FC2ブログ

CAFFE VELOCE

バレエ終演後、CAFFE VELOCEでコーヒー

Cafe

お友達と会うのは、シュツットガルトバレエ以来だから
2年振り?

テーマ : cafe - ジャンル : グルメ

Hamburg Ballet@ロームシアター京都

ランチの後、ハンブルクバレエ「ジョン・ノイマイヤーの世界」を鑑賞しに
ロームシアター京都へ。

Hamburg Gala5

ノイマイヤーは、2015年京都賞を受賞しているから
関西公演が京都になったのでしょうか?

Hamburg Ballet1

振付・演出・語り:ジョン・ノイマイヤー

-第1部-

★「キャンディード序曲」
『バーンスタイン・ダンス』より
ロイド・リギンズ、菅井円加、有井舞耀、コンスタンティン・ツェリコフ、フロレンシア・チネラート、アレイズ・マルティネス、ほか

★「アイ・ガット・リズム」
『シャル・ウィ・ダンス?』より
シルヴィア・アッツォーニ、アレクサンドル・リアブコ、ほか

★「くるみ割り人形」
ロイド・リギンズ、フロレンシア・チネラート、アレクサンドル・トルーシュ、アンナ・ラウデール、カーステン・ユング、ほか

★「ヴェニスに死す」
トーマス・マンの小説に基づく
ロイド・リギンズ、カロリーナ・アグエロ、アレクサンドル・リアブコ

★「間奏曲」
『オルフェウス』『シルヴィア』『オデュッセイア』『アーサー王伝説』より、神話の登場人物たち
アレクサンドル・リアブコ(オルフェウス)
パトリシア・フリッツァ(ディアナ)、菅井円加(シルヴィア)
エドウィン・レヴァツォフ(オデュッセウス)
ロイド・リギンズ(アーサー王)

★「ペール・ギュント」
ヘンリック・イプセンに基づく
アンナ・ラウデール、エドウィン・レヴァツォフ

★「マタイ受難曲」
ロイド・リギンズ、ダリオ・フランコーニ、ほか

★「クリスマス・オラトリオⅠ- Ⅵ」
ロイド・リギンズ、ルシア・リオス、パク・ユンス、ワン・リズホン、菅井円加、ヤコポ・ベルーシ、ほか

-第2部-

★「ニジンスキー」
ロイド・リギンズ
ニジンスキー:アレクサンドル・リアブコ
ロモラ:エレーヌ・ブシェ
スタニスラフ:アレイズ・マルティネス
ニジンスカ:パトリシア・フリッツァ ほか

★「ハムレット」
サクソ・グラマティクスおよびウィリアム・シェイクスピアに基づく
シルヴィア・アッツォーニ、マルク・フベーテ

★「椿姫」
アレクサンドル・デュマ・フィスの小説に基づく
アンナ・ラウデール、エドウィン・レヴァツォフ

★「作品100-モーリスのために」
アレクサンドル・リアブコ、イヴァン・ウルバン

★「マーラー交響曲第3番」
シルヴィア・アッツォーニ、カーステン・ユング、ほか

観に行くまでは、ガラ公演 と思っていましたが
ノイマイヤーの代表作を抜粋して繋げた自伝的な物語 というカンジ。
舞台をほとんど暗転させずに、つなげていき
ダンスに魅了されたきっかけから
創作に込める想いを自身が語ります。

本人がマイクを持って、ステージに登場!
同じ衣装を着たリギンズが入れ替わり
ノイマイヤーの分身として、作品をつなげる役に。
リギンズは、全編通じて踊りまくり!

Hamburg Ballet2

ミュージカルを初めて観た子供時代の思い出として「キャンディード序曲」

Hamburg Gala1

「アイ・ガット・リズム」は、アメリカーンな作品。
アッツォーニとリアブコがキレキレでした。

Hamburg Ballet3

クラシックバレエの始まりとして「くるみ割り人形」
全幕映像を思い出す。リギンズはドロッセルマイヤー役。

Hamburg Gala3

「ヴェニスに死す」では、振付家アッシェンバッハの創作風景。
衣装を替えることなく、違う役に移り変わるリギンズの表現力が凄い~

神話や伝説がインスピレーションの源 ということで「間奏曲」

Hamburg Gala4

「ペール・ギュント」では
手のひらの上に女性を立たせるリフト!

Hamburg Gala2

信仰を表現するバレエとして「マタイ受難曲」から
「クリスマス・オラトリオI-Ⅵ」への流れが素晴らしかった☆
ペテロ役フランコーニの感情表現や
イエス役リギンズの崇高な佇まい。
「クリスマス・オラトリオ」は、祝祭感溢れる踊り。
菅井さんも活躍されていました。

Hamburg Ballet4

休憩挟んで、楽しみにしていた「ニジンスキー」
全幕で観たい!と思う鮮烈な世界観でした。
ショパン前奏曲20番ハ短調で、ニジンスキーが奇抜な踊り。
スヴレッタ・ハウスでの最後の公演?
狂気を表現するリアブコ凄い!

ショスタコーヴィチ交響曲第11番になり
若くして発狂して亡くなったニジンスキーの兄スタニスラフの痙攣するような踊り!
第2楽章で、軍服を羽織った男性群舞が踊る。
第一次世界大戦の恐怖?
女性ソロの踊り。
舞台右脇からニジンスキーが、数字をカウントするように大声で叫ぶ。
もしかして「春の祭典」初演風景?
映画「シャネル&ストラヴィンスキー 」でも観たシーンかな。
音楽が止み、ニジンスキーも倒れる。

Hamburg Ballet5

第3楽章、ニジンスキーの妻ロモラとのパドドゥ
再びニジンスキーの狂気が蘇り
最後は、ロモラの引く台車で退場。
ショスタコの音楽と調和した狂気の世界が見事でした。

アッツォーニ演じるオフィーリアが切ない「ハムレット」
「椿姫」白のパドドゥ、アンナとエドウィンはリアルカップル?
昨年NYで観た「作品100─モーリスのために」
ベジャール70歳の誕生日のために作られた作品で、二人の友情の踊り。
リアブコがノイマイヤーで、ウルバンがベジャールなのかな?

Hamburg Ballet6

「マーラー交響曲第3番」でノイマイヤー役を助けるアッツォーニが美神。
ダンサー達のリフトに客席から拍手。
最後にノイマイヤー本人が登場して、幕。
感動的なマーラーの音楽とも相まったフィナーレでした。

カーテンコールの写真

日本公演千秋楽で、熱気溢れる舞台でした。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

六盛

明治32年創業の京料理 六盛でランチ

Rokusei1

京都在住の同級生が予約して下さいました。

Rokusei2

Rokusei3

かに御飯&湯葉の赤出しと
京料理が盛りつけられた手をけ弁当を戴きました。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

京都国立近代美術館で開催されてたゴッホ展へ。
Van Gogh Museumからの作品が、見応えがありました。

Gogh6

イーゼルの前の自画像(画家としての自画像) 1888年
花魁(溪斎英泉による) 1887年

Gogh5

ゴッホと日本の関係に焦点をあてた展示。
日本初公開4作品のうちの一つは
メトロポリタン美術館所蔵の夾竹桃と本のある静物 1888年

Gogh1

Gogh4
アイリスの咲くアルル風景 1888年

Gogh3
タラスコンの乗合馬車 1888年

Gogh2
寝室 1888年

ゴッホの最期を看取ったポール=フェルディナン・ガシェ医師に作品が残されて
ゴッホに憧れてガシェ家に来訪した日本人の芳名録を初公開。

momak

4階からは、平安神宮の大鳥居と京都市美術館が見えます。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術