Eifman Ballet@City Center

3年振りにエイフマンバレエが、City Center
新作Up and Downを上演。
Up and Down2
スコット・フィッツジェラルド原作「夜はやさし」を基にしたコンテンポラリー

「夜はやさし」は構成が異なる2つのバージョン、オリジナル版と改訂版があり
改訂版は時間軸通りに物語が進んでいきます。
Up and Down1
フィッツジェラルドの自伝的作品、角川文庫は改訂版の翻訳

Psychiatrist: Sergey Volobuev
Patient: Anastasia Sitnikova
Patient's Father: Oleg Markov
Movie Star: Maria Abashova
Buddy: Igor Subbotin


バレエのストーリー展開は、改訂版と同じで
1幕は、2人が出会って結婚するまで。

優秀な精神科医が患者たちを治療していると
資産家の父親が連れて来た精神を病んだ娘と出会う。
Eifman1

妻が亡くなった寂しさにより、父親が娘と近親相姦関係に陥ったため
娘が精神を病んだ様子が、舞台後方でフラッシュバック。
Eifman2

彼女の治療にあたった精神科医は、脆く美しい彼女に心を惹かれて
医師と患者という垣根を越えてしまい、恋に落ちる。
快方に向かった娘と、やがて結婚することに。

2幕、富豪の娘との結婚は、贅沢を許す代わり
医師としてのキャリアを奪うことに。
将来を嘱望されていた精神科医の運命が狂っていきます。。。
Eifman9

妻の希望で、生きがいだった仕事をやめた精神科医。
リゾート地で過ごしていると、映画女優と出逢う。
Eifman4
映画撮影後、そのシーンが上映される演出が面白い。

2人の様子に疑いを持った妻は、精神障害の発作に襲われる。

排他的なパーティー描写が華やか☆
Eifman3
ガーシュインの音楽が、Jazz Ageのアメリカンな雰囲気で
衣装も素敵。
Eifman5
華やかさは、その先に起こる破滅とのコントラスト。

アルコールに溺れる精神科医は、妻に裏切られて精神の均衡を失っていく。
Eifman7

Buddyは、原作で言うとニコル(精神科医の妻)を愛するトミー・バルバンかな?
(突然現れて、キャラクター描写がなかったので)

Eifman6
妻と別れて、すべてを失い崩壊していく精神科医。
最後には、自分が患者になってしまう。。。。

Eifman11
あいかわらず、容赦ないエイフマンの振付。
特に精神科医役は、休む時がなくて
踊りっぱなしで超ハード!ロシア人の体力恐るべし~
身体能力・演技力が問われる役ですが
ヴォロブーエフの鬼気迫る苦悩の表現が見事でした。
妻役のAnastasia Sitnikovaも、しなやかに美しいポーズを決めていた。

Eifman10
男性は180cm以上、女性は170cm以上という身長制限があるカンパニーで
群舞の皆さんも手足が長くて、舞台映えします。

Eifman8
エイフマン作品は、コンテンポラリーでもわかりやすくて
原作のエッセンスを残しつつ
精神科医の苦悩・葛藤と狂乱の時代をリンクさせた作品。
個人的には、前回観たロダンの方がインパクトがあったかな。
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

バレエ三昧♪

こんにちは!
バレエ楽しんでくださいね。
私もduckさんの写真で、見た気にさせてもらいます♪
日本は梅雨に入りました。><
今日もじめじめです。

ゆずれもん様

今年はお気に入りダンサーが怪我で踊らないので
いつもの半分の回数です。

そちらは紫陽花が綺麗な季節でしょうか。
しっとり湿気の日本から戻ると、こちらはカラカラに感じます(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する