Romeo & Juliet (San Francisco Ballet)

今年はLincoln Center at the Movies: Great American Danceってことで
Fathomでは、ロイヤルバレエの上映がなくなりました。。。(別の映画館で遅れて上映)

1本目は、サンフランシスコバレエロミオ&ジュリエット
マリアちゃんのTweetによると、5/5撮影時の映像のよう?

Juliet: Maria Kochetkova
Romeo: Davit Karapetyan
Mercutio: Pascal Molat


Helgi Tomasson振付、キャスト表がないので主役以外わからないけど
場面展開は、マクミラン振付版と同じ。
2階立てのセットで中央に階段があり、衣装は豪華。

1幕、市場のシーン。劇場は狭いのか?キチキチに見えた。
娼婦たちのメイクや衣装が、ケバくなくて良い。

SFB1
ジュリエットの部屋のシーン
パリス役Myles Thatcherがカッコよくて、ロミオよりパリスの方がいいじゃん
と思ってしまった(笑)
ジュリエットが嫌がるストーリーに無理がある?

キャピュレット邸の舞踏会に忍び込む
ロミオとマキューシオ、ベンヴォリオ3人の踊りが良かったです。

SFB4

舞踏会での出会いのPDD、ラブリーで良かった♪

SFB2

この版では、舞踏会でジュリエットがマンドリンを弾くシーンがなかったり
ジュリエットの友人の踊りがなくて(3幕にありました)
あっと言う間にバルコニーPDDへ。
2人共、踊りやすい衣装?に着替えてます。
ロミオ役はあまり印象に残らなかったけど、難しいリフトをこなしていました。
振付は、マクミランに影響受けてるところもあって
あまりオリジナリティは感じず。

2幕、市場。マキューシオとベンヴォリオの見せ場があったり
マンドリンダンスの音楽では、アルルカン2人&コロンビーヌの踊り?
この3人が上手かった。
ティボルト役とマキューシオ役のダンサーは、キャラが立っていて好演。
ロミオがティボルトを殺したところを、ジュリエットが見てしまった設定で
2階立てのセットを上手く使い、悲劇がより強調されます。

3幕、ジュリエットの部屋。
SFB4
ベッドは正面でなくて横向きに置かれてた。

SFB3
初夜を過ごしたロミオとジュリエットの別れのPDD
コチェトコワは、恋する演技よりも
悲しみや嘆きの演技の方が良いかも。

ジュリエットに仮死状態になる薬を渡して
神父さんがロミオ宛に手紙書くんだけど
行き違いでロミオは手紙を受け取らなかった描写がありました。

ジュリエットが死んだ と聞いたロミオが、お墓に来て
あっさり殺されてしまうパリスが、かわいそう。。。
ロミオの死に方(倒れ方の演技)が、今いちだった。
目覚めたジュリエットは、ロミオの短剣で胸を差してグサリ
ロミオの上に覆いかぶさって、幕。

プロコフィエフの音楽は、いつ聴いても素晴らしいし
ロミオ&ジュリエットは、いろんな振付版を見比べらるのが楽しい。
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する