An American In Paris@Palace Theatre

久しぶりのミュージカル、An American In Parisを鑑賞。
An American In Paris1

ショップでは、ミュージカルグッズも販売されています。
An American In Paris2

1951年に製作された映画An American in Parisを基にしたミュージカルで
昨年11月パリのシャトレ劇場で初演された後
今年3月(本公演は4月)からブロードウェイで上演。

主役ジェリーは、NYCBのプリンシパル、ロバート・フェアチャイルド
Robert Fairchild
今シーズンは本業をお休みして、この役に専念。
ミュージカル俳優でないのに、トニー賞主演男優賞にもノミネートされた。
奥さんのタイラー・ペックも、NYCBのプリンシパルで「Little Dancer」に出演。
姉のMeganも、「On the Town」に出演
と、FairchildファミリーがBroadwayで大活躍。

ヒロインのリズ役、ロイヤルバレエのファースト・アーティスト、リアン・コープ
(一年間サバティカルを取って)、トニー賞主演女優賞にノミネート。
そして、ロイヤルバレエ常任振付家クリストファー・ウィールドン
トニー賞で振付賞を受賞 と、バレエファンの間で話題になってた作品。

第二次世界大戦後のパリが舞台。
AiP3
戦後のパリを、音楽とダンスで表現。(ここでリズとすれ違う)
AiP1

兵役の後、画家になろうとそのままパリに残ったアメリカ人ジェリーは
ピアニストのアダムが、ピアノ伴奏するオペラ座に同伴して
AiP6
そこで踊っていたリズと再会して一目惚れ。
と、映画とは少しストーリーやキャラ設定を変えてるけど
実はリズはアダムとジェリーの友人アンリの婚約者で
友人を巻き込んだラブロマンス と言う大筋は同じです。

リズがバレリーナ と言う設定にしてあるので
上手くダンスシーンが使えるし、映画よりもエレガントなキャラに。
この日リアンがお休みで、もとMiami City BalletのソリストだったSara Estyが出演。
可憐な声でかわいかったです。

ジェリー役ロビーは、ダンサーだけど歌えんの?と思ってたけど(失礼!)
あまりに上手くてビックリ!こんなに歌えるとは思わなかった~
AiP2
最初は歌ってる姿を見て、何だか不思議なカンジだったけど(見慣れなくて)
すっかり板についた様子で、歌って踊れるミュージカルスター☆みたい。
しかもイケメンだし。カッコよくて、ますますファンになった(笑)

AiP4
舞台デザイン賞、照明デザイン賞、オーケストレーション賞もトニー賞受賞。

音楽は、映画と同じガーシュウィンですが
Our Love Is Here to Stay」は使われず。
映画版にはなかった「Liza」や「The Man I Love」があります。

AiP7
アンサンブルにも、バレエダンサーや経験者がキャストされているので
ダンスシーンのクオリティが高く、見応えあり。
AiP5

クライマックスの交響詩「パリのアメリカ人」は
AiP10
オペラ座のバレエ公演にして、ウィールドンお得意の抽象バレエ。
長いダンスシーンも違和感がない。

ウィールドンの振付は、パ・ド・ドゥよりもアンサンブルで発揮されるように思う。
今回も、センスの良い舞台美術にかなり助けられたカンジが。
傘や椅子を使ったアイデアや、ところどころにウィールドンっぽい振りがあり
全体的に見せ場が多いので、ダンス好きな人には楽しめます。
ガーシュウィンの楽曲も素晴らしいし
何と言ってもロビーがカッコいいし♪(しつこい)

珍しく出待ちしたのに、ロビーは出てこず。。。
An American In Paris7

アンリ役Max 映画とは少し違ったキャラで歌が上手かった。
An American In Paris5

リズ役UnderstudyのSara Esty
An American In Paris6

An American In Paris8
関連記事

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する