FC2ブログ

World Figure Skating Championships

3/26-31にフランスで開催された世界選手権の結果です。

男子シングルは、Pチャンが2連覇。調子が今いちだったのか
四大陸のような神演技ではありませんでしたが
SPとFPで計3本4回転を成功。なにげに3Aも安定してきた。
3Lz+1Lo+3Sが難しそうなので、3Aコンボにトライしてみてもいいと思うんだけど。

2位は、大ちゃん!昨年の悪夢から、表彰台に返り咲きました☆
4Tは降りたものの、着氷が詰まったジャンプがあってGOEで稼げず。
PCSは、もっと高くてもいいと思うんだけど。
バレエとストレッチの効果なのかスピンのポジションが良くなったような。
来年はどんな曲にチャレンジしてくれるのか楽しみです。

3位は、ゆづ!初出場で台乗りおめでとう☆日本人男子2人のメダル獲得は史上初。
SPでは珍しくルッツのミスで出遅れて、最終グループに入れなかったものの
FPではすべてのジャンプを成功&加点付きで技術点はトップ。途中の転倒を忘れさせるような
観客を引き込む感動の演技で、奈々美コーチの目にも涙。
サーキュラーステップのパンケーキツイズルと
コレオステップで氷に手をつき頭を振るところが萌え☆

小塚崇彦選手は、11位でした。ピークの調整が上手くいかなかったのか氷が合わなかったのか?

男子は4回転合戦となり、ジュベールKVDPも渋い演技で見応えあり。


女子シングルは、コストナーが悲願の金メダル☆おめでとう。
2005年ワールドで銅メダルを取って注目を集め、翌年トリノ五輪で旗手を務めるも惨敗
その後も自爆癖を抱えながら浮き沈みがありバンクーバー五輪惨敗後に
見事カムバック。ワールド出場10年目にして、やーっと表彰台の真ん中に立ちました!
衣装の着こなし、選曲のセンス、伸びのあるスケーティング
全盛期と比べるとジャンプ構成は寂しいけど、自爆癖を克服して
今までにない安定感。スピードのある優雅な滑りは別格です。

2位は、レオノワがワールド初メダル。
スルツカヤ以来、砂漠状態だったロシア女子を引っぱってきて
出場枠も増やして、ついに台乗り。3T+3Tの安定感がありSPの貯金が効きました。
来季はソトニコワとトゥクタミシェワがシニアデビューなので
国内争いが大変だろうけど、この銀メダルで後輩達の一歩先にいけたのは収穫。

3位は、あっこちゃんがワールド初メダル!おめでとう☆
ジュニア時代からのファンには嬉しい~
昨季は世界選手権に出場できなかったけど
再び五輪シーズンの輝きを取り戻して、今季初めて3T+3Tを成功。
後半ルッツでミスはあったけど、軽やかなステップで観客を沸かせました。

村上佳菜子選手は、5位。FPでミスがあったけど、SP神演技で目標の6位以内。
身体も絞れて課題の3Loも成功させたし、まだ17歳。表現面でも来季に繋がる演技でした。

浅田真央選手は、6位。3Aのミスを引きずってしまったカンジ。
今季は大変なことがあって疲労も溜まっていると思うので、ゆっくり休んで
また笑顔で滑る姿を見せてほしいです。


ペアは、サフチェンコ・ゾルコーヴィ組が4度目の優勝。FPはミスがあったけどSPの貯金で逃げ切り。
2位は、ボロソジャル・トランコフ組が2度目の銀メダル。SPのミスが痛かった。。。
3位は、高橋・トラン組!日本ペア史上初メダルおめでとう☆カナダのコーチに感謝!
FPはミスがあったけどSP神演技!ガッツポーズと仁王立ちが男前な成ちゃん。


アイスダンスは、ヴァーチュ&モイアが2度目の金メダル。
2位は、デイヴィス&ホワイトで2連覇ならず。
3位は、地元フランスのペシャラ&ブルザが悲願の初メダル。骨折、早く治りますように~

リード姉弟組は、SP落ち。クリスが骨折で直前まで練習できなくてFPに進めず。

☆来年の世界選手権の開催地は、カナダです。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する