Connetquot River Fireworks

友人に誘われて、Oakdale Yacht Clubへ
Oakdale Yacht Club1

Oakdale Yacht Club4

Oakdale Yacht Club5

いつも利用してた近所のマリーナと比べて、おっきなボートが多いこと。

Oakdale Yacht Club2

Oakdale Yacht Club3

ボートの上からConnetquot River Fireworks by Grucciを見るのに、スタンバイ
Oakdale Yacht Club6

日没近くになると、花火を積んだボートが出航
Oakdale Yacht Club7

Oakdale Yacht Club8

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

日本食レストラン

先週のことですが、常連店でラーメン

Ramen

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

Boule & Cherie

Boule & Cherieで、お友達と待ち合わせ。
Boule & Cherie
スモークサーモンサンド

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Onegin@MET Vol.3

オネーギン3公演目、お気に入りのDavidを観ないわけにはいきません。
Onegin4

Onegin: David Hallberg
Tatiana: Hee Seo
Lensky: Jeffrey Cirio
Olga: Skylar Brandt
Gremin: Thomas Forster


David演じるオネーギン、都会的で冷ややかな雰囲気でカッコいい~
貴族っぽさが醸し出るので、アルブレヒトとオネーギンはハマリ役ですね。
ボッレやゴメスほどサポートは上手くないけど
1幕鏡のPddでは、ロマンチックさ全開
4年前ポリーナと踊った時よりも、セオが軽そうなので伸び伸び~
2幕でもオネーギンはいっぱい踊るので、見入ってしまった。
退屈さやイライラ、怒りなど繊細な感情表現も良かったです。

1&2幕のセオは、初恋にときめく清楚なイメージが合っていたけど
3幕舞踏会では、もう少し輝きがほしいところ。

Onegin1
Davidの狼狽えぶりが良かったのに
田舎娘→成熟した人妻の対比が見られないとクライマックスが盛り上がらない。
ラスト手紙のPddでも、冷たかったオネーギンが
別人のように激しく求めるのに
タチアナの色香が、ちょっと足りなかったような。

レンスキー役シリオは、テクニックはあって上手いけど
詩人役のイメージではないかも。
若くて無邪気なオルガ役を演じたブラントとは
息の合ったペアで、踊りは良かったです。

Onegin5

Onegin2

Onegin3

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Onegin@MET Vol.2

オネーギン2公演目は、ディアナさよなら公演です。 
Diana Farewell5

Onegin: Marcelo Gomez
Tatiana: Diana Vishneva
Lensky: Blaine Hoven
Olga: Isabella Bolyston
Gremin: Roman Zhurbin


2005年にプリンシパル契約したディアナ、ABTでの最後の舞台。
もちろん客席はギッシリ埋まって、ロシア語も飛び交っています。

4年前観た時も思ったけど
貞淑なキャラでないディアナは、色っぽくて初恋には見えず
演技も、やや過剰かもしれない。
ゴメスも、オネーギンの雰囲気ではないけど
(2人共、マノンの方が嵌ってる)
一心同体のパートナーシップが素晴らしい!
これまでも数々の名演を見せてくれましたが
今後この2人の踊りが見られないと思うと寂しい・・・

流れるように数々のリフトを完璧にこなし
軽やかでしなやかで伸びやかで
どこを切り取っても美しい~
スピード感やキレもあって
クランコの振付の素晴らしさを堪能することができました。

1幕鏡のPddでは、ゴメスの肩の上でディアナが脚を開くと
衣装がゴメスの顔にかかって、視界がさえぎられ
衣装をとくため、走りながらガッと頭を振ったのを見て
RJのバルコニーPddを思い出しちゃった。

3幕手紙のPddでは、2人の魂のぶつかり合い と言うのでしょうか
ディアナのABTフェアウェル という特別感も加わって
溢れ出る感情表現に引き込まれました。

レンスキーとオルガは、アメリカーンなカップル ってカンジで
ロシアのお話っぽく見えず。
ホーベンは、エレガントなシムキンと比べると
回転前プレパレーションの間が少しあって
踊りが流れるように見えなかった。
(シムキンが上手すぎるんだけど)

