Gisell (Mikhailovsky Ballet)

Mikhailovsky BalletNY初公演ジゼルを鑑賞しにDavid H. Koch Theaterへ。

Giselle: Anastasia Soboleva
Albert: Victor Lebedev
Mirtha: Irina Kosheleva


クリスティーナ・シャプランが見たくて、最前列を確保したのに
ファースト・ソリストとしてマリインスキーに移籍したので見られず(涙)
シャプランのコーチAsylmuratovaとドゥアトの後に芸監になったMessererとの確執?

ジゼル役は、ファーストソリストのアナスタシア・ソボレワ。ほそっ
華奢なので病弱な雰囲気で、悲壮感が漂う。
1幕は、まだ体が温まってないのかなーってカンジでしたが
演技面は良くて、けなげなジゼルでした。

Giselle5

目を惹いたのは、アルブレヒト役ヴィクトル・レベデフ
ワガノワ学校時代は、オルガ・スミルノワとペアを組み
2010年卒業後、マリインスキーを蹴ってミハイロフスキーに入団。
まだ23歳くらい?ちとメイク濃いが、素顔はかわいい。
ランビエールに似てる?
手足が長くてしなやか、立ち姿が美しくてエレガント。若手有望株と見た。

Giselle3

貴族たちと一緒に、お約束のボルゾイも登場♪
Giselle2

友人達と楽しく踊るシーンは、タンバリン鳴らしてドンキみたい?
ペザントのパドドゥは、アンナ・クリギナとIvan Zaytsevで難しい振りをこなしてたけど
Ivan Zaytsevの方に目がいった。
Giselle1

幕が下がった後、もう一度上がってダンサーがフリーズしたままカーテンコール。

2幕、明るい森で舞台が見えやすい。
木立を模した装置(上がったり下がったりする)が動いて、ミルタが登場。
ミルタ役イリーナ・コシェレワは、男前なキリッとした踊りで
演技面も怖さが出てた。
24人の群舞、皆さんスタイル良い。

Giselle6

2幕のジゼルは、ふわふわ感があって良かった。登場シーンの踊りは長め?
アルブレヒトお墓参りのシーンで、何で木があるんだろう?と思ったら
ウィリの1人が上から花を降らせてた。

Giselle7

この日のハイライトは、アントルシャ・シス35回!客席を沸かせました。
夜明けの照明になると、ジゼルがパドブレで去っていく。
お墓ではなくて、ミルタが登場した木の陰に隠れてしまう。
目覚めたアルブレヒトが、ジゼルのお墓の前で泣き崩れて幕。

Giselle8
ヴィクトル君、熱演☆若さ溢れる伸びやかな踊りで、今後に注目。
Giselle10

Giselle9
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する