スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Mariinsky@BAM

マリインスキーバレエを鑑賞しに、Brooklyn Academy of Musicへ。

plisetskaya
昨年亡くなったマイヤ・プリセツカヤへのトリビュート・ガラで
ボリショイ劇場でも開催)
私が行ったのはA Tribute to Maya Plisetskaya: Program D

Excerpt from Carmen Suite (1967)
Performed by Uliana Lopatkina and Andrey Ermakov
Choreography by Alberto Alonso
Music by Rodion Shchedrin after Georges Bizet

Maria and Vaslav adagio from The Fountain of Bakhchisarai (1934)
Performed by Ekaterina Osmolkina and Maxim Zyuzin
Choreography by Rostislav Zakharov
Music by Boris Asafyev
Mariinsky2

Melody (1949)
Performed by Uliana Lopatkina and Andrey Ermakov
Choreography by Asaf Messerer
Music by Christoph Willibald Gluck
Mariinsky1

Pas de deux from Giselle
Performed by Maria Shirinkina and Vladimir Shklyarov
Choreography by Jean Coralli and Jules Perrot (1841)
Revised choreography by Marius Petipa (1884)
Music by Adolphe Charles Adam
Mariinsky7

La Rose Malade (Death of the Rose) (1973)
Performed by Uliana Lopatkina and Andrey Ermakov
Choreography by Roland Petit
Music by Gustav Mahler
Mariinsky3

マリインスキーオケによる生演奏
オスモールキナ&ジュージン夫妻の「バフチサライの泉」は観たことないけど
1幕マリアと恋人ワツラフのPDDのよう。
腕が長いロパートキナ、Melodyでヴェールの使い方が綺麗で見惚れてしまう。
シリンキナ&シクリャーロフ夫妻のジゼルも良かった!
夫婦でミュンヘンバレエと契約したってホント?
Death of the Roseは、演奏も照明も素敵で
ロパートキナの崇高な雰囲気に惹きつけられました。上半身裸のエルマコフにも(笑)

休憩挟んで
Excerpt from Act III of The Fountain of Bakhchisarai (1934)
Performed by Uliana Lopatkina, Maria Shirinkina and Roman Belyakov
Choreography by Rostislav Zakharov
Music by Boris Asafyev

Adagio from Act III of Shurale (1950)
Performed by Valeria Martinuk and Maxim Zyuzin
Choreography by Leonid Yakobson
Music by Farid Yarullin

Pas de deux of Mekhmeneh Bahnu and Ferkhad from The Legend of Love (1961)
Performed by Uliana Lopatkina and Andrey Ermakov
Choreography by Yuri Grigorovich
Music by Arif Melikov

Balcony pas de deux from Romeo and Juliet (1940)
Performed by Ekaterina Osmolkina and Maxim Zyuzin
Choreography by Leonid Lavrovsky
Music by Sergei Prokofiev

Excerpt from The Little Humped Back Horse
Performed by Uliana Lopatkina and Vladimir Shklyarov
Choreography by Alexei Ratmansky
Music by Rodion Schedrin
Mariinsky4

タタールの民話が基になってる「シュラレ」も初めて見られたし
(衣装もそんなカンジ)
「バフチサライの泉」3幕も見られて、全幕で観たくなった!
99年マリインスキーNY公演でも踊ったらしいロパートキナ
ギレイの心を奪わったマリアの美しさに嫉妬するザレマ役を熱演。
長身で迫力があったベリャーコフは、まだ若いのかな?
愛の伝説」のバヌー役が好き  と言うだけあって、こちらもハマっていました。
オスモールキナ&ジュージン夫妻のロミジュリは、ラブロスキー版なのでしっとりと。
「イワンの仔馬」2幕PDDでは、チャーミングなお姫様
シクリャーロフは、6年前のイワン役がかわいかったのを思い出しちゃった。

Mariinsky9
マルトゥイニュク、ベリャーコフ、シリンキナ、シクリャーロフ
オスモールキナ、ジュージンがカーテンコール
Mariinsky8

その間にロパートキナだけ着替えて「瀕死の白鳥」 2ヶ月前の感動が再び蘇る。
Mariinsky6
The Dying Swan (1905)
Performed by Uliana Lopatkina
Choreography by Michel Fokine
Music by Camille Saint-Saëns
Mariinsky5

