Don Quixote(Bolshoi Ballet )

ボリショイバレエ、2つ目の演目はドン・キホーテです。1869年ボリショイ劇場で初演。
Don Q1
今回上演されたファジェーチェフ改訂版は、1999年初演。

Kitri (alias Dulcinea) :Ekaterina Krysanova
Basilio: Semyon Chudin
The Queen of the Dryads: Olga Smirnova
Espada: Vitaly Biktimirov
Street Dancer: Maria Vinogradova


プロローグ、騎士物語を読んだロパレーヴィチ演じるドン・キホーテは
ドルシネア姫を探しに、ローマン・シマチェフ演じるサンチョ・パンサを連れて
旅に出ることに。スワンレイクと同様、高速演奏のオケが飛ばしまくり。

暗転後、バルセロナの広場。まずキトリの友人役、若手パリエンコ(黄色)と
ベテランのレベツカヤ(オレンジ)が登場。二人とも好印象。
キトリ役クリサノワが元気よく登場して、扇子を持ってソロ。
バジル役チュージンがギター片手に登場して、キトリと踊る。
チュージンしょっぱなからノリノリ~踊りは上手いしリズム感もある♪
見る前はバジルのイメージ沸かなかったけど、意外にラテン男が似合ってた。
ガラで観た時はそれほど惹かれなかったけど、ファンになりそう~
勝手にわらしべ長者(ユニバーサル→チューリッヒ→ダンチェンコ→ボリショイ)
と呼んで、すみませんでした ってくらい良かったです。

この版のガマーシュはヅラをかぶってて、ハゲてるんですね。キトリの母もいるし。
男性コールドがタンバリンを叩いて踊り(演奏はやっ)
女性コールドが扇子を持って踊る。扇子使いも皆さんお上手。揃い具合も素晴らしい!
色男エスパーダ役の長身ビクテミロフ&トレアドール8人が、カッコよく踊る。
Don Q2
ムレータさばきも華麗             Photo by Stephanie Berger
Don Q3
エスパーダの恋人、町の踊り子はヴィノグラドーワでシャープな踊り。
ラントラートフと同期で、若手有望株?
トレアドールは帽子かぶってて見分けがつかず。ゴロヴィンとエフィーモフがいたような?
ドン・キホーテ&サンチョ・パンサが登場、さすがに馬やロバは連れて来てない。
サンチョ・パンサの胴上げシーンが楽しい♪
キトリの友人2人が明るく踊った後、バジル&キトリの踊り。
クリサノワはドヤ感たっぷりで男前なキトリ、ちとエレガントさは欠けますが
テクニックが強いので適役。キトリの友人&バジルの踊りでは、チュージンの回転軸細すぎ。
きゅるる~と音が聞こえてきそうで、決めのポーズもカッコいい。
クリサノワはヴァリエーションで滑ってしまってたけど(舞台がstickyなのか?)
回転では、音楽より速く回って盛り上げる。
キトリ友人二人の踊りの後、見せ場の片手リフトでタンバリンを鳴らすクリサノワ。
DonQ5
この版ではキトリ友人役がけっこう踊る と思ったら、3幕では登場しないのね。
スワンではロシア姫役だったレベツカヤと
ポーランド姫役やワルツで活躍してたパリエンコが、生き生きと踊ってました。

2幕の展開は、居酒屋→ジプシーの野営地(バジル&キトリは登場せず)→夢の順。
駆け落ちしたバジルとキトリが、居酒屋で踊って飛び込みジャンプ。
じゃじゃ馬なキトリとエレガントなバジルってカンジ。
スペイン風な衣装で踊るSpanish Dance&ギターの女性二人。
衣装変えしたエスパーダのソロ、背中反りまくりの軟体メルセデス。
(1幕Street Dancerとメルセデスは別のダンサー)
狂言自殺では、事前にバジルがキトリに教えてた。結婚承諾後
コーダを踊ってる間に幕が下りて、間奏中舞台転換。

ドン・キホーテとサンチョ・パンサは、ジプシーの野営地へ。(キトリ着替え中)
タンバリンを持った群舞が、跳びはねる躍動感ある踊り。
ジプシーは、Anna Balukovaが情熱的に激しく踊る。
DonQ6
人形劇を見てたドン・キホーテは、ドルシネア姫が襲われた と勝手に妄想?
槍をかかげて突進、お約束の風車に激突して気絶。暗転して夢の場面に。

この版の夢のシーンは明るく煌びやかで、幕が上がると客席から拍手。
いつもは眠くなる場面なのに、とってもプティパで美しい☆
大きい白鳥と小さい白鳥みたいに、3人のドリアードは長身
4人のドリアードは小柄ダンサーで揃えてます。
水色のチュチュがドリアードの女王役スミルノワ、やっぱオーラ&女王の貫禄ある。
DonQ8
イタリアンフェッテでなくて、アラベスク・パンシェでした。

キューピッドはルンキナ妹(旦那さんはスクヴォルツォフ)やっとじっくり見られた。
華奢でクールな姉とは、見た目も踊りも違うタイプ。
DonQ7
クリサノワは、脚力強っ!グラン・ジュテも高い。意外にお姫様役もいけた。
夢から目が覚めたドン・キホーテは、公爵御一行と出会い
キトリとバジルの結婚式を公爵の館で挙げさせてもらうことに。

3幕、公爵の館。長身ゴロヴィンとスワンで王妃役だったカラショーワのボレロ。
エスパーダは、3幕では踊らないんですね。
ファンダンゴの後、クライマックスのGPDD
押しの強いクリサノワを優しくサポートするチュージン。
第1ヴァリエーションのティホミロワは、明るく溌剌とした踊り。やっぱ彼女の踊り好きだわ。
バジルのヴァリエーション、爪先まで綺麗なチュージン。やりすぎない感も良い。
キトリのヴァリエーションは私の好きな振付ではなかったが、ガンガン踊る。
第2ヴァリエーションのアリザデがミスしてしまったけど
コーダでクリサノワが超高速フェッテ。ボリショイでは32回転の後、演奏が止まるのがお約束?
華やかに盛り上がって、見応えがありました。
DonQ10
息がピッタリだった二人。
DonQ11

Curtain Call7
                      第2ヴァリエーションを踊ったアリザデとシマチェフ
Curtain Call6
左からゴロヴィン、ティホミロワ、カラショーワ、ロパレーヴィチ
Curtain Call1
立ち姿が美しいチュージン、勝気なキトリが合ってたクリサノワ
Curtain Call3
ソロキンさん指揮のスピーディーな演奏についていくのが凄い。キャラダンたちも演技が上手くて
脇役、群舞もレベルが高いのでワクワクさせられた舞台でした。
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する