FC2ブログ

Cinderella

ABT5週目の演目は、シンデレラ。
Cinderella

ABTでのシンデレラ上演は、バリシニコフ版、スティーブンソン版、クデルカ版に続いて
今年はアシュトン版が初演。
アシュトン版は、ロイヤル・バレエの前身である
サドラーズ・ウェルズ・バレエで1948年に初演。
男性ダンサーが義姉を演じるのが特徴で、アシュトン自身が演じたことで有名です。

Cinderella: Gillian Murphy
The Prince: David Hallberg
Cinderella's Stepsisters: Craig Salstein, Roman Zhurbin
The Fairy Godmother: Veronika Part


1幕、序曲が演奏される間は、Cinderella と書かれた紗幕が絵本の表紙のよう。
幕が上がると、シンデレラの家。義理の姉二人とシンデレラ、父がいて
紗幕が上がりきるまでフリーズ。

舞踏会の準備で忙しい義姉二人。派手な衣裳に化粧した女装男性ダンサーが
笑いを誘う演技で、ショールの踊り。
cinderella2
Photo by Rosalie O’Connor

気の強い姉をズルビン、気の弱い妹をサルステインが好演。
ユーモアたっぷりに踊って、全編通して大爆笑。
この版での義姉は、シンデレラをあまりいじめないし
継母は亡くなっているのか出てこなくて
お父さんもシンデレラの味方になってくれます。

舞台上手にある暖炉の掃除をするシンデレラ。
義姉たちが部屋からいなくなると、母親の肖像画を取り出して掲げる。
シンデレラのソロ。舞踏会に連れて行ってもらえないシンデレラは
義姉のショールを手に取って、鏡の前であてて見る。

肖像画に蝋燭を捧げ、母が生きていた幸せだった頃を思い出す。
父と二人で泣いていると、義姉たちが再登場して激しく諍い。
老女がシンデレラの家にやって来て、義姉たちは追い払おうとするが
心優しいシンデレラは、老女にパンを与える。

帽子屋、靴屋、仕立屋、髪結い人、宝石屋などがやって来て
義姉たちは舞踏会に行く身支度をする。
ヴァイオリニストが舞台上で演奏して、ダンス講師が義姉にダンスのレッスン。
義姉たちは、帽子やダンス教師を取り合ったり
かつらをつけてお化粧して、父と舞踏会へ。

一人残されたシンデレラは舞踏会を夢見て、ショールをまいて義姉の真似をしたり
箒と踊るシンデレラのソロ
リーズの結婚シルビアもそうだけど、アシュトン振付は道具を持つ踊りが多い。
シンデレラ役マーフィーは、安定感があって安心して見られる。    
   
老女が再び現れて、美しい仙女に変身。親切にしてもらった御礼に と
四季の贈り物をして、シンデレラを美しく変身させる。
仙女のヴァリエーション、パルトは女神っぽい雰囲気。
子役付きの四季の精が、順番に現れて踊る。背景画が一枚ずつ変わってラブリー。   
春の精は、Skylar Brandtが生き生きと弾むように踊り
夏の精は、シェフチェンコが暖かくゆったりと。
秋の精は、秋の風が葉が落としていくような踊り。
加治屋さんが、速いテンポで細かい振付をこなしていました。
冬の精は、ハムリックが冷たい空気を運んでくるよう。

仙女と四季の精たちの踊り、月が時計に変わって
12時まで帰るよう シンデレラに伝える仙女。
12人の星の精たちのワルツ(シンデレラ着替え中)は
踊りこなすのが難しそう。滑ったのか一人転んでしまっていた。
カボチャを魔法で馬車にして、シンデレラは舞踏会へ。
   
2幕、宮殿。舞踏会の進行役である道化役リバゴルダはキャラのある踊り。
動きも機敏で、見ていて楽しめました。
義姉たちが登場して、ナポレオン&ウェリントンと踊る。
どっちと踊るかで、また喧嘩する義姉たち。

友人4人と登場する王子役David、METシーズン初日ですごい歓声。
シンデレラより美しい?ちょろっとソロを踊ります。
王子の友人4人もイケメン揃い。

アシュトン版では、星の精たちや四季の精も舞踏会に来るんですね。
続いて、シンデレラ登場☆まっすぐ前を見て、ポワントで階段を降りてくる。
星たちに囲まれて、四季の精や王子の友人たちに付き従われて
シンデレラと王子がグランワルツ

宮廷全員の踊りの後、シンデレラのヴァリエーション
緩急つけた回転で、音楽にものっていて見事です。
王子のヴァリエーションもカッコいい☆
でも、ここしか見せ場がないんですよね。
来客へのもてなしで、王子が当時珍しいオレンジを与えると
大きなオレンジと小さなオレンジを投げ合う義姉たち。

