U.S. Figure Skating Championships

1/22-29に開催された全米選手権の結果です。

男子シングルは、アボットが3度目の優勝。昨年の雪辱を果たしました。
久しぶりに4T成功!流れのある美しいスケーティング。
今季こそワールドでメダル争いに加わってほしい。

2位は、リッポンが全米初メダル。ジュニアワールドチャンピオンになったものの
これまで全米シニアではなかなか結果が出せず。モロゾフ、オーサーとコーチを渡り歩き
今季から有香さん&ダンジェン夫妻に変わって
巻き毛も戻って、SPでやっと神演技。
FPではPチャンがやってる3Lz+1Lo+3S(アンダーローテ)や
リッポン(両手タノ)ルッツで会場を沸かせました。ワールドでは4Lzやってくれるかな?

3位は、NHK杯で日本のファンを増やしたマイナー
2つ目の3Aでミスするも、上手くまとめてました。
途中で衣装の留め金が外れるアクシデントがあったけど、ジュベールのようにはならず。
四大陸選手権に出場します。

4位は、ピアノも上手いマーバヌーザデーが初の台乗り。(全米選手権は4位まで表彰台)
コーチがクリスティ・クラールに変わって
Pチャンから影響を受けたのか?ついに4回転を入れてきた。

世界ジュニア出場はブラウンファリスドレンスキー
Nathan Chenがまだ12歳なので)


女子シングルは、ワグナーが初優勝!
ジュニアの頃からジャン、未来、フラットらと凌ぎを削り、いつもギリギリ届かず
なかなか表彰台のテッペンに立てなかったけど、やっと報われたー
いつも素敵な衣装で、今季FPはハマリプロ。
スパイラルが絶品です。

2位はシズニーで、ワールド出場は美女2人となりました。
怪我の影響は感じなかったけど、滑り込みが足りなかったのか?
第4グループのフラットからガオ、ジャン、ワグナーと良い演技が続いて
やりにくいムードの中で、緊張してたよう。得点源のルッツでミス。

3位はザワツキー。シニア2年目で初の表彰台。
SPは神演技で、GPシリーズとは別人のよう。
FPは最終滑走で緊張したのかミスがでたけど、体型変化も落ち着いてきたようなので
四大陸で見られるのが楽しみ。

4位は、ジャンが復活!SPでは3Lo+3Lo(アンダーローテ)を跳んで勝負にでました。
パールスピンも復活。ミシェル・クワンのお姉さんがコーチなんですね。
四大陸に出場します。

世界ジュニア出場はガオゴールドラム になりました。


ペアは、新ペア結成のデニー&コフリン
2位も、新ペア結成のマーリー&ブルーベイカー
マーリーは、ついこの間までシングルの選手(2009年全米ノービス銀メダル&全米ジュニア5位)
だったので、ジャンプが上手。
3位は、エボラ&ラドウィッグ
4位は、Gretchen Donlan&Andrew Speroffでした。


アイスダンス優勝は、メリ・チャリ
2位は、シブタニ兄妹
3位は、新ペア結成のマディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー
4位は、リン・クリーンクライルート&ローガン・ジュリエッティ=シュミット

☆四大陸・世界ジュニア・世界選手権出場選手は、こちら
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する