Spartacus(Bolshoi Ballet )

ボリショイバレエ最後の演目はスパルタクス。1968年初演グリゴローヴィチ振付。
Spartacus

Spartacus: Mikhail Lobukhin
Crassus: Alexander Volchkov
Aegina: Svetlana Zakharova
Phyrgia: Anna Nikulina


☆ストーリーは、こちら

序奏からオケが大音響で高速演奏。金管と打楽器がド迫力の爆音で
幕を重ねるごとにスケールアップ。生演奏だけでも価値がありました。

1幕、ローマ軍司令官クラッスス役ヴォルチコフが登場。端正で威厳ある雰囲気。
しょっぱなからジャンプの連続、脚と爪先を伸ばして歩く姿も綺麗です。
Spartacus1
Photo by Stephanie Berger     クラッススの代名詞?エビ反りジャーンプ!
Spartacus10
しなやかで太腿もキレイ☆最後までスタミナがもつよう体力配分も考えてるようだった。
奴隷たちの踊りの後、再びクラッススのソロがあってローマ帝国軍退場。

捕虜となったスパルタクス役ロブーヒンが登場して、苦悩に満ちたソロ。
妻フリーギア役ニクリナや奴隷たちの踊り。ニクリナが脚と爪先で語る。
Spartacus2
スパルタクスと引き離されたフリーギア嘆きのソロ。
フリーギア役に必要な薄幸な雰囲気と美脚を持ったニクリナ。
踊り終わると、クラッススの宮殿シーンに。
音楽のテンポが速くなり、道化たちになぶりものにされるフリーギア
それを眺めるクラッススと愛妾エギナ役ザハロワ、宴で踊り出す。
高貴な女王の風格ザハロワ、開放感ある踊りでノリノリでした!
Spartacus3
クラッススも踊りまくり、コールドも速いテンポで難しい振付をこなす。

覆面された剣奴の一騎打ちを、余興として眺めるクラッスス。ローマ人残酷!
怖いシーンですが、スパルタクスが反乱を起こすきっかけとして描写。
理不尽を強いられることに憤りを感じスパルタクスは、仲間を集めて反乱軍を組織。
コールド12人は生きがよさそうな若手のようでゴロヴィン、エフレーモフ
クリチュコフ、エフィーモフ、ドロホフはわかった。
コーチャンもいた?過酷な振付でカーテンコールでは息が上がってました。
Spartacus5
ロブーヒンも跳びまくって、圧巻の盛り上がりで予想以上の大熱演!
ディアゴナルに舞台を駆け抜けるダイナミックなジャンプの連続技が迫力あり。

2幕、アッピア街道。杖を持ってる羊飼いはスワン道化役だったダンサー。
杖使いも踊りも上手い。小柄な女性ダンサー5人には小さい白鳥や
4人のドリアードを踊ってたダンサーがいる。のどかな曲調だけど休みなく踊る。
脱走したスパルタクス達は、羊飼い達を仲間に入れて勢力拡大。
速いテンポになったり、民族調になったりするけど踊りはハード!
舞台狭しと跳び回ったスパルタクスは、直立リフトされる。

スカーフを渡されたスパルタクスが、妻フリーギアを想ってモノローグ。
しっとりと情感たっぷりなPDD。二クリナの手足の伸びやかさが強調される。
Spartacus4

クラッスス別荘で煌びやかな宴。男性群舞は1幕と入れ替わって
1幕反乱軍コールドが、帝国軍コールドで踊ってました。
エギナのソロの後、クラッススとリフトを駆使したPDD。この振付も凄いなー
Spartacus6
クラッススのソロで盛り上がった後、女性コールドの踊り。最初はゆっくり優雅に
少しずつテンポが速くなり、男性コールドやエギナとクラッススも加わる。
ここの音楽もいいな~宴が盛り上がってるところに、反乱軍が侵入。
スパルクス見せ場の後、クラッススと一騎討ちし屈服させるも、とどめは刺さずに逃がす。
演技面でも難しいクラッスス役を、ヴォルチコフが好演。
プライドの高さや傲慢さ、スパルタクスに負けた屈辱を上手く演じていました。
カーテンコールで、帝国軍と反乱軍が張り合うのが面白い。

3幕、クラッススを叱咤して奮起させるエギナと復讐を誓うクラッスス。

野営地で再会したフリーギアとスパルタクスの超絶技巧なPDD。
Spartacus7
有名な逆立ちリフト。サポートも力強いロブーヒン。
Spartacus8
つかの間平穏なひととき、この後の展開を思うと切なくなる。。。

反乱軍の内輪揉めの後
エギナは娼婦たちを使って、羊飼いたちを誘惑。
妖艶な舞で男達を狂わせて、反乱軍を崩壊させる。
Spartacus9

復讐に燃えるクラッススに包囲されたスパルタクスの勇敢な死。
身も心もスパルタクスになりきった迫真の演技に引き込まれました。
Spartacus11

スパルタクスの死を悼むフリーギア
人々の間に、スパルタクスの記憶が生き続けることを祈ります。
Spartacus12

息をのんでいる間にドラマが繰り広げられて、フィナーレまであっという間。
curtain call3
最前列で鑑賞したので、パワフルな群舞や迫力あるジャンプ、リフトの高さを堪能。
観てる方も、エネルギー消耗したけど。
curtain call1
ダンサーの技術力を見せつけるグリゴロ―ヴィチの振付。
フォーメーションもよく出来てるしPDDも高難度で、凄い作品つくったなー
curtain call2
エイフマンバレエを見て以来の衝撃で、ロシア人の体力おそるべし!
ハチャトリアンの楽曲も素晴らしく、オケの肺活量もすごい。
curtain call6

curtain call4
それぞれが役にはまっていて、素晴らしい舞台でした☆
curtain call5
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する