Grand Prix Final

12/5-8に福岡で開催されたグランプリファイナルの結果です。

ジュニア男子は、ボーヤン。SP5位から怒涛の追い上げ。
ジュニアでは、SPでクワドを入れられないので
FPで3クワドで技術点がすごいことに。五輪出場できる年齢なんだけど。

2位は、15歳ピトキーエフ。SPの衣装が変わっていた。3A軽々。
ロシア若手の中ではジャンプも滑りも良いので、次世代のエース?
FPは、3Fのエッジエラー(ロシア男子の伝統?)以外は良い演技でガッツポーズ。

3位は、14歳ネイサン・チェン。SPの3Aは長い助走。後半3Lz+3Tの転倒が惜しい。
FPは、3A1本だけ。Pチャンっぽい滑り。

田中刑事選手は5位、日野龍樹選手は7位でした。


ジュニア女子シングル優勝は、13歳ソツコワ。新衣装 と思ったらプロ変えたんだ。
3Lz+3Tを決めて、SPFPも揃えた。FPお気に入りのプロで、音楽にのって洗練されてきた。
2A+3T+2Tの+3TがURになった以外はパーフェクトで、ガッツポーズ。

2位は、13歳サハノヴィッチ。リプニツカヤと同じ曲のSP、滑りが大きくて
後半3F+3Tを含む3つのジャンプを決めた。
FPは、ルッツのエッジエラーと2Aでバランスを崩した以外は良かった。
ぬめっとした滑りは好みだけど、所作が少し荒いかな。元気な曲のが合うかも?

3位は、14歳メドベージェワ。SPでは3F+3T成功、マイナス要素のない演技。
ちょっと慎重気味?淡々とこなしてる感じ。もっと笑顔を見せて~
FPでは、2A+3Tがステップアウトした以外は良かった。
ロシア世界ジュニア代表は、誰になるのか?


ジュニアペア優勝は、ユー&ジン
2位は、ヴィガロワ&ザクロエフ
3位は、フェードロワ&ミロシキン

ジュニアアイスダンス優勝は、ヤノフスカヤ&モズゴフ
2位は、ホワイエク&ベイカー
3位は、マクナマラ&カーペンター


シニア男子シングルは、ゆづがGPF初優勝☆おめでとう。SPは、完璧で99.84点!
FPは、4S転倒するもTES102.03点!まさかPチャンの上に来るとは。

2位は、Pチャン。SPで3Aお手つき、珍しく2Lzになるミス。
FPの冒頭コンボが4T+2Tに。珍しくスピンでバランスを崩す。
五輪では300点超えが見られるか?

3位は、殿。怪我で欠場した大ちゃんの代わりに出場して台乗り。
SPで4T転倒。
FPの4T1本目は転倒。4T+3Tは入りました。3Loでお手つきした以外はまとめた。

町田樹選手は、FPで巻き返して4位。


シニア女子シングル優勝は、浅田真央選手。SPの3A、成功と思ったのにな。
FPでは2本入れてきて、最初の3Aは転倒、2本目両足。やっぱ2本はキツそう。
3A以外は完璧で、204.02。

2位は、リプニツカヤ。SPFPも、3Lz+3Tが鉄板。(エッジエラーだけど)
スピンの回転も圧巻で、スタンディングオベーション。

3位は、ワグナー。SPでは、3F+3Tがパワフル。
FPは3Lzで転倒後、3Loや3F+2Tで両足癖が出てしまった。


シニアペア優勝は、サフチェンコ&ゾルコーヴィ
2位は、ボロソジャル&トランコフ
3位は、パン&トン

シニアアイスダンス優勝は、デイヴィス&ホワイト
2位は、ヴァーチュ&モイア
3位は、ペシャラ&ブルザでした。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する