La Gioconda (Paris Opera)

5月13日に上演されたパリ・オペラ座「ラ・ジョコンダ」を映画館で鑑賞。
La Gioconda

La Gioconda: Violeta Urmana
Laura Adorno: Luciana D'lintino
Alvise Badoero: Orlin Anastassov
Enzo Grimaldo: Marcelo Alvarez
La Cieca: Maria Jose Montiel
Barnaba: Sergey Murzaev


ヴィクトル・ユーゴー「パドヴァの暴君、アンジェロ」を基にポンキエッリ作曲、1876年初演。
力量が要求される歌手6人を揃える必要があり(どのパートも難しい!)
合唱パートが多く、劇中劇バレエありで、なかなか上演される機会がないとか?

1幕 ライオンの口、舞台はベネツィア。
歌姫ジョコンダに横恋慕するバルナバは、袖にされた腹いせに
ジョコンダの母チエカに、魔女の濡れ衣を着せる。
盲目のチエカを、司法長官アルヴィーゼの妻ラウラが助ける。
実は、ラウラはジョコンダの恋人エンツォの昔の恋人で
偶然二人は再会する。
エンツォが追放中の公爵グリマルドだと気づいた悪役バルナバは
二人を不倫させて破滅に追いやろうと、ラウラとの逢引をエンツォに手助けするふりをし
アルヴィーゼに密告する手紙を、ライオンの口に投函。
盗み聞きしたジョコンダは、エンツォの裏切りにショックを受ける。

2幕、ロザリオ
罠にかけようとするバルナバの導きでやって来たラウラは
エンツォと抱き合い、愛の二重唱。
出帆準備でエンツォが場を去ると、ジョコンダが登場しラウラに激しく嫉妬と憎悪。
が、ラウラのつけるロザリオが母のものだと気づき
母の恩人を許さざるを得ないジョコンダは、ラウラを逃がす。
アルヴィーゼに迫われたエンツォは、船に火を放ち海に飛び込む。

3幕、アルヴィーゼ邸の舞踏会
妻の不貞に怒ったアルヴィーゼは、ラウラに毒薬を渡して死を命じる。
ジョコンダは忍び込んで、仮死状態になる薬と取り替えてラウラに飲ます。
横たわるラウラを前に、有名なバレエ「時の踊り
実はアンヘルが見たかったのでした☆相手役は、いつものジュリアーニ
ほとんど裸の衣装にビックリですが、パートナーシップも良くて拍手喝采。
Angel4

Angel3

Angel2

バルナバがジョコンダの母チエカを連れて来る。
エンツォが、かつて領地と恋人を奪ったアルヴィーゼに恨みを叩きつける。
バルナバにエンツォの釈放と引き換えに、自身を与えることを約束するジョコンダ。
アルヴィーゼは、自分がラウラを殺した と言い、混乱状態に。
騒ぎの中ドサクサに紛れて、バルナバはチエカを連れ去る。

4幕、オルファノ運河。
仮死状態のラウラを運んだジョコンダは、エンツォの釈放を助けて
意識が戻ったラウラとの逃避行にも協力。
ラウラとエンツォはジョコンダに感謝して去って行く。
バルナバが現われて、ジョコンダに約束を迫る。
母チエカは、すでにバルナバに殺されていたが
そのことを知ることもなく、ジョコンダは自害。

演技力も必要される愛憎劇。
バルナバは自分を嫌がるジョコンダを策略、エンツォはジョコンダを裏切り
アルヴィーゼは妻ラウラに死ねと毒薬を渡して屋敷ではパーティー と
酷い男ばかり!けなげなジョコンダは恋人と母親を失う。。。
上演時間が長く、ストーリーは共感できないけど
ド迫力なアリアに、引き込まれました。
皆さん素晴らしかったけど、特にアルバレスが良かった。
関連記事

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する