JGP エストニア大会

10/9-12に開催されたJGP第7戦の結果です。

男子シングル優勝は、ボーヤン・ジンがSP2位から逆転。SPはソロルっぽくない。
FPはすごいジャンプ構成で4Sと4T、3Lzと3Fが2本ずつ。
3Aは1本だけで転倒。

2位は、コリャーダ。SPは、クワドなしでTES42点!
滑りが上手いと思ったら、昨季ロシアジュニア優勝した18歳。
ジャンプ着氷後すくい上げポーズは、しないんだ。
緊張したのか?FPは自爆して、ファイナル出場を逃す。。。

3位は、マルチネスがSP4位から逆転。フィリピン人初JGPメダル☆
アルベールビル以来、22年振りフィリピンの冬季五輪出場が決まったよう。
FPでは3A2本と3Lz2本入りました。
シャーロットにイナバウワー、クリムキンイーグル、ビールマンスピンと盛り沢山。

宇野昌磨選手は、1点差で4位。3Aなしでこの得点はすごい。
中村優選手は、9位でした。

ファイナル進出はネイサン、田中刑事選手、ボーヤン、ピトキエフ、ペトロフ、日野龍樹選手。


女子シングルは、サハノヴィッチがSP4位から逆転。JGP初優勝でファイナル進出決定。
SPがリプニツカヤと同じ曲。後半ジャンプ全部跳ぶ構成なので
クリーンに滑られなくて、いつも出遅れてしまう。
FPでも、スリーターンから3F+3Tタノ。シークエンスの3Sで転倒。
13歳しては大人っぽい滑り。

2位は、13歳エリザヴェータ・ユーシェンコ。JGPデビュー戦で初メダル。
また知らないロシア女子で、名前を覚えるのが大変。
SPFPも3T+3Tなのが物足りなく感じてしまい、ロシア女子のすごさに麻痺してきた?
CCoSpのシットポジションが面白い。

3位は、大庭雅選手。表彰台おめでとう☆SPは神演技!
FPでは2A+3Tがキレイ。3F転倒が痛そうでした。
西日本は、シニアでエントリーしてるのね?

ファイナル進出はメドベージェワ、エドモンズ、プロクロワ、カレン、ソツコワ、サハノヴィッチ。
毎年出場してた(連続14年くらい?)日本女子選手がいなくて寂しい。。。


ペア優勝は、中国のユー&ジン
2位は、ロシアのダワンコワ&デプタト
2位は、ロシアのタラソワ&モロゾフ

ファイナル進出はユー・ジン、フェドロワ・ミロスキン、ヴィガロワ・ザクロエフ、ガイネツディノワ・ビッチ、タラソワ・モロゾフ、ダヴァンコワ・デピュタット。


アイスダンス優勝は、ロシアのヤノフスカヤ&モズゴフ
2位は、ウクライナのナザロワ&ニキーチン
3位は、ロシアのダリア・モロゾワ&ミハイル・ジルノフ

ファイナル進出はヤノフスカヤ・モズゴフ、ハワイェク・ベイカー、マクナマラ・カーペンター、ポポワ・ヴラセンコ、ナザロワ・ニキティン、パーソンズ。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する