FC2ブログ

Ballet Festival: Program B

ロイヤルバレエのダンサー達が出演する
Ballet Festivalを鑑賞しにジョイスシアターへ。

Ballet Festival1

Prog B, curated by Lauren Cuthbertson

Darl (world premiere)
Choreographer: Jonathan Watkins
Music: Rethinking Bolero” by Hannah Peel after Ravel, with audio by Watkins and Cuthbertson
Dancers: Lauren Cuthbertson

練習着のような衣装で、ポワントを履くところから始まる演出が面白い。
オープニング演目にはピッタリ。

Lauren Cuthbertson1

Seventy Two Hours (world premiere)
Choreographer: Gemmma Bond
Music: Rachmaninoff
Dancers: Aran Bell & Devon Teuscher

デヴォンが踊っていたからCoryが見に来ていた(休憩中に二人で帰っていったけど)
ABTを退団したばかりのジェンマ・ボンド振付。
以前ロイヤルバレエのダンサーだったから、その繋がりかな?
アラン君は良かったけど
同じ動きの繰り返しで、あまり印象に残らない振付かなぁ。

Two Sides Of (U.S. premiere)
Choreographer: Juliano Nunes
Music: Bear Story II” by Luke Howard
Dancers: Lauren Cuthbertson & Marcelino Sambe

ロイヤルバレエのマルセリーノ・サンベとのパドドゥ。
この作品が、一番良かったかな。
タイトルのTwo Sides Of
同じ音楽をピアノ演奏とオーケストラバージョンと対比させたもの(たぶん)
2つの異なる音楽アレンジで、異なった踊りの解釈が見られる。
マクレガーっぽい動きもあってextensionが美しい☆

Lauren Cuthbertson2


休憩挟んで
Reverie (world premiere)
Choreographer: Stina Quagebeur
Music: Claude Debussy
Dancers: Lauren Cuthbertson

ドビュッシーの「レヴェリー」にのせたソロ。
ローレンの美しさを強調した作品。

Lauren Cuthbertson3

Dialogue Dances (world premiere)
Choreographer: Robert Binet
Music: Selections from Wolastoqiyik Lintuwakonawa by Jeremy Dutcher
Dancers: Skylar Campbell, Lauren Cuthbertson, Nicol Edmonds, Hannah Fischer, Spencer Hack, Xiao Nan Yu

先住民族の伝統的な音楽をアレンジ。
ロバート・ビネが、カナダ国立バレエの振付家なので
カナダ国立バレエのダンサー達と踊る。
カナダに住んでいたネイティブアメリカンの部族Wolastoqiyik Lintuwakonawaの失われた言語にインスパイアーされた作品。
古代の伝統を残して、現代へと繋げていく重要性を伝えたいのでしょうか。

Lauren Cuthbertson4

プログラムのすべてが初演で
ジェンマ・ボンドを除くと、知らない振付家ばかりの作品で
あまり馴染みがなかったけど
これまで見たローレンの違った面が出ていた公演。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術