FC2ブログ

宇治③宇治上神社

さわらびの道を歩いて
京都の世界文化遺産第6弾、宇治上神社へ。

Ujigami1

Ujigami4

日本最古の神社で、創建年不詳。明治時代までは隣接の宇治神社と二社一体でした。
祭り神は応神天皇とその皇子菟道稚郎子(うじのわきのいらつこ)および兄の仁徳天皇。

Ujigami2
拝殿前には、清め砂が盛られています。

Ujigami3

桐原水の建屋、その裏には竹林が。

Ujigami5

こじんまりした神社で世界最小の文化遺産?ひっそりと静かに佇んでいました。


さわらびの道をさらに北に行き、宇治市源氏物語ミュージアムへ。
Genji1

源氏物語54帖の最後の10帖、宇治十帖を紹介する施設です。
途中、仏徳山(大吉山)展望台に行く道がありましたがまたの機会に。

Uji18
ミュージアム入口には、ムラサキシキブが植えられています。

宇治十帖をドラマ風にした映画「橋姫」がお金がかかっていて(ナレーション緒方直人)ビックリ。

宇治十帖は光源氏亡き後の、薫と匂宮の物語で
薫は、光源氏の次男
(光源氏の義兄で親友の頭中将の嫡男柏木と光源氏の正妻女三宮との子)
匂宮は、光源氏の孫 で
(光源氏の娘、明石の中宮を母に持つ今上帝の第三皇子)
叔父・甥の関係だけど、同年代で恋のライバル。

大君に振られた薫は、大君の妹の中君を匂宮と取り合ったかと思えば
中君の異母妹・浮舟も二人して口説きあったりして
昔は、恋愛の対象がみんな血縁関係なので
コレは子供に見せてもいいのか?ってお話ですが。

当時の貴族の女性は人前に姿を現さず、几帳や御簾の陰にいて
男たちは世間の噂や偶然聞いた琴の音、筆跡などから魅力を感じたよう。

Genji2

六条院の縮小模型や平安貴族の装束や調度品、牛車の展示など
高校時代、古典が好きだった私には楽しめました。

Uji River2
宇治橋のそばにある紫式部像

Uji17
煎茶・抹茶・ほうじ茶の三色茶団子
関連記事

テーマ : おこしやす!京都 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する