Legends in Dance@David H. Koch Theater

David H. Koch Theaterで、Natalia Makarovaに捧げるガラ公演Legends in Danceを鑑賞。
Natalia Makarova3
ポスターに名前があったThiago Bordin(Hamburg Ballet) Henele Bouchet(Hamburg Ballet) Matthew Golding(Dutch National Ballet) Gillian Murphy(American Ballet Theatre) Damian Smith(San Francisco Ballet)は出演せず。

☆事前に予告されてたプログラムとも若干変更がありました。

開演7時半だと思い込んでチケットをふと見たら 7時 だったので
急いで駆け込んで、ギリギリ間に合ったところABT芸監マッケンジーさんが登場。
ナタリア・マカロワのキャリアを振り返る映像をまじえながら
古典からアシュトン、マクミラン、クランコ、ミュージカルまで
マカロワのレパートリーだった役を、豪華ゲストたちが踊りました。
最初の演目、ヴィシニョーワ (ニキヤ) とオシポワ (ガムザッティ)予定だったのが変更されてた。

La Bayadere - Act1 Scene 2 "The Confrontation"
Choreography: Marius Petipa
Music: Ludwig Minkus
Ekaterina Kondaurova(Mariinsky Ballet) and Veronika Part(American Ballet Theatre)

Prince Florina Variation form Bluebird Pas de Deux from Sleeping Beauty
Choreography: Marius Petipa
Music: Ludwig Minkus
Catherine Hurlin(Jacqueline Kennedy Onassis School at ABT)

White Swan Pas de Deux from Swan Lake
Choreography: Marius Petipa
Music: Peter Tchaikovsky
Yuan Yuan Tan(San Francisco Ballet) and Friedemann Vogel(Stuttgart Ballet)

Excerpt from In the Middle, Somewhat Elevated
Choreography: William Forsythe
Music: Thom Willemes
Ekaterina Kondaurova

Pas de Deux from A Month in the Country
Choreography: Frederick Ashton
Music: Frederic Chopin
Tamara Rojo and Federico Bonelli(The Royal Ballet)

Serenata
Choreography: Mauro Bigonzetti
Music: Amerigo Ciervo and Marcello Ciervo
Natalia Osipova and Ivan Vasiliev(Mikhailovsky Theatre St. Petersburg)

Black Swan Pas de Deux from Swan Lake
Choreography: Marius Petipa
Music: Peter Tchaikovsky
Ekaterina Kondaurova, Tamara Rojo, Marcelo Gomes(American Ballet Theatre) and Sergei Polunin(YAGP Alumnus)

ヤンヤン・タンは、昨年に続いての出演。叙情的なオデットでした。
ツルゲーネフ「村のひと月」を基にした「田舎の出来事」のPDD
English National Balletで踊る芸監になるナターリヤ役タマラ・ロホは、さすがの演技。
黒鳥PDDに4人の名前があったので??と思ってたら
アダージョをコンダウローワ&ゴメス、バリエーションをポルーニン&ロホ
コーダでは、2組が踊って盛り上がりました~
チケット発売後にロイヤルバレエを電撃退団したポルーニン、来ないかも と思ってたけど
ワシリエフ・ガラ以来、2年振りに観られた。なんら危ういところもなく健在でした。
才能あるのにもったいない。

Natalia Makarova4
観客Watchingも楽しめた(ABTのダンサーも来てた)インターミッションの後、Act II
まずは、オシポワ&ワシリエフが会場を沸かせました。

Pas de Deux from Giselle
Choreography: Jean Coralli and Jules Perrot
Music: Peter Adolphe Adam
Natalia Osipova and Ivan Vasiliev

Bedroom Pas de Deux from Manon
Choreography: Sir Kenneth Macmillan
Music: Jules Massenet
Diana Vishneva(Mariinsky Ballet) and Marcelo Gomes

Slaughter on Tenth Avenue
Choreography: George Balanchine
Music: Richard Rodgers
Maria Kowroski and Tyler Angle (New York City Ballet)

Other Dances
Choreography: Jerome Robbins
Music: Richard Rodgers
Asheley Bouder (New York City Ballet)

Mirror Pas de Deux from Onegin
Choreography: John Cranko
Music: Peter Tchaikovsky
Alicia Amatriain (Stuttgart Ballet) and Friedemann Vogel

Pas d'Action from La Bayadere
Choreography: Marius Petipa
Music: Ludwig Minkus
Tamara Rojo, Denis Matvienko(Mariinsky Ballet), Ekaterina Kondaurova and David Hallberg (American Ballet Theatre)

マノン寝室のPDDでは、ファム・ファタルが似合うヴィシニョワ。ゴメス相手役で全幕も見たい~
14日ABTガラでは、コジョカル&アンヘルで演じられるのも楽しみ♪

ダンス・マガジンで、2012年に絶対見ておきたいダンサーのリストに入ってた
シュツットガルト・バレエのフリーデマン・フォーゲルが、鏡のPDDでNYデビュー☆
長身でサポートが上手い。アリシア・アマトリアンとのパートナーシップもぴったり。
手紙のPDDはマカロワの映像でしたが、誰か踊ってくれてもよかったのに。
6月シュツットガルト・バレエ日本公演があるそうで羨ましい。
もっとクランコ作品が観たいので、ぜひNY公演にも来てほしいものです。

昨年キエフ・バレエの芸監になったマトヴィエンコ、予定されてたジリアンが出演せず
急遽?ロホとラバヤ2幕を踊りました。5月ABTにゲスト出演します。
ホールバーグがサプライズで(本人がツィッターで予告してたけど)コンダウローワと登場!して
会場から歓声が。衣装が準備できなかったのか、レッスン着?だったけどカッコよかった。
古典からフォーサイスまで4演目に出演して大活躍だったコンダウローワ、昨年見逃したので
3年振りに美しい踊りが見られて嬉しい。そのうちABTにゲスト出演してくれないかなー

Natalia Makarova2
ラストには、もちろんマカロワさんが登場!
Natalia Makarova1

☆NY Timesの記事は、こちら
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する