FC2ブログ

Kykuit

Histolic Hudson Valleyにあるロックフェラー邸Kykuitに行きました。

Philipsburg Manor Visiter Centerに行くと
2時15分からのClassic Tourに参加できる とのこと。
専用バスに乗って、ローラさんの案内でJohn D. Rockefellerが建てたお屋敷へ。

Kykuit1

ロードアイランド州ニューポートの豪華絢爛マンションに比べると地味ですが
落ち着いた雰囲気で、センスが良さそうな外観。

Kykuit2

1913年に完成後、4世代に引き継がれました。
現在は、National Trust for Historic Preservationによって管理運営され
1994年から一般公開されています。
(冬季はクローズとなります)

Kykuit6

地下のギャラリーを含む6階建ての邸宅内は、写真撮影禁止。
家の至る所にお手伝いさんを呼ぶブザーがあります。

部屋には、中国の陶磁器が飾られていましたが
二代目John Davison Rockefeller, Jr.が愛好したものだそう。
ロックフェラー家の陶磁器コレクションは
三代目(長男)John D. Rockefeller lllが創設した
Asia Societyでも見ることができます。


Kykuit3

John D. Rockefellerが、ゴルフ好きだったので
敷地内に、アメリカで最も古いプライベートゴルフコースがあります。

Kykuit4

母親AbbyがMoMAの創設者の一人で、その影響を受けた三代目(次男)
Nelson Aldrich Rockefeller(NY州知事、第41代米国副大統領も務めた)は
モダンアート愛好家として知られています。

地下のギャラリーには、ピカソのタペストリーが展示されていたり
庭園にはピカソ、ヘンリー・ムーア、イサム・ノグチ、ジャコメッティ等の彫刻コレクションが。
美しい建物・庭園・彫刻は、絵になる空間です。

Kykuit5

Kykuitとは、オランダ語でlook outという意味だそうで
森に囲まれた約4000エーカーの小高い丘の上から
ハドソン川の美しい景色が一望できます。


Kykuit7

邸宅、庭園を見た後は、再度バスに乗って旧厩舎Coach Barnへ。
アンティークの馬車やクラシックカーのコレクションが並んでいました。

Kykuit8

ハドソン川に沈む夕陽も綺麗でした。
関連記事

テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報

コメント

No title

なかなか素敵なところですね
どのあたりにあるのでしょうか? 紅葉も始まってて、広い庭と住まいがいいですね、
いつか行きたいものです。

temariさま

マンハッタンからフェリーで行くツアーもあるようです。5月から11月上旬まで開いているので、その時期に来た時にでも行きましょう。近くにはマティスとシャガールのステンドグラスがあるUnion Churchもあります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する