FC2ブログ

Radiance Tea House & Books

お友達とRadiance Tea House & Booksで待ち合わせ。

RadianceTea

中国茶を戴きました

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Natalia Osipova & Artists

Natalia Osipova & Artistsを鑑賞しに、CityCenterへ。
Osipova1
7月サドラーズウェルズ劇場で上演されたオシポワのコンテ・トリプルビルが、NYに凱旋。

Run Mary Run (US Premiere)
Choreography: Arthur Pita

Osipova2

Osipova3
舞台セットもあって、芝居色が強い作品。
60年代のメアリー&ジミー、酒とロックとセックスとドラッグな話。
プロローグ(ナターシャの名前をタトゥーに彫ったポルーニンの手が見える)から
ラストシーンが想像できてしまった。
(回想する展開なので、最後が予想できる)
薬打つシーンが直接的すぎて、ひいた。。。
2人の踊りは良かったんだけど。
休憩中お隣の席の方は、才能の無駄使い! と批評されてました。


Qutb (US Premiere)
Choreography: Sidi Larbi Cherkaoui

シディ・ラービ・シェルカウイの振付。
Qutb とはアラビア語で、軸 と言う意味らしい。
男性二人(ジェイソン・キッテルバーガージェームス・オハラ)と
中東の宗教的な音楽で、ユニゾンで踊ったりリフトしたりする。
あまり好みではなかったけど
くねくねした振付が、オシポワの柔軟性をこれでもかと強調。


Silent Echo (US Premiere)
Choreography: Russell Maliphant
Osipova4

ギエムフェリでも観て良かったラッセル・マリファントの振付。
音楽も衣裳も踊りもシンプルだけど
オシポワとポルーニンの良さを引き出すクラシックのステップで
超高速シェネでは、観客からどよめきが。
踊ってるポルーニン4年振りに生で観ることができて、満足♪
次回は、全幕主役で見たいものです。

☆NY Timesのレビューは、こちら

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

San Marco Ristorante

Barbara&John達とイタリア料理
San Marco1

前菜 Baked Clams
San Marco3

Eggplant Rollatine
San Marco2

Caesar Salad
San Marco4

Mixed Garden Salad
San Marco5

メイン
San Marco7
Chicken & Veal with prosciutto & mozzarella in light sauce

20人位いたけど魚をオーダーしたの私だけ。さすが肉食人種アメリカ人
San Marco6
Freah baked Orange Roughy Oreganata

デザート
San Marco8
Carrot Cake

San Marco9

ご馳走さまでした

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Fishs Eddy

大統領選挙の年になると売られる面白グッズ
FishsEddy1

FishsEddy2

FishsEddy3

FishsEddy5

FishsEddy4

FishsEddy6

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Connetquot River State Park

ある暖かい秋の日、Connetquot River State Parkに行ってみた。
Connetquot River State Park1

Connetquot River State Park10

Connetquot River State Park11

Connetquot River State Park2

3473エーカー (14.05 km2) ある広大な敷地

Connetquot River State Park4

1866年に設立されたThe South Side Sportsmen's Clubがあった場所で
William Kissam Vanderbilt、Andrew Carnegie、William Bayard Cuttingなど
富豪たちが集まりFishingやHuntingをしていたそう。
Connetquot River State Park5
Historic House Toursがやっていたので、当時の宿泊部屋やロッカー
捕えた魚や鴨などを調理した巨大なキッチン、Barなどを拝見。
冷凍庫がない時代なので、凍った池の氷を切ってIce Houseに運んでいたらしい。
こちらで説明が聴けます。

Connetquot River State Park6
こちらは、ご婦人達がくつろいでいた部屋だそう。

Connetquot River State Park3

乗馬している人たちがいた
Connetquot River State Park7

Connetquot River State Park8
久しく馬に乗ってないなぁ

トレイルをお散歩
Connetquot River State Park12

Connetquot River State Park9

Connetquot River State Park14

Connetquot River State Park13

広すぎるので、迷子にならないように~

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

The Living Room@Park Hyatt New York

先月のことですが、Park Hyatt New Yorkへ。
Diningが改装中なので、ラウンジThe Living Roomで軽食。
The Living Room1
メニューにあまり選択肢がなかったので、無難にハンバーガー