エルマコフ&ロパートキナも加わって、再びカーテンコール
Mariinsky10

Mariinsky11
至宝ロパートキナ様の七変化が堪能できて、満足☆良いもの観させて戴きました~
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Makinajian Poultry Farm

近くまで来たついでに、卵と鶏肉を買いにMakinajian Poultry Farmへ。
Makinajian Poultry Farm4

Makinajian Poultry Farm1

チキンだけでなく、ラムやダックも売っていました。
Makinajian Poultry Farm3

鶏肉は照り焼きチキン、から揚げ、大根と手羽の煮物などにして戴きました

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

イタリア料理

ある日のイタリアン

Fusilli Pesto Rosso
Italian3
corkscrew shaped pasta tossed with fresh chicken pieces, sauteed in a delicious blend of crushed plum tomato & homemade pesto "Di Basilico" sauce

Linguine Di Mare
Italian4
fresh shrimp, mussels & Manila clams sauteed in Fra Diavolo sauce ove linguine

Semi-Freddo Veal
Italian5
golden fried veal cutlets topped with a fresh "chilled" diced tomatoes, red onions & basil salad

Chicken Rollatini Alla Tuscana
Italian1
fresh breast of chicken stuffed with sauteed spinach & mozzarella cheese baked & served in a mushroom & Marsala wine brown sauce

Penne Pink Sauce
Italian2

テーマ : こんなの食べてみた - ジャンル : グルメ

Hamburg Ballet シカゴ公演

ハンブルクバレエ今年もNYに来ず。。。

シカゴ公演@ Harris Theater
2/23-24 Othello

2/26-27 Third Symphony of Gustav Mahler

日本公演は、3/4-13

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Mariinsky Ballet DC公演

マリインスキーバレエ、ワシントンDC公演「ライモンダ」@Kennedy Centerのキャスト

2/23
Raymonda: Oxana Skorik
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Timur Askerov
Abderakhman: Konstantin Zverev
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Batoeva
Clémence: Kristina Shapran

2/24
Raymonda: Yekaterina Kondaurova
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Daniil Korsuntsev
Abderakhman: Yuri Smekalov
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Gonchar
Clémence: Yekaterina Chebykina

2/25
Raymonda: Anastasia Kolegova
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Yevgeny Ivanchenko
Abderakhman: Yuri Smekalov
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Batoeva
Clémence: Kristina Shapran

2/26
Raymonda: Oxana Skorik
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Timur Askerov
Abderakhman: Konstantin Zverev
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Gonchar
Clémence: Yekaterina Chebykina

2/27 マチネ
Raymonda: Anastasia Kolegova
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Yevgeny Ivanchenko
Abderakhman: Konstantin Zverev
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Batoeva
Clémence: Kristina Shapran

2/27
Raymonda: Yekaterina Kondaurova
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Daniil Korsuntsev
Abderakhman: Yuri Smekalov
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Gonchar
Clémence: Yekaterina Chebykina

2/28
Raymonda: Oxana Skorik
Countess Sibilla: Elena Bazhenova
Jean de Brienne: Timur Askerov
Abderakhman: Konstantin Zverev
René de Brienne: Soslan Kulaev
Ali: Islom Baimuradow
Henrietta: Nadezhda Batoeva
Clémence: Kristina Shapran

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Brasserie Cognac

バレエ開演前、Brasserie Cognacでブランチ
Cognac1

飲みたい人やガッツリ食べたい人向けのお得な
Brunch Prix Fixe(食前酒、前菜、メイン)がありました。
Cognac2
Bloody Mary

Cognac3
Pumpkin Soup

Hamburger
Cognac4
filet migon hamburger with tartare sauce and handcut french fries

SCOTTISH BENEDICTが食べたかったので(ブランチのメインメニューになかった)
コーヒーと戴きました
Cognac5
On English muffin with Hollandaise sauce and Scottish smoked salmon

朝早くから夜遅くまで営業しているので、使い勝手の良いお店。

イースト店もあります。

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Cinderella

2年振りモンテカルロバレエを鑑賞しに、City Centerへ。
Cinderella1
ジャン・クリストフ・マイヨー振付の「シンデレラ」1999年初演。

☆ストーリーは、こちらで予習。

マイヨー版シンデレラは、かぼちゃの馬車もガラスの靴も出てこなくて
仙女がシンデレラの亡き母親 という設定。
ので、主役はシンデレラ母と父のカップルです。

The Fairy/The mother: Mimoza Koike
The Father: Gabriele Corrado
Cinderella: Anjara Ballesteros
The Prince: Lucien Postlewaite
The Stepmother: Maude Sabourin


