Manon@MET Vol.3

マノン3公演目は、ヴィシニョーワのABT10周年記念公演☆
Manon1
7年前のニコラス・ジョージアディスの衣装の方が、退発した雰囲気があって好み

Manon: Diana Vishneva
Des Grieux: Marcelo Gomes
Lescaut's Mistress: Misty Copeland
Lescaut: Herman Cornejo


Diana&Marcelo1

ヴィシニョーワのABT10周年記念 と言うことで、ビッシリ埋まった客席。
相手役ゴメスからも気合が感じられ、出だしのソロから丁寧で
ひとつひとつのポーズが伸びやかで綺麗。安定感があってエレガント。
体格が良すぎて、神学生には見えないけど(笑)
ま、ヴィシニョーワもこれから修道院に入るようには見えない
色っぽいマノンなので。
兄レスコーも、妹の商品価値がわかっています。
物乞いの頭のスコットは、キャラに合った踊り。

メランコリックで繊細なメロディにのせて、出会いのPDD
ヴィシニョーワの柔軟な身体が、音楽のように歌い出す。
ディテールに気を遣った踊りで、情感たっぷり。
パートナーリンクが滑らかなので、すんなり物語に入り込めます。
ゴメスのリフトも浮遊感があり
最後にマノンがデ・グリューを背後から抱きしめるポーズが決まると
ヤンヤの拍手!

Diana&Marcelo2

恋の二重唱寝室のPDDでは、高まっていく陶酔感が伝わってきました。
羽ペンを遠くに投げ捨てて、デ・グリューを誘うマノン。
マノンをクルクル回転しまくったり、二人が同じアラベスクをしたり
見つめ合う二人の間の取り方も絶妙。嬉しさが全身から溢れてキス。
スピード感あるリフト、全ての動きがパーフェクトで
どこを切り取っても美しい~
幸せいっぱいである程、後の絶望が深くなる。。。

デ・グリューと入れ替わりに、兄レスコーがムッシュGMを連れて来る。
ムッシュGMがマノンの美脚にむしゃぶりつくパドドロワ。
兄の囁きと贅沢したさに恋人を裏切るマノンは
本能のままに生きる魔性の女。

戻ってきたデ・グリューの背後からレスコーが跳びかかり
お金を握らせて、力でねじ伏せる。
レスコー役は、コルネオがちょい嫌な男を好演。酔っ払いダンスも◎
酔った演技をしながらも、踊りにキレがありました。

愛人役コープランドは、カツラも似合っていて
役にもハマッて生き生きと踊っていました。

Manon2
2幕、役柄マノンと一体化したようなヴィシニョーワは美しすぎ☆
自分の魅力を見せつけるようなソロの踊り。
男達との踊りは、水の中を漂っているような雰囲気で
波に揉まれるよう高く上げられてはダイブ。表情豊かな甲で
性的魅力に群がる男たちを表現した振付。

裏切られても盲目的にマノンを愛するデ・グリュー。
首の後ろに腕を組んで、苦悩のソロの最後に
跪き、両腕を広げてマノンを抱きしめる。
カード賭博詐欺をすればデ・グリューのもとに戻る とマノンに言い含められ
惚れているので、何でもやってしまうデ・グリュー。
いかさまがばれた後は、剣で激しく戦ってマノンと一緒に逃亡。
怒り狂ったムッシュGMが、テーブルの下に隠れたレスコーに剣を突きつけて暗転。

デ・グリューの部屋で、愛を交わす二人のPDD
とってもエモーショナルで、3幕に期待が高まります。

今回はピーター・ファーマーによる舞台美術↓
Manon4

圧巻だった沼地PDD
Manon3
残念だったのが、3幕ヴィシニョーワがタイツだった。生脚で見たかった~
フィギュアスケートのような高速ツイストが凄っ!
空中高くから床に落下するようなダイブも迫力もの
表現、踊りすべてが素晴らしかった~
絶望の淵で、よろよろとデ・グリューを追いかけるマノンに涙。。。
最後のデグリューの慟哭にもグッときました。

幕がおりて、最初のカーテンコール。まだ役に入りきったままで立てなかったヴィシニョーワ。
すべてを出し切ったのがわかります。

Curtain Calls5
コルネオ&コープランド

Curtain Calls4
全編を通して、見事なパートーナーシップ。
高難度なマクミランの振付を流れるようにこなし、まるで物語のセリフのように
感情を踊りに溶け込ませていました。
円熟期に達しつつある二人の踊り、DVD化してほしい~
Curtain Calls3
カーテンコールは、こちら10周年記念の花束贈呈では、カツラをとって登場。
Diana
Photo by Gene Schiavone

Curtain Calls1
さらにカーテンコールは、こちらこちら
Curtain Calls7

ステージドアは、こちらこちらこちら
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

あの感動がふたたび!

マノンの迫真のレビュー、とても楽しく拝見しました!!
ひとつひとつ的確なご感想を読んで頷きつつ、日本で見たときの感動と興奮がありありと蘇ってきました・・・
出会いのPDDから、寝室のPDDの高揚感、圧巻の沼地のPDDなど・・・もちろんソロの数々も情感豊かにすばらしく。
ほんとにこのふたりの唯一無二のマノン、DVDにすべきですよね!!

また、素敵なお写真の数々ありがとうございます!!
ゴメスの肩に担ぎ上げられたヴィシニョーワの乙女な感じもかわいいですね☆

ではでは♪

Ballet_bearさま

マノン3公演観ましたが、ヴィシニョーワ&ゴメスがダントツでした。
フェリと比べると綺麗すぎるけど、あの美しさが彼らの美学ってカンジですね。
ゴメスにひょい と担がれて、カツラをとった後ヴィシニョーワは素に戻ったのか
かわいかったです。

来年はマノン上演しないそうで、残念~!
久しぶりにゴメスのハマリ役Othelloが上演されるようなので、来年も観に来られますか?

オテロ!!

>マノン3公演観ましたが、ヴィシニョーワ&ゴメスがダントツでした
やはりそうだったのですね!!
なんかほんと、バレエとかの枠を超えた感動でしたね。。

>来年はマノン上演しないそうで、残念~!
うわーん、それは残念です・・・私ももう一回みたいです!

>久しぶりにゴメスのハマリ役Othelloが上演されるようなので来年も観に来られますか?
きゃああああ、知りませんでした!!!もうぜったい観に行くしかないですね~今からワクワクです~♪♪
教えていただいてありがとうございました☆

Othello

まだオフィシャルではありませんが、Othelloが8年振りに上演される とのこと。ゴメスはイアーゴ役でも見てみたいけど、オセロがはまりすぎてますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する