JGP最終戦クロアチア大会

10/8-11に開催されたJGP第8戦クロアチア大会の結果です。

男子シングルは、宇野昌磨選手がJGP初優勝☆初ファイナル進出おめでとう。
SPは3A転倒せず立てて、回転も足りてた。着氷乱れたけどあと少し!
FPは4T2本とも降りた。(着氷乱れたけど)3Aよりも得意?
スケーティングと表現面は、いつも通り素晴らしい。

2位は、アメリカのエース☆ネイサン・チェン。やっと登場~何で1戦だけ?
SPは持ち越し。3A転倒。体が大きくなって、ちと重たげに見える?
FPも3Aが鬼門。音楽表現良いのにステップつまずきがもったいない!
コンボ3つを含む6つのジャンプを後半に跳ぶ構成。

3位は、ジュンヒョン。オペラ座祭りの一人。
SPは3Aステップアウトとルッツのエッジエラー以外は良い演技。
FPは、安定した演技。最後のスピンの見栄えがもっとあれば。

鎌田英嗣選手は15位でした。


女子シングル優勝は、ソツコワ。エストニア大会よりも良かった。
SPはキャメルスピンのレベルが取れなくて3Lzがアンダーローテ。
FPは3Lzで転倒あったけど、それ以外はまとめた。
3Lz+2Tが両手タノだったけど、それ以外はタノらないし。

2位は、カレン・チェン。1.4点差で優勝を逃しファイナルも逃す。。。
SPは、3Lo+2Tで確実に。
FPは前半良かったのに、2A2本共ミスしてコンボにできず。

3位は、プロクロワが2週続けて銅メダル。SPで転倒2回は痛い。
スケーティングは伸びるし表現面も良いので、ジャンプさえ決まれば。。。
FPは最後のフリップがパンクした以外はすべて決めて、復活の兆し?
セカンド+3T入らないと、国内争い勝ち残れないので頑張って~

竹野比奈選手は6位、永田絵美莉選手は7位でした。

ペア優勝は、ロシアのマリア・ヴィガロワ&エゴール・ザクロエフ
2位は、ロシアのダリア・ベクレミシェワ&マキシム・ボブロフ
3位は、ウクライナの レナタ・オガネシアン&マーク・バーデイ


アイスダンス優勝は、ヤノフスカヤ&モズゴフ
2位は、パーソンズ兄妹
3位は、ハンガリーのカロリーナ・モスケーニ&アダム・ルーカチでした。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する