The Living Room2
デザートはエクレア3種
お茶は、鉄瓶でサーブされました

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Vail Dance Festival: ReMix NYC

Vail Dance Festival: ReMix NYCを鑑賞しに、New York City Centerへ。
Vail8

プログラムでは、フェリ&コルネオがRhapsodyを踊る予定だったけど
コルネホの怪我でナシに。。。(涙)
前日観に行った友人から聴いていたので、心の準備はできてたけど
なくなった分の代わりの演目が、何もなかったのが物足りず。
全演目生演奏だったのは、良かったです。

Apollo
Choreography: Igor Stravinsky
Music: George Balanchine
Apollo: Robert Fairchild
Terpsichore: Tiler Peck
Calliope: Isabella Boylston
Polyhymnia: Devon Teuscher
Leto, Mother of Apollo: Kaitlyn Gilliland
Hand Maidens: Amber Neff, Unity Phelan


誕生シーンからフルで観たのは初めて。ギリシャ神話を題材とした作品で
1928年バランシンが、バレエ・リュスのために振付。
今見ても斬新で、美しい身体表現が堪能できます。

アポロの母レトが、ゼウスの子アポロを出産。
二人の女性が布をほどき、アポロがピルエットをしながら布から解放。
女性がアポロにリュートを渡して、弾き方を教える。
リュートを床に置き、アポロのヴァリアシオン。
3人のミューズが現れて踊り
ミューズの守護神アポロが、それぞれに芸術を授ける。

詩の女神カペリオに書板を、劇の女神ポリヒムニアに仮面を
歌と舞踊の女神テレプシコールに、竪琴を贈ります。
それぞれが踊り、アポロのヴァリアシオン
そして、アポロ&テルプシコールのパ・ド・ドゥ(ガラで踊られる)
コーダは、アポロとミューズの踊りで
アポテオーズは、ゼウスの呼び声でアポロが神となります。
アポロがパルナッソス山(階段)を昇っていくと、ミューズ達も続いて
神々しいアポロを母と侍女?二人も見送り、幕。

カリオペが口から言葉を吐き出す動きや
ポリヒムニアがシーッっていう仕草のまま踊ったり と
ユーモアもある振付。
一つ一つのポーズが美しかった。

Vail5

Vail7

休憩後、3演目
Leaves are Fading
Choreography: Antony Tudor
Music: Antonin Dvorak
Tiler Peck and Cory Stearns

9年前?ABT秋公演で観た「葉は色あせて」からパ・ド・ドゥ
ドヴォルザークの弦楽四重奏「糸杉」も好きだし
しっとりした詩情を感じさせる作品。
久しぶりに観られて良かった。

Lamentation
Choreography: Marth Graham
Music: Zoltan Kodaly
Carla Körbes
Vail1

昨年PNBを引退した(その前はNYCBで踊ってた)カーラ・コーブス。
この作品は、振付が好みではなかった。

Fandango
Choreography: Alexei Ratmansky
Music: Luigi Boccherini
Sara Mearns

忙しそうな振付 と思ったら、やっぱりラトマンスキー。
もう少し余白があってもいいと思うけど
サラ・マーンズの雰囲気には合っていて良かった。

Vail2

休憩後、本日のメインイベント
Lil Buck @ City Center: A Jookin’ Jam Session
Choreography: Lil Buck and others
Music: various composers
Lil Buck and Ron "Prime Tyme" Myles
Vail3

Vail6

Lil Buckを観るのは、3年前ニーナとの瀕死の白鳥の共演以来でした。
かなり長いセッションで、盛り上がりました~

Vail4

Vail9

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術