Photo by Andrea Mohin
Diana Farewell6
グルーミン公爵役ズルビンは、安定の演技で
3幕舞踏会赤いドレスのタチアナは、キラキラ☆オーラで
ゴージャスでした。

Photo by KentGBecker
Diana Farewell2
カーテンコールでは、ディアナもゴメスも涙・・・

Diana Farewell3

Diana Farewell4

Diana Farewell1

また1人素晴らしいダンサーが去っていきました。。。
踊ることをやめるわけではありませんが、今後NYでディアナを見る機会はあるかなぁ。

NY Timesの記事写真カーテンコール

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Breads Bakery

Breads Bakeryで、Chocolate Rugelachとコーヒー

Breads Bakery

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Atlantic Grill

バレエ開演前に、Atlantic Grillでディナー
Atlantic Grill1

前菜 Hamachi Carpaccio
Atlantic Grill2

Seared Diver Scallop
Atlantic Grill3

Branzino a la Plancha
Atlantic Grill4

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Onegin@MET Vol.1

ABT6週目の演目は、オネーギンです。
Onegin1

フランチェスカ・ダ・リミニ」を聴きながら、原作を読んで浸ります。

Onegin: Roberto Bolle
Tatiana: Alessandra Ferri
Lensky: Danil Simkin
Olga: Sarah Lane
Gremin: James Whiteside


フェリのタチアナ役デビューでしたが
54歳なので、1&2幕の初恋 は少し無理があったような?
オルガ役サラとも姉妹には見えないし・・・
大人(3幕)になってからは、違和感ありませんでした。 

テクニック的に苦しいものがあり
クランコのダイナミズムを感じることができず。
前回オネーギンを観たのが、本家本元シュツットガルトのダンサーだったので
比べてしまうと仕方ないかなぁ。
この日フェリは役デビューだったので
2公演目を観た方が良かったかもしれない。

コールドも何か今いち? と思ったら、セカンドキャストだったらしい。
1幕ディアゴナルで連続ジュテするところも、揃っていなかった。

フェリ引退公演時、相手役でフェリがABTに連れて来たボッレ。
あれから10年の月日が流れて、42歳になったけど
完璧なサポートで、高難度リフトをスムーズにこなし
フェリとの息もピッタリ!

レンスキー役のシムキンは、1幕Pddのパートナリングでヤバイとこがあったけど
ソロの踊りは相変わらず素晴らしい。
特に、2幕決闘前の心情が伝わってきて良かった。

ジェームスも、グルーミン公爵役が合っていた。
フェリ演じるタチアナは、笑顔でグレーミン公爵と幸せそうに踊り
あとの手紙のPddとの対比が良かったです。
フェリは、情感溢れる演技面はさすがで
ラストはウルっときました。
Onegin2

Onegin1

来年は、オネーギン上演しないらしいけど
今後、全幕主役でフェリを見られることはあるのでしょうか?

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

Queens County Farm Museum

近くに来たついでにQueens County Farm Museumに寄ってみた。
Queens County Farm13

5-11月までオープンしてるFarmstand

Queens County Farm1

畑で収穫された新鮮野菜が売られています

Queens County Farm5

こちらはbee-farm   Gift Shopで蜂蜜も売ってます♪

Queens County Farm4

Queens County Farm11

牛、アルパカ、山羊などがいてのどか

Queens County Farm3

Queens County Farm6

Queens County Farm7a>

Queens County Farm8

Queens County Farm10

隣接するGreen Meadows Petting Farmで、Pony Rideができるよう

Queens County Farm9

Queens County Farm12

Queens County Farm2

新鮮卵も買って帰りました

Queens County Farm14

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

Curtain Up

New York Public Library for the Performing Arts, Dorothy and Lewis B. Cullman Centerで、Curtain Up: Celebrating the Last 40 Years of Theatre in New York and London(6/30まで)を鑑賞。
Curtain Up1
オリビエ賞創設40周年を記念して
NYのブロードウェイとロンドンのウエスエンドの劇場作品に関する展示で
映像や写真、デザイン画、衣装、セットの再現(ミニチュア)など。

Curtain Up2
ヌレエフが着用したロミオ衣装

Curtain Up3
マシュー・ボーン版スワンの衣装

Curtain Up4
ライオンキング

Curtain Up5
空を飛ぶメアリー・ポピンズ

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報