FC2ブログ

The Red Shoes@City Center

先月に続いて、The Red Shoes2公演目を鑑賞。
前回初日公演でしたが、今回は最終日です。
キャスト↓
RS1

Boris Lermontov: Sam Archer
Victoria Page: Sara Mearns
Julian Crester: Marcelo Gomes
Irina Boronskaya: Michela Meazza
Ivan Boleslawsky: Will Bozier
Grischa Ljubov: Glenn Graham


NYCBのプリンシパル、サラ・メアーンズと
ABTのプリンシパル、マルセロ・ゴメスがゲスト出演。

RS3

社交界の令嬢ヴィッキー・ペイジ
映画のイメージと、サラはちょっと違うかも?
と思ってたけど、さすがに踊りは上手い!
RS2

才能溢れる青年作曲家ジュリアン・クラスターも
映画だと、ゴメスのイメージでなかったけど
(ゴメスはレルモントフ役のイメージだった)
濃い演技は封印して、爽やかな音楽家でした♪
指揮者だから、劇中バレエに登場しないのが残念~
もっと踊りが見たかった。
RS4

Ballets Russesがモデルになっているカンパニーなので
Les Sylphidesのリハーサル風景が出てきます。

RS5

RS6

バレエ団を率いるレルモントフは
新作バレエ「赤い靴」の主役にヴィッキーを抜擢し
ジュリアンに作曲させる。
レッスンの日々の後、初演を迎えた「赤い靴」
ゴメスは、やっぱオーラある☆
RS8

RS11

サラはテクニック、存在感があるので
安心して見られますね。
RS7

大成功を収めたヴィッキーとジュリアンは、一躍脚光を浴びる。
二人を見て、恋愛に走るなどあり得ない!と
愕然とするレルモントフ。
レルモントフ役は、ディアギレフがモデルなので
もう少しカリスマ性がほしかったかな。

2幕、開始前
RS9

NY公演限定ペアですが、息の合ったPdd
表現力もあり、踊りも綺麗。
初日オリジナルキャストよりも良かったです。
RS10

バレエの鬼であるレルモントフは、芸術至上主義者で
ヴィッキーの売り出しに熱中していたので
ジュリアンとの恋愛を知って激怒!

ヴィッキーをバレエに集中させるため、ジュリアンを首にしてしまう。
が、ヴィッキーは愛を選び、退団してジュリアンと共にロンドンへ。
ミューズだったヴィッキーを失うレルモントフ。

バレエへの情熱と、ジュリアンへの愛とで板挟みになるヴィッキー。
劇中バレエ「赤い靴」と現実が交錯する演出。
愛と芸術の狭間で苦悩するヴィッキーが痛々しく
悲劇的な結末に・・・
RS12
演技力も素晴らしかった☆

RS13

まんま映画シーンを思い出すような流れ。
2公演目だと、舞台展開がわかっているので
じっくり楽しめました。
最終日で気合入っていたのか?全体的な踊りも
初日よりまとまって見えて、良かったです。
北米ツアーお疲れさまでした~

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術