FC2ブログ

GPS Skate America

いよいよGPシリーズが始まりました~
今年は、アメリカ→カナダ→中国→日本→フランス→ロシアの順です。
10/17-20に開催されたスケートアメリカの結果です。

男子シングル優勝は、まっちー!SPでは神演技。
滑る前のコーチの表情から、良い練習ができてるんだろうなぁ と予想できた。
フィリップ・ミルズさん振付とも相性が合ってます。
FPも気合充分で素晴らしかった~4回転のコツを掴んだ?
昨季より力強い火の鳥で、ラストの羽ばたきがなくなったのが残念。

2位は、23歳リッポンが復活。3シーズンぶりのGPメダル。
SPから4Lz跳んできた。URでしたが。
FPの4Lzは、転倒で壁に激突したのが痛そう。アクセルがんばれ~
トム・ディクソン振付のはまりプロ。個人的にはクルクル巻き毛&牧神っぽい衣装で見たい。

3位は、全米チャンプのアーロン。SP6位から逆転。
FPのジャンプ構成は最高難度?4T,4S2本、3A2本で基礎点91点。
後半持ち直して怒涛のジャンプが凄まじく、最後までスピードが落ちないのもすごい。
勢いのよさで突っ切って、表現面はアレだけど。

高橋大輔選手は4位。2.15点差で表彰台を逃したのが痛い。
NHK杯で優勝しないとファイナル出場はありません。
ジャンプの調子がよほど悪いのか4Tは1本。せめて3Aが決まらないと。エッジジャンプも全滅。
小塚選手は6位。衣装がふつうになったのが朗報。


女子シングル優勝は、浅田真央選手。ファイナルを含むGPシリーズ全大会優勝おめでとう☆
SPFPも、今季は衣装が良いではありませんか。
3Aは両足着氷とURで転倒したけど、スピンとステップはすべてレベル4。
ここは日本?って思うほど、日本人観客の声援。

2位は、ワグナー。アルトゥニアンコーチに変わって
SPから3F+3T跳んで成功。出だしの振付からシェイ=リーンってカンジでカッコいい。
デヴィッド・ウィルソン振付のFPは、アメリカーンでパワフルなジュリエット。
今度こそオリンピックに出たい と言う気持ちが伝わる。

3位は、GPデビュー14歳ラジオノワ。昨季ジュニアワールド女王。
アベルブフ振付のSPでは、3Lz+3T成功。
かわいすぎて、あまりアンナ・カレーニナっぽくないけど。
FPでは冒頭3Lzで転倒するも、後半3Lz+3Tにしてリカバリー。
ステップやスピンでレベル・加点を取ることができるのが強み。


ペアは、ボロソジャル&トランコフが圧勝。
2位は、ムーア=タワーズ&マスクビッチ
3位は、ストルボワ&クリモフ


アイスダンス優勝は、デイヴィス&ホワイト
2位は、カッペリーニ&ラノッテ
3位は、シブタニ兄妹
リード姉弟は、5位でした。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する