プロローグ、物語のモチーフとなる母の形見のドレスを持ったシンデレラが
亡くなった母を回想。
Cinderella3

シンデレラ母と父のPDD、愛する妻が亡くなり(スパンコールが降りかかる)
失意の父、悲しむシンデレラ。マイヨー版シンデレラ役は全幕素足で踊ります。

1幕、継母と意地悪な義姉2人がシンデレラを苛める。
Cinderella2
父は、シンデレラと後妻の間に挟まれて苦悩。継母は、夫を性的に魅了してるよう。
Cinderella4
通常のシンデレラでは、父親は登場しなかったり影が薄いけど
マイヨー版では踊りまくるので、Gabriele Corradoは汗だくに。
ジェローム・カプランの衣装は、モダンで奇抜。
義母と義姉達は、コルセットみたいなビスチェ。

舞台セットはシンプルで、本のページに見立てた?白い衝立が
映像を写すスクリーンになったり、移動して壁になったり と
場面展開に効果的。

ガウンを着た仙女(シンデレラの母)が、舞踏会の招待状を持って来る。
儀典長2人が登場して、ドレスを選ぶ義姉達と継母。
厚手の鎧みたいな?衣装のマネキン4人、マスクで顔が見えないけど
実はイケメン(カーテンコール時に確認)
Cinderella5
変なドレスを選ぶ義姉達。彼女達の心を映したような歪んだ鏡。
Cinderella7
継母のドレスも、尻尾みたいなのがついてるし。
父は燕尾服で普通。
シンデレラも舞踏会に行きたいけど、大量のレンズ豆を剥くように命じられる。
シンデレラ役アンハラ・バジェステロスは、薄幸そうな雰囲気を醸しだしながらも
苛められてもめげず。溌剌と踊ってました。

場面変わって、王宮で虚しい毎日を過ごす王子。
Lucien Postlewaiteは、あまり王子っぽくない と言うか
この版の王子はチャラ男?のようで、友人4人とフラフラ過ごしている。
友人役の1人に、加藤三希央君(狩人兄の息子)が活躍。
ローザンヌ入賞は2年前、まだ若いのに役がついて将来有望?

シンデレラの家のシーンに戻って、みんなが舞踏会に出かけた後
亡き母が仙女となって現れて、1人になったシンデレラに
「シンデレラ」の物語を見せるんだけど、この劇中劇が笑える~
四季の精の音楽だけど、この版では出てこないので
さっきのマネキン4人と儀典長2人が、「シンデレラ」の物語を演じます。
1から12までの番号がついてるマネキンの衣装
後から思ったけど、時計のモチーフだったのかな?
箒(馬の顔つき)にまたいでシンデレラを探しに行く王子
靴に合わせて足を切って血を流す(赤いタイツ)義姉達や
シンデレラと王子から生まれた赤ちゃん4人に爆笑!
早替わりお疲れさまでした~

ユニゾンの振付の儀典長2人が、表情豊かでコミカルな演技が面白い!
アレクシス&ジェオルジェ・オリヴィエラ、兄弟のようで息がピッタリ。
Cinderella6
動きがアニメっぽくて、終始笑わせてくれました~
趣味の悪いドレスをシンデレラに着せて、仙女に怒られたりするし。

亡き母が最後の舞踏会で着たドレスに着替えたシンデレラ。
ガラスの靴の代わりに?シンデレラの足がキラキラになるのは知ってたけど
巨大ガラスボールに足を入れた時に、儀典長の1人が
スパルコールを必死でこすりつけていた。
舞踏会のビジョンを見せて、盛り上がったところで1幕終了。

仙女(シンデレラの母)役は、小池ミモザさん。長身で手足が長いので映える。
堂々とした踊りっぷりで、さらに上手くなっていた。
回想シーンではエレガント。亡くなった時スパンコールが降ってきたのは
後から仙女になって現れる ってことだったのね。
仙女になるとキレがある踊りで、全身スパンコールをまとってるので
一緒に踊った人や、みんなの靴裏にもキラキラが付いていた。

休憩挟んで2幕、舞踏会。中央に階段。
儀典長2人と招待客が踊っていると、階段から仙女が登場。
その後義姉達と継母とシンデレラ父、王子友人4人。
王子は階段から滑って降りて登場。アホッぽい。
招待客の女性達が王子を誘惑しようとして、止めようとする儀典長2人。
今度は、継母と義姉達が王子たちに絡む。
亡き妻そっくりの仙女をずっと追うシンデレラの父が切ない。。。

暗くなり、キラキラ光る足にスポットライトがあたって
シンデレラが階段から登場~
目隠しを取られた王子が最初に見たのは、シンデレラの顔ではなくて足。
王子は足フェチか?
シンデレラと王子のパドドゥと仙女と父のパドドゥが、シンクロする。
このパドカトルが、ラブリーで美しかった!

