Royal Ballet@David H. Koch Theater

ロイヤルバレエ第2弾は、ミックスプログラム
Aeternum

Infra
Choreography: Wayne McGregor
Music: Max Richter

Francesca Hayward, Natalia Osipova, Marianela Nuñez, Lauren Cuthbertson, Melissa Hamilton, Yuhui Choe, Edward Watson, Ryoichi Hirano, Ricardo Cervera, Eric Underwood, James Hay, Paul Kay

2008年初演ウェイン・マクレガー振付
T.S.エリオットの詩「荒地 Waste Land」にインスパイアーされて創作した作品だそうで
音楽は、マックス・リヒター
舞台の背景に帯状に、ジュリアン・オピーによるLED電光掲示板が設置されて
シンボル化された人が歩くアートが映し出される。
12人のダンサーが、男女6組のペアになったりソロを踊る。

無機質なセットに暗い照明で、現代人の孤独な都会生活がイメージ?
マクレガー作品を生で観たのは、初めてかも。
チャレンジングで、身体能力の限界を極めた振付。ユニークなパートナーリング
普通では考えられない独特な動きで、可動域の凄さに おーっとなる。
Infra1
以前ABTにいたアンダーウッド、コンテが得意なよう。

Infra5
ヌニェスより脚が細いワトソン、しなやかで波打つような動きに目が釘付け。

オシポワは平野さんと登場しただけで、なぜか拍手が。(怪我から復帰の拍手?)
カスバートソンが舞台中央に立ちすくみ、雑踏が彼女を通り過ぎていき
泣き崩れるシーンが、印象的。
都会の喧騒が表現されていて、Coolで斬新。

Infra3


Divertissements

Voices of Spring (Choreography: Frederick Ashton)
Yuhui Choe, Alexander Campbell

Borrowed Light (Choreography: Alastair Marriott)
Marcelino Sambé

The Dying Swan (Choreography: Calvin Richardson)
Matthew Ball

Le Train Bleu (Le beau gosse) (Choreography: Bronislava Nijinska)
Vadim Muntagirov

Aeternum pas de deux (Choreography: Christopher Wheeldon)
Marianela Nuñez, Federico Bonelli

Aeternum2

Carousel pas de deux (Choreography: Kenneth MacMillan)
Sarah Lamb, Carlos Acosta

Carousel 2

休憩挟んで、ディヴェルティスメントはガラ公演的で楽しめました♪
ユフィさんはコンテより、こういう演目の方が暖かいオーラがあって良いな。
体操のお兄さんみたいな(笑)ワディム君は、楽しんで踊ってるようだった。
ハイライトは、ポスターにもなってるウィールドン振付のAeternumでしょうか。
ABTのゲストプリンシパルだったことがあるアコスタは、来シーズンで引退
生で見る最後になりました。


The Age of Anxiety
The Age of Anxiety3

Choreography: Liam Scarlett
Music: Leonard Bernstein

Laura Morera, Steven McRae, Bennet Gartside, Tristan Dyer

最後の演目は、リアム・スカーレット振付。2014年11月初演。
Wystan Hugh Audenの詩が基になってるのを知らないと、退屈って人もいたよう。
なぜPlaybillに作品解説を載せない??
レナード・バーンスタインがオーデンの詩に感動して
この詩に基づく第2交響曲を作曲。
よくこの音楽に振付けたなー

オーデンの詩に登場する4人の一夜を描いていて
アンブル(海軍兵チャラ男)を演じるスティーブン
ロゼッタ(デパートのバイヤーでユダヤ系キャリアウーマン)を演じるラウラ
マーリン(もとカナダ空軍兵)を演じるトリスタン
クアント(初老のアイルランド人ビジネスマン)を演じるベネットが
それぞれキャラにハマッていた。

30分強の演奏で、2つのシーンに分かれています。
The Age of Anxiety1
第二次大戦中NYのとあるバーで出会う4人。本物のバーを再現したような舞台セット。
バーテンダー(ケヴィン・エマートン)と
米軍兵(アクリ瑠嘉君)と彼と踊る若い女性(レティシア・ストック)も登場。

The Age of Anxiety4
ロゼッタが住む摩天楼が見える高級アパートメントで、ダンスに興じる。

タイトル通り、1940年代戦時下の「不安の時代」を表現した作品。
ジャズのテイストが入り交じっているピアノのパートの振付が良かった。
一つ一つの動きが細かくスピードが速くて、めちゃハード!

深夜のパーティーが逃避行動であったかのように、それぞれ現実生活に戻っていく。
The Age of Anxiety6
雄大なシンフォニーが響き渡るラストは、変化していく時代の中での希望?

The Age of Anxiety2

The Age of Anxiety8

The Age of Anxiety7
キレキレだったスティーブン☆
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する