JGP チェコ大会

10/2-5に開催されたJGP第6戦の結果です。

男子シングルは、田中刑事選手が2連勝!
今年のファイナル開催は日本なので、日本人選手が出場しないとね。
SPFP共に1位。4Tも降りたしPCSも評価してもらってます。

2位は、ロシアのペトロフ。軽快なSP、14歳にしては踊れるロシア男子。
FPは、ちょっと雑だったかな。1つ目のルッツがダブルに。

3位は、ロシアの18歳モーリス・クヴィテラシヴィリ。(で読み方あってる?)
JGP初メダル?SPのフィニッシュが面白い。
FPは、トーループとフリップでパンク。


女子シングルは、プロクロワが圧勝。ファイナル進出決定です。
SPFP共にノーミスで180点超え。1戦目からさらに進化した?
細かく音を取ったスピードのある滑りに軟体スピン。

2位は、ソトスコワ。SP3位から逆転。
FPでもジャンプが安定してたのに、ラストの2A転倒が惜しかった!

3位は、アメリカのアンバー・グレン。SP4位から逆転。
初めて見る と思ったら、1999年生まれの13歳。でもFPも大人っぽい。
JGPデビュー戦で初メダルだけど、2戦目の派遣はナシ?

加藤利緒菜選手は4位でした。2戦とも強豪選手がひしめく大会に派遣されてしまった。。。
JGP初出場の坂本花織選手は、6位と健闘。
ドイツの花城みなみ選手もJGPデビュー。


ペア優勝は、 ロシアのフェードロワ&ミロシキン
2位は、ロシアのアリーナ・チェルニフスカヤ&アントニノ・スーザ=コルディール
3位も、ロシアのガイネトディノワ&ビッチ


アイスダンス優勝は、ロシアのポポワ&ブラセンコ
2位は、アメリカのパーソンズ兄妹
3位は、カナダのエドワーズ&カイ・パンでした。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する