Designing Nature: The Rinpa Aesthetic in Japanese Art

メトロポリタン美術館で、Designing Nature: The Rinpa Aesthetic in Japanese Art(1/13まで)を鑑賞。

夏の第1部も観に来ましたが(名和晃平氏のPixCell-Deer#24が美しかった☆)
秋から入れ替えられた第2部の展示も観に、先月再訪。

琳派とは桃山時代後期から近代までの造形芸術上の流派で、本阿弥光悦と俵屋宗達が創設。
尾形光琳や乾山兄弟によって発展し、後の芸術に与えた影響などが
特別展で表されています。

RInpa2
尾形光琳「松竹に鶴図屏風」

RInpa1
尾形光琳「八橋図屏風」は、今後5年間展示予定がないそう。
関連記事

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する