Jillian Vanstone
Florizel: Naoya Ebe
Polixenes: Harrison James
Paulina: Xiao Nan Yu

1/20
Leontes: Evan McKie
Hermione: Jurgita Dronina
Perdita: Elena Lobsanova
Florizel: Francesco Gabriele Frola
Polixenes: Brendan Saye
Paulina: Svetlana Lunkina

1/21
Leontes: Piotr Stanczyk
Hermione: Hannah Fischer
Perdita: Jillian Vanstone
Florizel: Naoya Ebe
Polixenes: Harrison James
Paulina: Xiao Nan Yu

1/22
Leontes: McGee Maddox
Hermione: Heather Ogden
Perdita: Elena Lobsanova
Florizel: Rui Huang
Polixenes: Félix Paquet
Paulina: Svetlana Lunkina

1/23 マチネ
Leontes: Guillaume Côté
Hermione: Sonia Rodriguez
Perdita: Elena Lobsanova
Florizel: Francesco Gabriele Frola
Polixenes: Félix Paquet
Paulina: Tanya Howard

1/23
Leontes: Piotr Stanczyk
Hermione: Hannah Fischer
Perdita: Elena Lobsanova
Florizel: Naoya Ebe
Polixenes: Harrison James
Paulina: Xiao Nan Yu

1/24
Leontes: Evan McKie
Hermione: Jurgita Dronina
Perdita: Rui Huang
Florizel: Skylar Campbell
Polixenes: Brendan Saye
Paulina: Svetlana Lunkina

Act One - 47 min.; Act Two - 35 min.; Act Three - 23 min.

NY公演キャスト予想の参考に。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

この冬初めての雪
Snow

これまで暖冬でしたが、寒くなってきました~

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報