ハイライト☆恋に落ちた王子とシンデレラのラブラブなパ・ド・ドゥ
cinderella3
変調激しいプロコフィエフの曲。
夢のような時間を過ごして、ワルツを踊っていると時計が現れて12時の鐘が時を奏でる
鐘の音に合わせて、道化が跳び上がる。   
魔法がとけて、シンデレラは元の姿に。
コールドの後ろに隠れて上手にはけていくシンデレラ。(観客からは見えない)
入れ替わりに灰かぶりの衣装を着たシンデレラ(別人)が現れて
階段で靴を落として走り去る。よくできた演出です。
靴を拾った王子は、愛する女性を捜すことを誓います。

3幕、アシュトン版では王子がシンデレラを捜す旅が省略されいるので短い。
時計の紗幕前を走り去るシンデレラ、舞踏会から帰る人たち。

シンデレラは暖炉の傍で目を覚まして、舞踏会を思い出してソロを踊る。
マーフィー、キレキレでした。あれは夢だったのか と回想していると
ポケットに、片方の靴を見つける。
義姉たちが登場して、オレンジを投げ合っていると
父親が、王子御一行がやって来たことを告げる。
王子が靴を持って、ちょろっとソロの踊り。
義姉たちが何とか足に靴を押し込もうとするも、入らず。
転びそうになった義姉を支えようと駆け寄ったシンデレラのポケットから
もう片一方の靴が滑り落ちる。
驚いた王子は、シンデレラの両足に靴を履かせます。
靴がピッタリで、跪く義姉たちを優しく抱くシンデレラ。
  
仙女が登場。暗転して(シンデレラ着替え中)
星降る夜空になり星の精たちと仙女、四季の精たちが踊って二人を祝福。
チュチュに着替えた(マント付き。すぐはずすけど)
シンデレラと王子のパ・ド・ドゥ。
バランス技からプロムナードにうつる時、珍しくマーフィーがミスしてたけど
しっとりしたアダージョ。幸せなエンディングで静かに終幕。
Cinderella4
印象深い振りもあるんだけど、アシュトンの振付はあまりゆとりがなくて少し窮屈な感じ。
義姉達のマイムやお笑いシーンが多いので、バレエをあまり観ない人にも楽しめますが
個人的には、ビントレー版の方が好み。
Cinderella5
舞台美術は簡素。王子の見せ場が少ないのが、ちと物足りない。
Cinderella9
5/31までボリショイでオネーギン踊ってたDavid、リハーサルの時間少なかったと思うけど
素敵な王子でした☆
Cinderella8
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

アシュトン版シンデレラ☆

私もマーフィー/ホールバーグのシンデレラ、観ました!マーフィーは磐石の技術でしたね。ホールバーグもラインがきれいで王子様顔なので、キラキラカップル、目の保養でした。

ケント/ゴメスのシンデレラも見ましたが、タイプの違うシンデレラと王子で、それぞれ面白かったです。そちらもレビュー書きましたので、よろしければごらんくださいませ☆(まだ途中ですが^^;)

あと確かに、アシュトン版はコミカルなマイムのシーンが多いので、バレエ好きとしてはちょっと物足りないところがありますね。義理のお姉さんたち絡みのおもしろシーンが多すぎのような・・クデルカ版など、以前のABTのシンデレラも見たかったです。

Ballet_bearさま

私は木曜に観ましたが、土曜にご覧になられたのかな?シンデレラは子供連れの集客が見込めるせいか、来年も上演するようですね。

James Kudelka振付版はカナダ国立バレエの作品で、ゴメスはABT初演キャストだったと思います。王子が4人の従者を連れてシンデレラを探す旅のシーンもあって衣装もカッコいいです。義姉は女性ダンサーがコミカルに演じて義母はキッチンドリンカー?で舞踏会に行かなかったり、時計の代わりに?12人のカボチャ頭のダンサーが踊ったり と笑えるところもありますが。
https://www.youtube.com/watch?v=CLzEuxqQ5l8

ありがとうございます☆

はい、土曜に観ました~!
土曜でしかもシンデレラとあってか、マチネは特に家族連れが多く、客席のノリがバレエではなくてファミリー映画のようで驚きました^o^;ちょっとしたことできゃーきゃーとすごいことに。
でも子供にバレエの楽しさを知ってもらうのはいいことですね。

動画ありがとうございます!現代的なファッションなんですね。王子が旅をするところとか観たかったです~!

No title

私がMETで観たシンデレラとは別のバージョンだったのですね。衣装も全然違いますね。相変わらずのホールバーグ様の脚線美にはうっとりです・・・♡ちょっと痩せられましたか?知ってるダンサーさんの名前がいっぱいで、ほっとしました(^^)

Ballet_bearさま

クデルカ版はアールデコ調な舞台美術で、時代設定もその頃なのかも。王子がシンデレラを探す旅では、日本にも行ってました(笑)
シンデレラは、いろんな版を見比べるのも楽しみの一つですね。

杏さま

8年前きゃあきゃあ言いながら、シンデレラ鑑賞をご一緒したことを思い出します♪クデルカ版は3年前再演したのですが、今年新たにアシュトン版を初演しました。
王子はボリショイで鍛えられたせいか?ロシアと行ったり来たりで大変なのか
痩せましたね。キラキラ☆オーラが眩しかったです。
次回はボリショイNY公演で観てきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する