FC2ブログ

南禅寺②金地院(こんちいん)

大寧軒のお隣にある金地院へ。
Konchiin1

足利義持が、大業徳基を開山とし鷹ケ峯の地に創建。
1605年以心崇伝により現在地に移築されました。
以心崇伝は、徳川家康の参謀として「黒衣の宰相」とも呼ばれた人物で
境内には、家康を祀る東照宮があります。

Konchiin2
総門

明智門  
Konchiin3
1582年明智光秀が母の菩提のため大徳寺に建立。 明治初年金地院に移築

Konchiin5
東照宮の鳥居。

東照宮
Konchiin6
徳川家康の遺言により、家康の遺髪と念持仏とを祀って1628年造営。

本堂(大方丈) 1611年崇伝が伏見桃山城の一部を徳川家光から賜り移築。
Konchiin8
ガイドの方が、小書院の襖絵・長谷川等伯の「猿猴捉月図」と「老松」
茶室八窓席や狩野探幽・狩野尚信の筆襖絵
鶴亀の庭を説明して下さいました。

内部は撮影禁止です。
襖絵は、畳まで上がらせて戴きました。
八窓席(大徳寺孤篷庵、曼殊院の茶室と共に京都三名席の1つ)は
崇伝の依頼による小堀遠州作で、三畳台目の茶室。
窓が8つあったことからその名が付けられ(明治期の修築で6つになる)
にじり口に外縁があり、茶道口が高いことが特徴。

鶴亀の庭園  江戸初期の茶人で作庭家小堀遠州作 と唯一記録が残る庭。
Konchiin9
徳川家永遠の繁栄を願った以心崇伝が、徳川家光のために作った枯山水庭園。
白砂は海洋を表し、左が亀島で海に潜ろうとする亀の姿を表したもの。

右が鶴島で、巣篭もり中の鶴の姿を表したもの。
Konchiin10
長方形の平面石は、東照宮への祈りを表す遥拝石(ようはいせき)
関連記事

テーマ : ■京都を撮る■ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する