FC2ブログ

ロイヤルバレエの「くるみ割り人形」

ボヤルチコフ版に続いて、The Nutcracker第5弾
The Guarianが2009年収録ロイヤルバレエ「くるみ割り人形」を無料公開。

Sugar Plum Fairy: Miyako Yoshida
Prince: Steven McRae
Herr Drosselmeyer: Gary Avis
Clara: Iohna Loots
Hans Peter / The Nutcracker: Ricardo Cervera


1984年初演のピーター・ライト版の主役は、全編に登場するドロッセルマイヤー。
クララ&くるみ割り人形は、大人のダンサーが踊りまくって
2幕はバランシン版と同じくお菓子の国で、金平糖の精&王子は主役が踊る。
夢オチではなくて、クララが現実世界に戻るのが特徴。

時計や人形を作る工房で、ドロッセルマイヤーはエンジェルを仕上げて
助手にシュタールバウム家へ持って行かせる。
ピーター・ライト版は、ドロッセルマイヤーがねずみ捕り機を発明した仕返しに
ネズミの王様の呪いで、甥のハンス・ピーターが醜いくるみ割り人形に変えられてしまった
という設定。ドロッセルマイヤーがくるみ割り人形を抱いて悲しむと
肖像画からハンス・ピーターが見える演出。
ドロッセルマイヤーは、呪いをとくために
(ネズミの王様を倒して、醜い容姿でも愛してくれる少女を見つける)
心優しいクララに、くるみ割り人形を託すことに。
しょっぱなから、存在感あるギャリー・エイヴィス。
序曲の終わりに合わせて、キャンドルを消すタイミングも絶妙。

道行き、シュタールバウム家の玄関は上手階段を上がったところ。
1幕、大勢の招待客で賑わう広間。クララ役はイオーナ・ルーツ。
フリッツは子役で弟?やんちゃそう。ドロッセルマイヤーの助手が到着してエンジェルを渡す。
魔術師ドロッセルマイヤーもやって来て、いきなり手品。
エンジェルがツリーの上に飾られると突然時がとまり(全員の動きがとまって)
クララだけに見えるエンジェルが現れる。驚いているとエンジェルは消える。

行進曲、民族人形やデビル?セントニコラスが現れてお菓子をばらまいた後
大人たちのダンス。この版は、ドロッセッルマイヤーの人形劇はなくて
手品を次々と披露する大変な役ですが、堂に入った鮮やかな手つき。
アルルカンとコロンビーヌがドアがついたかわいい箱から登場。衣装も素敵。
途中からPDDになる。ムーア人の曲で兵隊(蔵健太さん)とヴィヴァンディエールが
カッコよく踊る。

細工の凝った庭園を模したケーキを出すドロッセッルマイヤー。
このケーキ、2幕セットのミニチュアなんですね。
シュタールバウム夫人が切り分けて、子供たちが群がってる間に
ドロッセルマイヤーは、クララにくるみ割り人形を渡します。
気に入ったクララは、くるみ割り人形を抱いてソロの踊り。
子役の中にいると、どうしても大人っぽく見えるイオーナ・ルーツ。

Partyが終わると、くるみ割り人形をドールハウスに寝かせるクララ。
フリッツが、グランパからもらったうさぎの人形を部屋へ持って行こうとして
パパに見つかり、おもちゃの兵隊が収納してあるお城に片付けられる。
これがこの後大きくなって、ネズミ達と戦うんですね。

真夜中、くるみ割り人形が心配になったクララが階下にやって来ると
アルルカン&コロンビーヌ、兵隊&ヴィヴァンディエールが踊り出して驚く。
ドロッセルマイヤーの魔法のはじまり~
ツリーが大きくなる舞台セットがすごい!ドールハウスも大きくなり
くるみ割り人形が出てきて、大きくなったお城から出てきた兵隊の指揮をとり
剣を持ったネズミたちと戦う。
グランパの椅子も大きくなって、この版の舞台美術は素晴らしい~

魔法がとけて人間の姿に戻ったハンス、やっと顔が見えたリカルド・セルヴェラ。
爽やかなルックスで、全身赤でないのがいいですね。クララの方が大人っぽく見える?
見せ場のPDDは、幸せ感いっぱいでDreaming♪
雪景色になり、雪の精は白カツラ&ロマンティックチュチュ。
この振付はあまり好みでないかも。後半クララとハンスも一緒に楽しげに踊る。
ドロッセルマイヤーが登場して、二人をソリに乗せます。

2幕、エンジェルとドロッセルマイヤーに導かれて、二人はお菓子の国へ。
お城の庭園で踊るSugar Plum Fairyと王子。
引退前の吉田都さんとスティーヴン・マックレーの気品溢れるPDD。
ドロッセルマイヤーが、クララとハンスを連れて登場。
ネズミとの戦い&勇敢なクララが助けて呪いが解けたことを話すと
勲章とネックレスをもらう二人。

ドロッセルマイヤーが進行役?で、祝宴。
クララ&ハンスもディヴェルティスマンに参加して踊りまくる。
スペインの民族衣装で、男女3組のチョコレートの精の踊り。
アラビア(コーヒーの精)は、女性1人と男性3人。振付はよかったけど
重そうなLaura McCullochを頭上に担ぐ平野亮一さんが大変そうだった。
お茶の精(中国)は、珍しく男性4人で跳びはねる。
男性2人の大麦糖の精(ロシア)はコサックダンスのようで、最後のポーズがかわいい。
葦笛の踊りは、アーモンドクッキーだっけ??
クラシックチュチュの女性4人が横笛を持って踊り、高田茜さんがいます。
デコレーションケーキの精(花のワルツ)はクラシックチュチュ。
変化があって楽しめる振付で、崔由姫さんと小林ひかるさんがソリストで踊ってた。
薔薇の精ラウラ・モレラのソロの踊りがあり、ローズアダージョみたいに
カヴァリエ4人(ポルーニンがいた!)にサポートされる。
ラストの盛り上がりで、クララとハンスも一緒に踊る。

ハイライトのGPDD、アダージョはポーズや角度がピッタリ合って
優美な都さんはハマリ役。マックレーは当時23歳くらい?サポートやリフトも上手。
音符にのったように軽やかに舞う二人のキラキラオーラと完成度に圧倒されます。
技をつめこんだ華やかなコーダで盛り上がった後、みんなで賑やかに踊り
いつの間にか暗くなります。ドロッセルマイヤーも工房に戻っていき
夢から醒めたクララが、家の前でハンスとすれ違います。
呪いがとけて元の姿に戻ったハンスが、ドロッセルマイヤーの工房に無事辿り着き
ドロッセルマイヤーと再会して抱き合って、幕。

お芝居が細かくて、さすがロイヤル と思わせる演劇性のある舞台。
ホフマンの原作を生かした物語性がある演出が◎

☆金平糖の精役デビューする金子扶生さんのリハーサル映像
Behind the scenes preparationsTricks and illusions

英国ロイヤル・バレエ団 「くるみ割り人形」(全2幕 ライト版) [DVD]英国ロイヤル・バレエ団 「くるみ割り人形」(全2幕 ライト版) [DVD]
(2011/10/19)
吉田都、スティーヴン・マクレイ 他

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する