Sleeping Beauty

ABT5週目の演目は、ラトマンスキー新振付Sleeping Beautyです。
Sleeping Beauty14

1890年初演プティパ振付にできるだけ忠実に復刻させたそうで
記録がない部分は、ラトマンスキーが推測して振り付けたとか。

3月カリフォルニア州Segastrom Center for Artsで初演時のキャスト
ヴィシニョーワ&ゴメスで観ることに。客席はギッシリ埋まってました。
この作品はスカラ座との共同制作で、9月スカラ座でも上演予定です。

Princess Aurora: Diana Vishneva
Prince Desire: Marcelo Gomes
The Lilac Fairy: Veronika Part
The Fairy Carabosse: Nancy Raffa
Princess Florine and The Bluebird: Cassandra Trenary & Daniil Simkin
Diamond: Isabella Boylston


プロローグ、オーロラ姫の洗礼式。妖精たちの踊り。
Sleeping Beauty2

衣装は、バレエ・リュスのレオン・バクストのデザインを基に
リチャード・ハドソンがデザイン。舞台美術も豪華で
不評だったマッケンジー版と比べると、全然良い☆
クラシックチュチュでないことから、振付はアスレチック的ではなくて
ステップ重視なカンジ。全体的に細かい足技がハードそうでした。

王妃役Tatiana. Ratmanskyって、ラトマンスキーの奥さんなんですね。
初めて舞台で観たかも?

カラボスのお付きはネズミで、派手に踊りまくる。
Sleeping Beauty3
メイクが凄い魔法使いのお婆さん?持ってるのは箒でなくて、杖だけど。

1幕、オーロラ姫16歳の誕生日。
Sleeping Beauty9
Garland Waltzでは、バレエ学校の子供達8組も踊って
コールドも16組いて舞台上が混み混みで窮屈そうでしたが、華やか。

Sleeping Beauty4
ローズアダージョでも、子供達が登場。

今年39歳になるヴィシニョーワは、お姫様キャラではないかなぁ
と思ってたけど、意外にかわいい少女っぷり。衣装もラブリー♪
脚を上げる高さは、抑制されている振付です。
プロムナードでは強靭な脚力で、完璧でした。
マントを羽織った老婆カラボスから与えられた針に触れて
倒れ方まで優雅。
カラボスは、煙と共に消えていきました。

リラの精ヴェロニカは、堂々とした存在感で適役。
マイムが大きいのでわかりやすい。
ただ、2&3幕はロングドレスにポワントでなくて踊らないんですね。

インターミッション挟んで2幕 幻影
Sleeping Beauty1

100年が経ち、やっとデジレ王子が登場。
貴族たちと狩りをしに、森に来ています。
シンデレラや眠りでは、2幕にならないと王子が出てこないので
男性ダンサーがお目当てだと、物足りない~
しかも、この版では2幕王子のソロがないし。
サポートだけでしたが、ゴメスは演技力もあるので物語っぽく
オーロラ姫の幻と夢見心地。

王子とリラの精は、豪華な船でお城へと向かいます。
せっかく派手な船だから、もっと何往復かすればいいのに。
お城に到着して、カラボスはいないのね と思ったら
ベッドの上で赤目が光っていたセットが、カラボスだったのね。
上手にあるベッドで眠っていたオーロラ姫に、王子がキスをすると
100年の眠りから目を覚まし、お城の人々も目覚めます。

インターミッション挟んで3幕 結婚式。
Sleeping Beauty8
ペローの童話のキャラクターたちが、お祝いに来るんだけど
なぜかカラボスもいる!
王妃のカツラが、てんこ盛りすぎ?
マッケンジー版ではカットされていたキャラクターダンスが楽しめました。
フロリナ姫のカサンドラ・トレナリーが、ラブリーで良かった。
青い鳥のソロは、短いバージョンでした。
宝石の踊り、長靴をはいた猫と白猫、赤頭巾と狼は
よく見る踊りだけど、親指トムまで登場。
オペラでお馴染みの青ひげも、ペローの童話だったのね。

クライマックスのPDDは、素晴らしかったです☆
Sleeping Beauty5
まさにハイライトで、ピルエット&フィッシュダイブの3連続は圧巻。
王子のヴァリエーションは、よくある振付とはかなり違ってました。
脚が美しいDavidでも観たいな。
この版のオーロラは、かなりハードだと思うけど
3幕でも疲れを感じさせず、幸せオーラに溢れる流石の踊りで
ディアナ様~ってカンジでした。

Sleeping Beauty13
ダンサーたちが新作品を楽しんで踊っていたのが感じられました。
Sleeping Beauty12
子供連れでも楽しめるし(ちょっと長いけど)、華やかで踊りも満載。

Sleeping Beauty10
カーテンコールは、こちらこちら
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する