階段でシンデレラと王子が座ってるのもかわいい雰囲気だし
誰もいなくなって、2人っきりになった2人。
階段から降りてきて、恋に落ちたラブラブなPDD
ロミオとジュリエットのバルコニーPDDっぽい。
逆さリフトやツイスト、ローテーショナルリフトなど若さ溢れる躍動感ある踊り。
シンプルなドレスや素足は、無垢なシンデレラの象徴だったのかな。
コーダのワルツでは、所狭しと男女群舞が踊って盛り上がる。
真夜中になり、光る足の残像を残して王子から去るシンデレラ。

3幕、輝く足探しをするため、儀典長2人が足の絵を描くのが笑える~
美しい足=美しい心 ってことなんでしょうけど。
上手く描けた儀典長は王子から勲章?を貰って喜び、もう1人は拗ねる。
絵を持って、王子御一行がシンデレラ探しに旅立つ。
Cinderella8
白い衝立が帆船となり、儀典長2人が青い布の両端をそれぞれ持って揺らし
大海原へ。客席から笑いが。。。
Cinderella9
異国女性のエキゾチックな踊り。顔全体メイクを塗ってたけど、皆さん美形。
この足じゃない~ とガックリする王子。
仙女が現れて、王子をシンデレラへと導く。

シンデレラの家では、なぜか義姉達が顔と脚を包帯で巻いている。
顔の包帯を取って、満足げに笑ってたけど
王子が女性を探している と聞いて、整形でもしたのか?

王子御一行が、シンデレラの家にやって来る。
義姉達は、儀典長達に脚の包帯を外させる。
が、脚は整形に失敗したようで・・・
映像だと黒くてただれたメイクがグロかったけど
舞台ではタイツだったのでホッ

儀典長2人がシンデレラを持ち上げて、シンデレラの足を王子に見せる。
いつの間にキラキラを付けたんだろう。
王子と結ばれたシンデレラは、父の元を去る。

亡き妻のドレスを手にした父、想いが通じたのか
仙女から妻の姿に戻って現れて、しっとりとPDD
Cinderella10
お互いの足をくっつける振付があったけど、やっぱり足=心なんだね。
シンデレラが幸せになって、仙女の役目が終わったので
お別れを言いに来たのかな?再び愛する人を失う父がかわいそうだけど
継母の首をドレスで絞めるのが怖いんですけど~
最後に妻が消えて、ドレスだけ残されるのが切ない
背後の宮殿の階段では、娘がハッピーエンド(ポスターの絵)
母が祝福するようにキラキラが、シンデレラ&王子に降りかかる。
光を見つめながら、愛する妻を想う父・・・
悲哀あるエンディングで、プロローグとの対比が見事でした。
Cinderella13

Cinderella16

Cinderella12
洗練された「じゃじゃ馬ならし」と比べると、マイヨーが若い頃の作品ってカンジだけど
亡くなったシンデレラの母が、仙女となってシンデレラを助けたり
ガラスの靴ではなくて、足をキラキラ輝かせる演出が斬新。父&母も絡めて大人なシンデレラ。

Cinderella11
最前列で、儀典長2人の小芝居につい目がいってしまった。ツボにハマって爆笑しっぱなし!

☆NY Timesのレビューはこちら

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

源吉兆庵

源吉兆庵の福渡せんべいを戴きました。移転してからあまり行かなくなってしまった。
FukuWatashi

有難うございます♪

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Sushi Yasaka

お友達とSushi Yasakaでランチ
Yasaka1

Yasaka2

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

NYCB Art Series Presents: Marcel Dzama

今年のNew York City Ballet Art Series(2/21まで)
Marcel Dzama4

Marcel Dzamaによるインスタレーション

Marcel Dzama1

Marcel Dzama2

Marcel Dzama3

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。